それでもあなたは牛乳を飲みますか?

日本人はいつから牛乳を飲むようになったのか?



日本に牛乳が伝わったのは奈良時代。仏教とともに朝鮮から伝わったと言われています。

日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代からですが、まだその頃は一般的な食品では無かったようです。

国民に本格的に広がったのは太平洋戦争が終わってからです。

占領軍であるアメリカの施策で昭和22年から全国の学校、幼稚園で給食に導入されたのが始まりです。



日本人については乳を分解する酵素であるラクターゼは乳児期にしか体内に存在せず、成人するにつれどんどん不足するようになります。牛乳はカルシウムが豊富といわれますが、成人の場合には分解酵素のラクターゼの欠乏により、ほとんどが吸収されることなくカルシウムは排泄されます。

また、カルシウム単体では吸収されません。マグネシウムがあって初めて体内に吸収されていきます。
体内が酸性に傾くことにより脱灰を引き起こし、もともとあった体内のカルシウムが動員され、逆にカルシウム不足に陥ることがわかっています。それによって、骨粗しょう症の原因にもなっていきます。

骨を作るための牛乳だと思って飲んでいる人はまだまだ大勢いますね。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品の場合は、製造時に微生物の働きにより、乳糖の一部が分解されているので、問題は起こりにくいようですが、全体に日本人には、牛乳を飲むとお腹を壊すという人が多いのです。

しかし、歴史的に乳製品との付き合いが長い民族の場合は、ラクターゼの分泌も十分であり、貴重な栄養源でもあるのですから、、善し悪しではなく摂取する側の体質の問題と言うべきです。ですから、この件に関しては、日本人の体に合わないというだけであって、牛乳を主食としてきた民族にとっては悪いものではないと思っています。


問題のひとつは、今日私達の食卓に供給される牛乳の製造過程です。


まず、野菜が農薬まみれであるのと同じく、乳牛も乳がたくさん出るように、病氣にならないように、ということでホルモン剤や抗生物質などの大量投与が現状です。当然そのような乳牛からは本来の良質な牛乳が採れることはないと思います。

また、牛乳・乳製品を多く摂取するほど乳がんのリスクが高くなることが40カ国の調査で明らかにされています。
牛乳、乳製品の摂取量が増えるに従って乳がんのリスクは高くなります。
男性の場合は前立腺がんのリスクが高まります。



アメリカ環境保険庁の報告が明らかにしているもうひとつの問題点はダイオキシン汚染です。


食物連鎖によって生物濃縮が起こり、そのほとんどが肉、牛乳、乳製品に含まれていると警告しています。
ダイオキシンはガンを発生するほか、免疫系に悪影響を及ぼし、様々な障害を起こします。

牛乳・乳製品の摂取量が増えるとコレステロール値が上昇し、動脈硬化が進むことが明らかにされています。
その結果、心疾患、脳卒中の発症率が上昇します。

また、日本人女性のガンの死亡原因のトップは大腸ガンですが、30~40年前にはほとんど見られなかったことを考えると、食の欧米化が大腸の疾患までもを誘引したことは想像に難くありません。

また、牛乳は食物アレルギーの原因になることがもっとも多い食品の1つで、幼児アレルギーの共通原因となっています。
その結果、引き起こされる疾患は湿疹、喘息、偏頭痛などがあります。

カルシウムを有効に摂取できる食物は昆布、ひじき、わかめ、煮干し、切り干し大根などで日本人が伝統的に食べてきたものです。日本人の健康維持にもっとも適した食文化を日本人みずからが捨て去っていることは憂慮すべきことです。

医療現場でも牛乳の害に言及するケースが増えてきたと聞いています。

私たちは家族を守るためにしっかりとした選択眼を持つ必要があります。

飲みたい方は、良質なものを適度に飲むようにしましょう。


参考:ジャパンローカルフード協会
参考:医学統合研究会