大豆は健康食品か?

大豆は健康食品だとよく言われるが、その説については考えてみる必要がある。

実はよく言われていることが、食べるに値する大豆は、発酵したものだけであるということだ。


大豆を使った食品として味噌、納豆、豆腐、テンペなどいくつも種類があるが、これらが現代でも活用されているのには重要な意味があるかもしれない。というのは、発酵していない大豆は生物毒を多量に含んでいるかもしれないからだ。

その代表格として扱われているのが、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つである。

これらの生物毒は大豆自身が生き残るための毒でもある。

大豆を食べようとする動物の食欲を削ぐわけである。

どんな植物も多少の生物毒は持っているが大豆には特に多いとされる。

大豆フォーミュラ(調合ミルク)を摂取する乳幼児、
大豆をたくさん食べる菜食主義者、
更年期障害の軽減効果を信じて大豆をたくさん食べる中年女性は、


危険かもしれないのだ。


たいていの豆類は、水に浸すだけで、大半のフィチン酸塩を破壊できるそうだが、大豆はそうはいかないらしく味噌やテンペといった発酵大豆食品になるとレベルが下がる。

残念ながら全大豆、豆乳、大豆チップ、大豆タンパク質アイソレート(分離物)、大豆粉、その他の加工された大豆から製造される様々な製品(健康食品として宣伝されている)には、高いレベルのフィチン酸塩が含まれており、食べる価値がないかもしれない。

また、

未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量にあり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがある。

もともと消化酵素が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむかもしれない。

また大豆には、ゴイトロゲンが豊富で甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありうる。


ゲニステイン(大豆にあるイソフラボンのこと)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することもできる。ゲニステインは抗癌作用があるとされ部分的には正しいが、その逆に正常細胞のエネルギーを低下させ、新陳代謝を落とすこということについてはほとんど知られてはいない。

女性の健康に関して何冊かの著作のあるジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は味噌、テンペ、納豆だけに限定するよう勧めている。豆腐は、魚などのタンパク源、および海藻や昆布などを食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うならば、食べても大丈夫だ。

このように大豆の弊害にも警戒が必要であり、と同時に日本食の有効性について改めて感心する次第である。