ラーメンのGI値、小麦粉について

ラーメンといえばもはや日本人の食のようになっていますが、医学的にだけ考えれば精製小麦を原料とした食材ですので、体にいいとは言えません♪。ラーメンのGI値は65ちょっとくらいですが、ちなみに白米は84程度、うどんが80程度、玄米50程度、ちなみにあんぱんは95、食パンも90程度、になっています。
 
日本の小麦粉は90%以上が輸入に頼っているそうですが、半分以上がアメリカからのものになっています。収穫後に殺虫剤をスプレーして保存されているのがアメリカ産小麦であり、遺伝子組み換えや農薬などの危険があるのもアメリカ産小麦です。日本でラーメンが流行るために、アメリカのバックアップがあったのは有名な話であり、ラーメンがおいしく感じるのに、糖質を欲している影響は当然あります。ラーメン屋では添加物を使わないところを選びたいですが、使っているところもたくさんあるので見極めが大事でしょう。

しかし!そんなことは関係ありません!

それは健康でいたい人がラーメンを食わなければいいことです。たとえ体がぼろぼろになろうが生活習慣病になろうが、知能が下がろうがジャンキーになろうが、なりたい人はなればよく食べたい人は食べればいいのです♪。一番大事なことは悪いとわかっていて食べることであり、悪くなってから文句を言わないことです。これはタバコもアルコールも砂糖も甘味料も添加物も、すべて同じことが言えます。食べ続けた後に病気なんてヤダとかふざけたこと言わなければいいことです。

ラーメン屋も無農薬小麦くらいはこだわってほしいんですが、なかなかそういうラーメンやってないですよね。スープの麺のこしにばかりこだわっていますが、人為的にこしを作ろうとするとどうしても添加物が入ってきます。真の意味でおいしいラーメンを見つけることはまだできておらず、誰か知っていたら教えてください?。おちょくりは飽きたので深夜のラーメンは避けようかとも思っておりますが?。

あ、カップめんはさすがに食べ物じゃないんで食べないほうがよろしいかと思います?

(Dr.内海聡の投稿記事より抜粋)


一番大事なことは悪いとわかっていて食べることであり、
悪くなってから文句を言わないこと。( 一一)