梅干しの効果、パワーを知っておくべき♪(^^)

日本の風土の中で育った梅干しは、日本人の生理とがっちり結びついて、病氣で何も食べられないときでも、上手に炊いたおかゆに梅干しがあれば、元氣になります。

中国からはじまったものが、中国にはもうなく、日本の中で育って大切に伝えられてきました。



梅干しはクエン酸・リンゴ酸を含み、酸味が強いので、唾液の分泌を促すとともに、胃腸の働きを助け、胃液の分泌を良くします。炭水化物の消化も助け、肥満や肌荒れも防ぎます。

梅干しのアミグダリンや有機酸は、腸の中でめざましい抗菌、滅菌の作用をし、食中毒菌・赤痢菌・これら菌の作用を阻止します。ですから、食中毒の季節には、梅干しを大いに活用してきました。今は、食べ過ぎや複合汚染などで、1年中食中毒の季節と言えるでしょう。

肉や加工食品を食べ過ぎると、腸内で異常発酵をおこし、毒性の強い毒物を発生させます。自家生産による食中毒です。これらが悪性のガンや治りにくい病氣のもとをつくるのです。

梅干しは胃腸の粘膜を丈夫にし、腸の運動を助けるため、整腸作用を促し、下痢・便秘も治します。

腸の汚れは万病のもとと言われ、その汚れが血液に入って、アレルギー疾患や肝臓病やそのほかの慢性病を引き起こすことになるのです。

また、梅干しは鎮静作用も大きく、カルシウムの吸収を助け、血液の酸毒物を分解処理し、ストロンチウム90などの放射性物質などを体外に出す働きをします。

整腸作用を促すためにも、毎日梅干しを食べると良いでしょう。
昔の人は、朝、梅干しを食べることが健康につながることを知っていましたが、素晴らしい生活の知恵です。

梅干しは古いものほどバクテリアや酵素の働きが強められ、土用干しの太陽エネルギーと、夜干しのオゾンを吸着すると、新しい成分が生まれ、古くなるほどより薬効が強められます。

高血圧の人は塩がいけないと言われますが、梅干しも3年以上経つと塩害は消えます。古い梅干しを食べて高血圧が治った実例は多いのです。

※ここでオススメする梅干しは、自然農法で栽培した梅を、自然塩で漬け、太陽干しをしたものです。市販品の食品添加物入りで太陽干しもしないものとはまったく違います。

(出典:食生活が人生を変える 東城百合子著)



つまり、万能の食材ということです。
梅干しは、梅と塩だけで作れますから、手作りすることをオススメいたします♪ヽ(´▽`)/