本物の醤油と偽物の醤油

スーパー特売の醤油があれば、500mlで1000円くらいの醤油もあります。

節約して家計をやりくりする主婦にとっては、当然安い醤油はありがたい事だと思います。
しかし、安いものには「安い理由」があります。

本物の醤油は昔ながらの製法で、手間と時間をかけて作られています。
1~3年以上もかけて作られていて、原料は大豆・小麦・食塩のみ。

そこから生み出される「旨味」は奥深く、甘味や酸味、香ばしさなど、化学で解析できないぐらい複雑な味をかもし出しているのです。

しかも、少量で旨味が出ますので、消費量も少なくてすみ、使い方次第で減塩にも繋がります。

一方、安い醤油は確かに醤油のような味がしますが、本物の醤油と比較すれば、別物なのです。

製法も全く違い、安い醤油の主原料は、大豆油を絞りとった後のかす(脱脂加工大豆)です。

これを塩酸で分解すると、醤油のベースとなるアミノ酸液ができます。
ここに、旨味はグルタミン酸ナトリウムで、甘さは甘味料、酸味は酸味料、濃くととろみは増粘多糖類、色はカラメル色素、日持ちするように保存料、最後に少しだけ本物の醤油で香り付けをします。

いわば、安い原材料と添加物で作られた物ですので、本来の醤油とは全く別物という事になります。

じっくりと時間をかけて作られた醤油は、発酵食品ですので胃腸の働き整えます。

また、血圧や血糖値を下げたりする効果も認められていますので、薬に頼るのではなく、日本伝統の醤油や味噌を摂取する事が大切だと思います。