フッ素の虫歯予防の効果を覆す報告

フッ素と聞くとどんなイメージをお持ちになりますか?

フッ素は現在虫歯予防に良いという観点から、歯磨き粉に添加されたり、歯科院で塗布したりして、広く使われています。

ライオンのHPによれば、「フッ素は歯の表面を酸に溶けにくい性質に改良します。乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合ハミガキを使い、歯質強化につとめましょう。」となっております。

つまりフッ素が歯に作用すると溶け出したミネラルの歯の修復をしたり、歯の結晶構造に取り込まれ、フロールアパタイトという固い歯質になり虫歯を予防するというのが、定説になっています。



フッ素の虫歯予防の効果を覆す報告

しかしながら、その定説を覆す研究が有りました。その研究では、フッ素推進派の方々が、進める理由として挙げている効果である歯質強化はありえない!と結論付けています。




生体アパタイト結晶形成機構とフッ素イオンの影響」
明海大学の筧 光夫先生の研究


http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/Kakei..pdf.pdf


(以下はその本文より抜粋しています )

「はじめに、顕微ラマン装置を用いてフッ素処理した歯と合成アパタイト結晶にフロール化が本当に生じているか否かについて分析結果を報告する。

結果は処理時間にかかわらずメディアを通じて宣伝されているような結晶構造中におけるフッ素イオンの置換は認められずフロール化は起こっていない。当時は、結晶構造の変化を直接分析できる高性能な装置は無く、試料中におけるフッ素量増加の分析結果を基に推測したにすぎなかったが、フッ素処理することでより難溶性のフロールアパタイトが形成されるとして多くの研究者に受け入れられて、今日に至っている。

さらに、顕微ラマン分析装置の出現にもかかわらず、現在予防歯科で行われている処理方法で作成した試料のラマンデータの分析報告が見当たらない。むしろ、論文に記載されている試料の処理過程は、歯科で行われている虫歯予防処理とはるかにかけ維れ、非現実的である。・・・」

「1.J.F.Volker,Proc.Soc.Exp.Biol.Med.1939(42)725-727
1939年ごろに、フロール化が起こるのではないかと推測した報告が出されて以来、フッ素に対する有効性の議論が始まったと思われる(文献1)。 」


残念ながら、筧先生も指摘していらっしゃるように電子機器が発達した現在でも、ラマン顕微のデータの分析報告はなされていない様子です。それはなぜなんでしょうか?



出典:フレンズ歯科クリニックHPよりhttp://www.friends-dc.jp/
参考:フッ素毒警告サイトを主宰されている村上徹先生のHPより



↓↓ ちなみに、ライオンのHP。。