市販のカレールーの油

カレールーに含まれる油脂の量が凄いのです。

なんと、100g中、40g近くが油なんです。

市販のカレールーは 油がとても多いんですね。


しかも、その油はトランス脂肪酸です。


カレーのスパイス自体は とてもカラダに良い成分なんですが・・・





一般的に市販されているルーの原材料表示を見ると、
(原材料は原則 多い順表記)

1 食用油脂(パーム油、なたね油) ※他には牛脂、豚脂、大豆油なども。
2 小麦粉
3 砂糖
4 食塩
5 カレー粉
6 その他・・・

まず、砂糖や食塩より、カレー粉が少ないのが分かりますね。

「塩」よりも「砂糖」が多いっていうのもビックリですが・・・

そして 後ろの方には調味料(アミノ酸等)の表記やたん白加水分解物等の表記も有ったりします。

市販のカレーには化学調味料の類が沢山入っているんですね。

実際、カレー粉から、カレールーを作ってみると分かりますが、ほとんど油と小麦粉で出来ているようなモノで、一般のルーと同じような味にしようとすると、信じられないくらいの量の油を入れなければなりません。

食後のゲップがツライのも(失礼)

カレールーを手にするとベタベタするのも、
カレーを食べたお皿がベタベタするのも、この理由から…





カレー粉を基本とした 本来のカレーはカラダに優しいはず!
ターメリック(ウコン)も沢山入ってお酒を召し上がる方にも最適!!!


市販のルーだと、ウコン等のスパイスの効果より、
油で脂肪肝や、糖分や塩分過多の恐れが出てきてしまいます。


最近はちょっとしたスーパーでも、カレースパイスが袋入りで手に入ったり、カレー粉も売っています。

上手に作ればダイエット効果も期待できるカレー♪
市販のルーから離れて自家製カレーを作ってみてはいかがでしょう。


日本のカレールーは20~30種類のスパイスを使いますが

インドでは5~7種類のみ。その方がスパイシーになるんです。

多くの味を複雑に組み合わせれば組み合わせるほど、それだけ味はぼやけます。
最初、スパイスだけで作ると、物足りなさを感じるかもしれませんが慣れると、カレールーのあのトロミが不自然に感じるようになります(笑)


簡単なポイント
・イメージは出来るだけ具沢山 
・お肉 いつもより多めに入れる(コンソメやブイヨンは入れない)野菜細かめ&挽肉にすると時間短縮になります。
・細かく切ったトマトを多めに入れる
・塩加減は、カレーのみでちょうど良い加減から、ごはんの甘味を計算して少し多めに・・・
・最後にカレー粉。ちょっと少なめに入れた方が失敗が少ないです。(ルーではなく、直接溶かし入れても良いでしょう)

あと、辛すぎた場合、辛味を押さえるには、牛乳やヨーグルト、生クリーム、はちみつなんて言いますが 実はホトンド効果は有りません。

辛味は味覚ではなく痛覚なので、多少マシになったように錯覚するだけ。その為にもお子さんのいるご家庭では、特にカレー粉を入れる時は控えめにしながら様子を見て入れてください♪

カレーを入れる前の段階で、美味しいスープになっていれば成功です。

こうやって作ったカレーは、さらっとしてとても食べやすいです。
また食べ終わった後のお皿や鍋はペーパー等で拭かなくても、そのまま温水で綺麗に流れ落ちます♪

どうぞお試しあれ(*^.^*)

(A seed Jeffさんの記事を引用)