魚の除毒テクニック

妊活中、妊娠中、出産後に食事を気を付けているけど、「魚は食べても良いのですか?」という質問をよく頂きます。

まごわやさしい+動物性タンパク質

なので、是非お魚を食べてください!

日本近海は農薬、ダイオキシン、化学薬品などが魚の身体に取り込まれて、生物濃縮されています。つまり、魚の体内に毒が溜まっているって事です。養殖だと、抗生物質などが投与されるので同様に汚染されています。これらの有害物質は脂溶性ですので、排泄されないで魚の身体に残ってしまい、特にハラワタ、頭、脂肪に残ります。

料理するときは、まず表面をしっかりと洗い、ウロコを取り除き、頭を切り落とし、ハラワタを取り除き、もう一度流水でぬめりや血を洗います。

POINT①
熱湯をまわしかける。(煮魚、蒸し料理におすすめ)

POINT②
両面に塩をふって、30分ほど置いておく。(焼き魚、酢の物)
塩は魚の身を締めてくれるだけでなく、水分と一緒に有害物質も落とせます。

POINT③
酢水で洗う事によっても有害物資を落とせます。

注意
魚の形をした魚を買ってくださいね。

良い魚を選ぶだけではなく、手を加えることが、除毒のポイントです。

参考:増尾清著 身近な食材の毒抜き方法


(野崎利晃氏の投稿記事より抜粋)


魚の除毒テクニックです。

現代は必要なスキルですね♪(´∀`)