講師プロフィール

講師プロフィール

講師紹介

【当カレッジ指導実績地】
東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、静岡県、愛知県、滋賀県、大阪府、広島県、熊本県、鹿児島県

資 格

一般社団法人 分子整合医学美容食育協会 ファスティングマイスター・エキスパート

国際オーガニックセラピー協会 ジュニア・オーガニックセラピスト

日本アロマコーディネーター協会 JAAアロマコーディネーター

日本ニュートリション協会 米国ISNF認定 サプリメントアドバイザー

Webクリエイター能力認定試験 上級 認定

英国ダイビング指導団体 BSACアドバンスインストラクター

英国ダイビング指導団体 BSACスペシャリティーインストラクター

小型船舶操縦士


趣 味

スキューバダイビング、スキー、ウインドサーフィン、キャンプ、旅行、映画鑑賞、温泉

目 標

海外・国内の行ったことがない海でスキューバダイビングをする

海外・国内の行ったことがない国・地域で産地のもの、在来作物を食したり、のんびりする


経 歴

浜松で育つ
生後1歳で喘息を患う。

小5の夏休み終わり頃、それを理由に国立療養所天竜病院に入院、療養生活を送りながら、静岡県立天竜養護学校へ通う(中1終わりまで) このとき、さまざまな病気の友達と出会い、中には亡くなってしまった友達もいて、健康のありがたみを痛感!

浜松市立積志中学校(剣道部所属)、そして静岡県立浜松商業高等学校(剣道部所属)卒業後、上京。

中国語専門学校、日中学院を経て、スイミングインストラクター(ピープル所沢)、スキーパトロール(八ヶ岳の小海リエックススキーバレー)を仕事に。


スキューバダイビングを志事に
そして、現在のコナミスポーツクラブ飯田橋店のダイビングセクションに勤め、インストラクター業務のほか、店長業務として店の運営に関わる。

伊豆半島をはじめ、房総半島、三浦半島、伊豆諸島、小笠原諸島、伊勢志摩、紀伊半島、沖縄本島・諸島、グアム、サイパン、パラオ、ハワイ、バリ島、ニューカレドニア、オーストラリアGBR、モルディブなどの海を潜り、経験ダイブ数、約2500ダイブ。(過去、全ての仕事でスポーツに関わってきたことの理由としては、物心着く前からの健康意識がそうさせていた)

ダイビングでは、飯田橋→津田沼→北小金→津田沼→横浜(このころから店長に)→浜松→大森→西葛西→浜松→鳴海山下→いりなか、と辞令により各職場を盛り上げてきたが、2002年、家業継承のため退職し、地元の浜松に。


浜松に帰省、ファスティングとの出会い
浜松では、親が経営するガソリンスタンドに勤務後、人材派遣会社の(株)ヒューマンアローに入社。
浜松以東のホテル、結婚式場、飲食店の担当する。

後にAIG生命保険株式会社に入社、保険外交員として勤務するが、その後、興味を抱いていたEコマースに着手。

2012年末に、ヤマハグループ会社にて勤務を終了し、WEB系の仕事をしていたところ、友人が今『ファスティング』をやって2日です!という情報を聞きつけ、『ファスティング』とは何?というきっかけからファスティングに出会う。

生まれ持って備わっていた健康意識に火がつくこととなり、実際にファスティングをいちから勉強し、体験すると最初の段階で3キロの体重減。
また、体重だけではなく、体調もやる前より良くなったことを実感する。
次のファスティング体験で8キロ減。

肌ツヤも良くなり、不定期だった便通も定期的なものに改善、いろんなアイデアが浮かぶようにもなり、それらカラダの中で起こっている激的な変化が、ファスティングの効果だということを分子整合医学上、酵素栄養学上のことであることを身を持って体験、知ることとなる。

細胞レベルからのカラダの構造や栄養学を探求していくうちに、この美容食育の分野を志事としてやることを決意、現在に至る。


メディア掲載

2014年03月29日 全国放送のテレビ番組(日本テレビ)、嵐がMCを務める『嵐にしやがれ』に、ご縁がありまして、3月29日放送分(22:00~)に出演致しました。



環境評論家の船瀬俊介氏とのご縁がありまして、1月6日に発売されたばかりの新刊、
『3日食べなきゃ、7割治る!』の著書に、船瀬氏からの取材の模様を2ページにわたり、
掲載していただきました。

合わせて、当スクールと、所属の協会である一般社団法人 分子整合医学美容食育協会の紹介も
掲載いただきました。





2014年02月27日 光文社『CLASSY』特集ページ

全国誌である女性誌、光文社の『CLASSY』に、ご縁がありまして、2月28日発刊の4月号、
『春から始めるスクールナビ!自分のスキルをアップさせて”毎日を充実”という特集ページに
掲載いただきました。




2014年01月05日 環境評論家の船瀬俊介氏の新刊、『3日食べなきゃ、7割治る!』

環境評論家の船瀬俊介氏とのご縁がありまして、1月6日に発売されたばかりの新刊、
『3日食べなきゃ、7割治る!』の著書に、船瀬氏からの取材の模様を2ページにわたり、
掲載していただきました。
合わせて、当スクールと、所属の協会である一般社団法人 分子整合医学美容食育協会の紹介も
掲載いただきました。




2013年12月02日 田中裕規の「スーパー有機ファスティング」PV


同じ、一般社団法人 分子整合医学美容食育協会に所属の、東京中央支部の支部長である、
田中裕規氏(ナチュラルラボ株式会社 代表取締役)にインタビューを受けました。
出演、2秒くらいですが。。( ̄▽ ̄;)


会社概要

Googleマップ


指導方針

J’s ファスティング カレッジの指導方針は例え話なども盛り込み、わかりやすく、しかも理解度を
確認しながら確実にお伝えするということ。

きちんと教わりたい方には妥協はしません。
遠方の方であれば、WEB講座を実施いたします。

ご都合がお互いにマッチングすれば、対応致します。

小さい子どもがいるんですが・・・という方々にももちろん対応していきます。
そういう環境の方こそ、こういう情報を必要としている人が多いのです。
お子さんは、大声出したり、泣いたり、そういうことが仕事なのです。

時間がなかなか取れない方に対しては、分割での講座も行っております。

どのような環境でお伝えしていくのか、相談の上で決めていくようなカタチをとっております。
ぜひ、ご相談ください。


コンセプト

J’s ファスティング カレッジのコンセプトは実にシンプルです。

現代人には避けることのできない体内に蓄積した有害ミネラル・有害化学物質(社会毒※)を排毒。
そして、細胞浄化された体内にはできるだけ社会毒を回避するというものです。

それらにあたっては、栄養知識や、今現在、日本で起こっている社会問題の知識も同様に欠かせません。

できる限りの社会毒を回避して、それでも避けられずに蓄積してしまった社会毒を定期的に除去していく、という考え方です。

【有害ミネラル・有害化学物質の主な原因】

※社会毒…社会毒とは人間社会がもたらした、古来の生物的世界とは反する内容をもった物質たちの総称。
一言でいえば昔は人が食べたり使ったりしなかった物質たち、そしてそれが人体に悪影響をもたらす物質
たちの総称。

西洋薬に代表される薬と呼ばれる物質
農薬
食品添加物(保存料、着色料その他)
遺伝子組み換え食品
環境ホルモン
毒性元素
殺虫剤、洗剤、漂白剤その他
石油精製物質(薬のほかにプラスチックなど)
強力な電気、電磁波
工業系有害物質
住宅系有害物質
大気汚染物質
人為的放射能
砂糖
人口甘味料

などに代表される物質たちのこと。
問題はこれらの社会毒が、現代人、特に先進国の現代人がどれだけ頑張っても、絶対にすべてを避けること
はできないという点である。[出典元:内海聡氏の著書 医学不要論より]


名前の由来

J’s Fasting College、J’s ファスティング カレッジの『J’s』(ジェイズ)とは、

Japanese Standard(ファスティングを日本のスタンダードにしよう)
Japanese Style(ファスティングと和食を日本のスタイルにしよう)
Japanese Sprits(日本古来から味噌、醤油に代表される世界最高水準の日本の発酵技術と、
ノウハウ”ミネラルファスティング”を世界に発信していこう)

を表しています。


ロゴマーク