便秘に薬や腸内洗浄は良くない? 常在菌のことも考えるが必要

便秘になると、すぐ便秘薬を飲んでしまっていませんか?

便秘薬には、大腸を刺激してぜん動運動を起こさせるもの、うんこさんに水を吸収させてやわらかくして腸壁を刺激するものと、2タイプあります。

両方とも、本来の

「食べる」→「常在菌が活躍して発酵・腐敗が起こる」→「腸が刺激される」→「うんこさんが出る」

という排便のリズムを無視し、腸を不自然に刺激するものです。

常用すると、自分でリズムをつくれなくなることがあります。

もちろん、こんな腸内環境が常在菌にとっていいはずがありません。常在菌が、

「食べカスを分解」→「増殖」→「死がいになる」→「うんこさんになる」

といったプロセスを踏まないうちに、ムリヤリ大腸から追い出してしまうわけですから、常在菌が元気をなくすのは当たり前。こうして大腸はますます動きが鈍り、どんどん便秘がひどくなってしまうこともあるのです。

ハリウッド女優に人気の腸内洗浄なども、うんこさんと常在菌に対する冒とくです!

確かに腸にたまった便はとれるかもしれませんが、一緒にビフィズス菌などのいい常在菌も流されて腸内細菌のバランスが狂い、より便秘になりやすい体質になってしまいます。

便秘薬や腸内洗浄に頼ったうんこさんは、カチカチかドロドロでイヤなニオイを放っている、かわいそうなうんこさん。これでは、「快便」にはほど遠い!いいうんこさんは、全ての人が求めている「快」のひとつなのです。

うんこさんづくりに成功すれば、気分は爽快、毒素が体内にないから肌もピカピカ。

人生はなかば成功しているとすらぼくは思っているんです。

食事でも生活でも「いいうんこさんのタメに」「常在菌のタメに」という意識をもてば、ドン詰まりの腸も人生も、明るく開けてくるはずです。

(菌子ちゃんの美人法 青木皐 著より抜粋)



便秘薬を常用している方、多いです。

腸内洗浄は多くは無いですが、興味のある方はいます。

そもそも、便秘になってしまっているのは何故か?ということを考えること、検証することも大事です。

常在菌のこともありますので、自然に、が一番です。

何でも、自然が良くないですか?(^^)