19歳、脳梗塞で危篤状態。。

先程、悲しい話を聞きました。

年は19歳、両親共に忙しく、ほぼ毎日コンビニ弁当、ファストフード。
週1のスイーツ食べ放題。

結果。。。

脳梗塞で危篤状態。。

悲しいです。

言葉が出ません。

現実にこういった家庭が多いと思うと、親の「食」に対する意識を早急に変えなければならないと思います。

ただただ回復を祈るばかりです。

そもそもこれらの食事だけが悪いのでは無く、母親自身も有害物質が溜まったまま、その有害物質を子供に持たせて出産したんでしょうね。

女性の一番のデトックスは出産と言われていますからね。

(ファスティングマイスター、田中裕規氏の投稿記事より)


悲しい話ですね。

親が真剣に、食について勉強しなければならない時代です。

便利なもの、ジャンクフード、美味しいもの、何も考えずに食べているとこうなってしまうのは、この19歳の子だけに限りません。

今、親でなくても、将来、親になる人、
食について考えるだけでなく、今のうち、できるところから実行して、それから親になる。

社会毒を蓄積していない健康な体で、健康な子を育てる。

田中氏がおっしゃっているように実は、出産は最大のデトックスなのです。

親の生活習慣によって溜め込んだ食品添加物を代表するような社会毒が、臍帯、つまり、へその緒を通じて胎児に栄養と一緒に入っていくのは科学的にわかっています。

子に罪は無し。

今後、より良いものを選んで食べるというより、どんな方でもまず、毒の排出・デトックスが先決ですが。。