脂溶性毒は脂肪細胞の中に残留する

「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪細胞の中に残留する」

という事実を知ることは、排毒のサウナ王子である私としては特に強調したいところです。

つまり、

水を飲んでも飲んでもこれらは代謝されたり排毒されたりしません。ここに尿中排泄の限界があるわけです。

さらにいえば脂溶性毒の多くは西洋薬だけにとどまりません。農薬や食品添加物や住居系人口物質にも多くが含まれています。さらにいえばトランス脂肪酸を代表すると油そのものが、現代にとって毒の代表たる物質です。

神経のシナプスとシナプスの間には脂肪組織があります。
細胞膜自体も一つの脂質です。
あなたの皮下脂肪や内臓脂肪だけでなく毒の貯金箱はいたるところに存在します。これは科学でいうと基本の話であり別に私が見つけたことではありません。

しかしこれを知った上で排毒について考えないと、有効な手段とはなりえないということです。例えばこれを知れば薬物性フラッシュバックとは何であるかを知ることができます。

そうすると排毒によって脂肪を燃焼することも大事ですが、
いかにきれいな油をとるかということも重要になってきます。
脂溶性なんですから水とは馴染みません。

例えばスーパーの特定保健用食品の油を使っている人(エコナとかのたぐい)、作られたドレッシング製剤の油、安い揚げ物とかは基本的にみな毒の塊です。こんなん使ってて健康になりたいとかホザイても鼻で笑われてしまいます。 

脳はその多くが「脂肪質」で構成されています。昔、「羊たちの沈黙」という食人鬼の天才レクター博士の映画がありましたけど、その中に脳を食べちゃうシーンがあります。ちょっと気持ち悪いですがそれは基本的にフォワグラと同じレベルです。

つまり毒は脳にとても溜まりやすく、精神薬となると更に脳に溜まりやすくなる、まあ、当たり前のことかもしれません。

ただ根性で断薬しようとしてもうまくいくことはありません。まずは下調べ、そして背景や科学的な理解です。それを医者に与えられることなく自分で理解することが減断薬には必須であり、そのための情報や資料はすでに現代にはそろっています。



オリーブ油は危険なものがいっぱい出回っています。

キャノーラ油も相当ヤバいのが出回ってます。

アマニ油やエゴマ油は油の種としてはいいのですが、まがい物も多く、また温めて使用することが困難です。

魚の脂が体にいいのは確かですが直接仕入れるのが意外に難しく、本来動物脂肪や飽和脂肪は体に悪くないのですが、現代の飽和脂肪はろくでもない脂肪になっています。


要するにどれを選ぶという問題ではない状態になっており、このまま部分的に健康志向がすすめば、その商品は品切れになってしまうかもしれません。

つまりこれらの知識は集めたところで本質的な意味はなく、本質的な行動とは本当に意味でよい油が我々の手に入るように、社会を変えていくことでしかありません。