タニタ食堂監修のランチパック

添加物だらけパンの代名詞、ヤマザキと、

ダイエットをカロリー計算で考えている化石栄養学のタニタの、

残念なコラボ。。


【添加物山盛りのパンたち】

マクドナルドのパンもそうですが、スーパーのパンも毒物てんこ盛りという点では負けていません。通常はあんなパン、一日で腐ってしまうはずです。たとえばヤマザキパンが使用している猛毒の「臭素酸カリウム」は、世界中で使用が禁止されている食品添加物ですが、日本では使用が認められています。これは自然界には存在しない強力な発ガン性物質で、中国ですら使用を禁止しているようですが、ヤマザキは堂々と使用しています。

特にランチパックは最悪で、要するにふわふわしたいいパンにはいっぱい添加物が入っているようなものです。

「毎日の朝食をこのメーカーのパンで済ませている子供が多いと思いますが、これらが子供の体を作る一部であってはならない。本来、理想的な子供の朝食は、ごはんと味噌汁が基本ですが、毎日そうもいかない。しかし、ふわふわやわらくて甘いパンよりも、バゲットやライ麦パンにジャムをぬって食べる。かみしめるほどに美味しいパンはたくさんあります。加工品に慣れた子供の舌をリセットさせる。大人も同じです。」

と著書「これを食べてはいけない」「日本人の命を縮める食」などでおなじみの、郡司和夫氏は警告しています。そもそもヤマザキのパン以外でも、クリームやおかずやツナマヨの入ったパンを食べている人々は、それで健康になれると思っているのでしょうか?毒物だらけなのを知っていて食べるのならいいですが、だったら病気になってもいちいち文句を言わないでほしいですよね。


『直ちに影響はない』

『微量だから問題ない』

政府とグーミンの好きな言葉です。

急性毒性→必ず慌てます
慢性毒性→『直ちに影響はない、そんなのいちいち気にしていたら生活できない!』→数年後に体調悪くなる『最近体調悪くなったな~、年かな。。』→病院行って薬をもらう→なかなか良くならない。

以上!

知識武装して、自分の身は自分で守りましょう♪ヽ(´▽`)/