ファスティングマイスター注目の梅酢の効果

【「梅干し」でインフル撃退、梅酢成分がウイルス抑制に効果】

梅干しを作る際にでる梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」に、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があることが分かったと、梅産地の和歌山県田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」(会長、真砂充敏市長)が明らかにした。

寒さが厳しくなるこれからの季節、梅酢や梅干しの効能が改めて注目される研究成果となりそうだ。

ポリフェノールは野菜や果実に含まれ、健康増進成分として注目されている。

同協議会は、梅酢に含まれるポリフェノールの効果について、昨年春にウイルス学専門の小山一・和歌山信愛女子短大学長(元県立医大教授)に研究を委託。小山学長は梅酢ポリフェノール抽出に成功したわかやま産業振興財団コーディネーターの三谷隆彦氏と共同で、A型インフルエンザウイルスの増殖抑制と不活性化(消毒)作用の研究に取り組んだ。

その結果、ウイルスの増殖抑制作用については、梅酢ポリフェノール溶液の濃度が0・5%の場合、ウイルスの増殖は100分の1に抑えられた。また、不活性化についても濃度0・1~0・5%で調べると、感染性のウイルス量が減少し、感染性を急速に失うことが分かった。細胞への障害作用も、極めて弱いことが確認されたという。

小山学長は「梅酢ポリフェノールは、微量でインフルエンザウイルスに強い抗ウイルス作用とウイルス不活性化作用があることが判明した」と話した。

同協議会は今後、うがい薬や消毒薬、サプリメントなどの開発が期待されるとしている。

イヤ、うがい薬とか消毒薬とかサプリとかいらね~から・・・♪。


(Dr.内海聡の投稿記事より転載)


開発しなくていい。

梅酢は梅酢、梅干しは梅干しで摂りますから。