腸内環境が大事 ~あなたはあなたが何を食べているかで決まる~

30万例以上の胃腸を検査してきた、その膨大な臨床結果から、私は「健康な人の胃腸は美しく、不健康な人の胃腸は美しくない」ということを教えられました。

こうした胃腸内の状態を、私は「人相」になぞらえて「胃相」「腸相」と呼んでいます。

よい胃相・腸相をしている人は心身ともに健康であり、逆に胃相・腸相が悪い人は、心身のどこかに何らかのトラブルを抱えていました。つまり、健康な人の胃相・腸相はよく、不健康な人の胃相・腸相は悪いということです。これは逆の言い方をすれば、よい胃相・腸相を保つことが、健康を保つことにつながるということです。

胃相・腸相にもっとも影響を与えるのは、食歴と生活習慣です。

英語には『You are what you eat』という格言があります。
これは日本語に訳すと「あなたはあなたが何を食べているかで決まる」となります。私たちの体は、日々の食事によって養われています。

つまり、健康も病氣も日々の食事の積み重ねの結果であるということです。



現代西洋医学では、その人がこれまで何を食べてきたかという「食歴」について、患者さんにたずねることはほとんどありません。現在、潰瘍性大腸炎、クローン病、膠原病、白血病などが世の中で「原因不明の難病」と言われているのはそのためだと思います。食歴と病気の関係がもっと研究されるようになれば、「原因不明」の病気はずっと少なくなるはずです。

ガン患者の食歴を調べていくと、動物食(肉や魚、卵や牛乳など動物性の食物)をたくさん摂っていたことがわかりました。しかも、早い年齢で発病している人ほど、はやくから動物食(特に肉、乳製品)を多く、そして頻繁に摂っていたことがわかったのです。

乳ガン、大腸ガン、前立腺ガン、肺ガンなど、発病したガンの種類はさまざまですが、この傾向だけは同じでした。

そして、どんなガンを発病した人も例外なく腸相が悪かったのです。

そのため、私はカラダのどこかにガンができた人は、大腸ポリープや大腸ガンができている可能性が高いので、必ずコロノスコープの検査を受けるよう、言い続けてきました。

食事が原因で起きる病氣は、それを食べたからといってすぐに発病するようなものではありません。しかし体の中では、これまでの食生活が確実に蓄積されています。今現在、症状が表れていないからといって安心することはできません。

「継続は力なり」といいますが、良いほうにも悪いほうにも大きな力になるということを忘れないでください。



(病氣にならない生き方 新谷弘実著 から抜粋)