「給食で死ぬ!!」西村修議員より、給食問題のお話

今日は「給食で死ぬ??」の西村議員をお招きして、給食問題についてお話し頂きました。

プロレスラーの体作りのため、1日4リットルの牛乳を飲み、1kgのステーキを食べられた結果、5年後にガン宣告を受けられた西村議員。

その後、台湾、イタリア、インドと渡られ、その土地の伝統食を食べ、粗食を心掛ける事で、体調や精神状態が改善したと実感され、帰国後は、マクロビオティックを実践する事により、ガンを克服されたのです。

そんなご自身の経験を元に、現在文京区にて、給食改善、牛乳廃止を訴える素敵な議員さんです。

後半はコーヒーを飲みながら、参加頂いた皆さんと、座談会を進行させて頂きました。

行政との関わり方、学校給食法を読み解く、周りのお母さん達への伝え方など、様々な意見交換が出来、今後の活動に繋げて行きたいと思います。

子どもを守りたい本気の母の想いが、たくさんたくさん広がるといいな。。

西村議員、ご参加された皆さん、今日はありがとうございました!


(小山田知美さんの投稿記事より)

実体験をもとに、ほんとうに社会を変えていきたい!という氣持ちがひしひしと伝わりました。

志の高い方の言葉はパワーがありますね!