リーキーガット症候群 ~腸がすべてを決めている~

リーキーガット症候群という病名が数年前から出てくるようになりました。

小腸(Gut)の粘膜に穴が空き、異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が血液中にあふれ出る(リークする)ことが意味です。
リーキーガット(Leaky Gut)です。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。

症状としては、

食物アレルギー、統合失調症、IBS(過敏性腸症候群)、体臭の発生、アトピー性皮膚炎、喘息・偏頭痛・下痢・便秘・関節炎・更年期障害・子宮筋腫など。。

大きなところで、アレルギーと言われ、アトピーはもちろん、花粉症や、食物アレルギーなども、リーキーガットが大きく関係しているとのことです。

この大きな原因は化学物質(西洋薬や添加物)の過剰摂取、これに動物性タンパク質や白砂糖の摂りすぎ、また消化酵素の不足などの要素が重なり小腸の腸壁は異常をきたしてしまいます。

デトックスと生活習慣、食習慣が重要になってきますね。


【腸がすべてを決めている!!】

私たちの肌が美しいか否か?
アレルギーやアトピーの原因、また太っているか痩せているか?

そう!!!

私たちが健康で生きられるか否かは、すべては腸が決めているというっても過言ではないと言えるのでないでしょうか。

リッキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)という言葉をご存知でしょうか?

小腸には無数の絨毛部があります。
ここには金属などの老廃物、毒素が溜まってしまうところでもあります。(食物繊維ではここに溜まっている毒素は排泄できません)

食べ物を摂取すると、食べたものは消化という過程をします。
消化により食べ物は細かく分子レベルに切り離されます。
そして、栄養素は小腸の絨毛部から吸収され体内に取り込まれます。

この絨毛部が何らかの原因により、炎症を起こし、分子レベルに分解されていないアミノ酸が数珠のようにつながったままタンパク質を吸収してしまう状態をリッキーガット症候群と言います。

繋がったままのたんぱく質が体内に入ると、体は異物が入ってきたと認識し、白血球の抗体が増え追い出そうと働き、アレルギー反応を起こします。

これがいわゆるアレルギーです。

2007年4月にハンガリー ブダペストで行われた世界肥満学会では、
『糖尿病 心臓病 肝障害 脳卒中 肥満までもが、リッキーガット症候群と密接な関係がある」

リッキーガット症候群は、小腸内の悪玉菌が出す アルカリ性物質により、腸の粘膜が溶かされ、腸壁がただれることが原因で発症すると考えられています。

この大きな原因は化学物質(西洋薬や添加物)の過剰摂取です。

これに連鎖の長い動物性タンパク質や白砂糖の摂りすぎ、また消化酵素の不足などの要素が重なり小腸の腸壁は異常をきたしてしまいます。

そしてリッキーガット症候群になっていくのです。

食を知り、学ぶ。

ただ栄養素だけの問題ではなく、何と何を組み合わせることにより、消化に負担をかけないのか?
どのような状態で、どのようなホルモンが分泌され、体の反応が起こるのか?

これらを知り、生活の中に取りいれれば、一生細胞から健康で若々しく生きていくことが出来るのです。


(永井茂春氏の投稿記事より抜粋)