チーズやヨーグルトを推奨しない理由

私は発酵した食品は健康のため良いとすすめていますが、がんの患者さんにはチーズやヨーグルトは止めるように言っています。その理由は、カゼインタンパク質の量に問題があるからです。

カゼインタンパク質は接着剤に使われる糊様物質の、にかわと同じ類のタンパク質です。これが人間の体に入ると炎症を促進することが判明しています。

牛乳のタンパク質はほとんどがこのカゼインタンパク質です。

チーズ、ヨーグルトが良くないのは、このカゼインタンパク質の濃度が濃いからです。

チーズは寝かせれば寝かせるほど、カゼインタンパク質が倍々に増える食品です。つまりよく寝かせた質の良いと言われるチーズほどカゼインは増え、にかわ様物質は増えるので良くないのです。ヨーグルトも牛乳よりカゼインがはるかに多いため良くありません。

問題はまだあります。それはカゼインタンパク質がIGF-1というファクターを保持していることです。このIGF-1というホルモン様成長因子は成長ホルモンを無尽蔵に繁殖させる物質です。成長ホルモンは少しだけ出る分はまったく問題ありませんが、無尽蔵に排出すると発がんにつながります。

この発がん性は、全米の医学界、栄養学界、製造業界を震撼とさせたベストセラー『チャイナ・スタディ』(邦訳名・『葬られた「第二のマクガバン報告」』)の著者、T・コリン・キャンベル博士の実験でも証明されています。

ネズミを使った博士の実験はこうです。

まず多くのネズミにアフラトキシンという発がん物質を与え、がんを作っておきます。そのネズミに2通りの餌を与えます。

一方は発がん物質のアフラトキシンがたっぷりで、カゼインタンパク質は極めて少ないエサの群れです。

もう一方の群れにはアフラトキシンを少なくし、カゼインタンパク質が20%と多いエサを与えたのです。その結果、発がん物質のアフラトキシンたっぷり、カゼインタンパク質少なめの群れのがん転移は超微量で、カゼインタンパク質が20%と多い群れは、非常にがんが転移したのです。

こうした実験の結果、カゼインタンパク質は、ガンの促進物質であることがわかったのです。私がチーズやヨーグルトをがんの患者さんから遠ざけるのはこうした理由からなのです。



(出典:断食でがんは治る 鶴見隆史著)

アフラトキシンとは、カビ毒の一種で関連物質の総称です。1960年にイギリスで七面鳥が大量死した際の分析中に発見された人に対する急性中毒の例としては、1974年にインドで肝炎のために106名が死亡した事件やケニアでの急性中毒事件などがあるとのこと(Wikipedia参照)。

主に肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られているとのことなので、もともとが発がん物質ということですね。アフラトキシンは、わずか0.1gという微量でも、肝癌を起こす危険性があると指摘されています。