ヒポクラテスが残した言葉 ~格言・名言~

ヒポクラテスは紀元前5世紀にエーゲ海のコス島に生まれた古代ギリシャの人物で、世界最古の医師です。

ヒポクラテスは、それまでの聖職者や魔術師による祈祷や呪術的医療と異なり、健康・病気を自然の現象と考え、科学に基づく医学の基礎を作ったことで「医学の祖」と称されています。また、医師という職業を確立し、西洋医学の基礎を築き上げ、医学を発展させたその功績から「西洋医学の父」とも呼ばれています。

・「火食は過食に通ず」
・「満腹が原因の病気は空腹によって治る」
・「月に一度断食をすれば病気にならない」
・「病気は神が治し、恩恵は人が受け取る」
・「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
・「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」
・「病気は食事療法と運動によって治療できる」
・「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」
・「賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ」
・「病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない」
・「健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない」
・「食べ物について知らない人が、どうして人の病気について理解できようか」
・「人間がありのままの自然体で自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる」
・「病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」
・「病気は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするものである」

・「人(生き物)は身体の中に100人の名医を持っている。
 その100人の名医とは自然治癒力であり、 医師はそれを助ける手伝いをする」

自然界に生きる野生の動物には、病気を治してくれる医者はいません。薬もありません。それでも動物たちは、天から与えられた名医「自然治癒力」によって病気を治しています。

人間の病気を治してくれるのも、医者や薬ではなく、身体に住む名医「自然治癒力」なのです。

洪水のように溢れる情報社会に生きる私たちが選択や判断に迷った時は、ヒポクラテスの言葉を参考にしたいものです。

既に私たちは、100種類の万能薬(自然治癒力)を持っています。

その万能薬の効果を最大限に引き出す方法を知ることこそ、健康になるための第一歩なのです。

ヒポクラテスが書き残したものは、エジプトのアレクサンドリア図書館に保存され、度重なる戦争や侵略にも失われる事なく、何世紀もの間、人々に読み継がれてきました。