ワクチンを接種した方が多く小児病に!

>ワクチンを接種した子供たちの方が、受けなかった子供たちよりも2倍から5倍も多い確率で小児病にかかっていることが分りました。

これを、

『ホントかよ!?』

と、どうしても疑う人は、ご自身でワクチン接種のことを勉強しましょう♪( ̄▽ ̄)

(参考…以下、Dr.内海聡の投稿記事より)

ワクチンを接種した子供たちと受けなかった子供たちを比較する大規模な調査が民間機関によって行われましたが、その結果、ワクチンを接種した子供たちの方が、受けなかった子供たちよりも2倍から5倍も多い確率で小児病にかかっていることが分りました。

この調査は、KiGGSによる17000人の子供たち(19歳まで)を対象としたドイツの国民健康調査の中でワクチンを接種しなかった子供たちの健康状態を民間機関が調査でした。

この調査は、古典的同種医療専門家によって行われました。

調査についてはVaccineInjury.infoというアメリカのウェブサイトでも見ることができますが、そこでは調査に参加した、ワクチンを受けた子供たちの親たちにリンクできるようになっています。

この調査結果に対して11000件ものコメントが寄せられています。

他にも小規模なグループでの調査が行われましたが、結果は同じでした。

このような調査結果は主要メディアでは取り上げれれません。

これらの調査では、WHO、米公的保険制度運営センター、健康に関する国や国際的な機関或いは医療専門家団体からの資金援助は一切ありませんでした。

公的な機関は、ワクチンを接種した子供たちとそうでない子供たちの健康を比較するなどの調査は一切行いません。

彼等は、そのような調査に反対し、ワクチンマニアとしての彼等の行動を妨害されたくないのです。

この調査は、主に、子供たちが育つ段階で、小児病にかかった子供たちについて調査が行われました。

ワクチン接種による突発的な症状、衰弱したケース或いは致死的な被害については、5%以下ですので、調査には含まれていません。

ただ、長期的な健康問題については、ワクチンとの関連性は出ていないとのことです。

ワクチンは将来も病気を起こすのに決まっているのですが。

他の参考サイト(英語)…http://www.naturalnews.com/036220_vaccinated_children_disease_allergies.html#ixzz1yJ