養殖魚に注意

肉より魚で食べ物を意識している方は知っておく必要があります。

スーパーで売られている魚といえばサーモン、アジ、イワシ、マグロ、さんま、ホッケ、カツオなどです。
日本人が大好きで成長魚として有名なものにハマチやカンパチがあります。
脂がのっていて美味しいですよね。

ハマチの養殖などは問題が多いのはご存知かもしれませんが、少し復習してみましょう。

基本的にハマチの養殖は密飼いのため、それだけでも病氣がちになりますが、それを防ぐために合成飼料や様々な薬剤が大量にイケスに投与されています。しかも大量投与ですので抗生物質とホルモン剤入りの、体の腐敗を防いでくれる魚、それがハマチでありカンパチであるということです。

また、ハマチはご存知の通り、脂がのっていますが、薬品や飼料やその他の毒物というのは、大半が脂溶性毒になりますから、あの脂の中にたくさん含まれています。しかもそれは体内の中に半永久的に残りますから、ハマチが毒だらけなのも確かですが、その魚を食べる人間の体、細かく言うと細胞内に毒が蓄積しています。

また、このような中型以降の大型魚にはダイオキシンが多量に残留しています。

水銀もそうですが、これはマグロなどにも共通していることですね。

ちなみにダイオキシンも脂溶性毒ですから、普段から食べている人は多量に蓄積しることが予想されます。

さらに言うと、最近はこのような毒物に加え、放射能も入っていますので産地もチェックする必要があります。特に居酒屋やチェーン店でのハマチは注意が必要ですね。


言わば、

「放射能漬けと抗生物質とホルモン剤とダイオキシンに汚染された魚」

を食しているのかもしれません。


小型の魚で、養殖では無く、産地選びをすること。

ただ、汚染魚を避けるための産地選びは意味がなかったりします。

魚介類は産地表示義務が甘く、実際に産地表示された海域で漁獲されたものなのか、別の海域で漁獲され産地表示された県にある漁港に水揚げされたものなのか(つまり、合法的な産地偽造)表示から判断することができない。。

例えば、福島沖で漁獲された魚が神戸の漁港に水揚げすれば、「神戸産」と表示される。

合法的に産地偽造が可能だということです。

そして、意図的な産地偽装もあるかもしれません。

言えることは、地元の、漁師さんの顔が見える、安心・安全にこだわった【魚屋さん】で買うことがいちばんかもしれません。


安心で安全な寿司に刺身、食べたいですね~。。( ̄∀ ̄;)