ビタミンBに脳萎縮の抑制効果、アルツハイマー病予防に期待

毎日多量のビタミンBを摂取することで、アルツハイマー病の兆候の1つである脳の萎縮の速度を最大で半分に抑え、発病を遅らせたり予防したりできる可能性があるとの研究結果が9日、米科学誌「Public Library of Science ONE」に掲載された。


脳の萎縮は老化とともに自然に発生するが、アルツハイマーや認知症の前兆とされる軽度認知障害(MCI)患者では通常より速く進行する。調査は2年間にわたって、MCIと診断された70歳以上のボランティア168人を対象に実施された。


被験者の半分には高濃度のビタミンB(葉酸、B6、B12)の錠剤を投与し、脳萎縮を調べた。

残りの被験者には薬効のないプラシーボ(偽薬)が使用された。


ビタミンを摂取した被験者の脳萎縮の進行は、平均で30%、最大で53%遅くなったことが確認されたという。


この論文を発表した英オックスフォード大学とノルウェーの研究チームは、ビタミンを使った治療が病気の進行を遅らせ、さらには予防も可能になることを期待しているが、それにはさらなる研究が必要であると強調している。

研究者らは、研究で使ったビタミンBは通常の食事やサプリメントに含まれるより大幅に高濃度だったことを指摘し、長期間摂取した場合の影響が分かっていないため、この研究をうのみにして大量のビタミンBを摂取しないよう呼びかけている。


(AFPBB Newsより抜粋 http://www.afpbb.com/articles/-/2754224?pid=6160421)




(イメージ)