コカ・コーラを毎日大量に飲んで女性が死亡

水分を取るときには必ずコーラを飲んでいたという女性が死亡した件について、検死官が再調査を行い、

『コーラの飲み過ぎが死因の主要因であり、コカ・コーラ社は多量の砂糖やカフェインを摂取することの危険性についてもっとわかりやすい警告をラベルにつけるべきだ」とコメントしました。

ニュージーランド南部に住んでいたナターシャ・ハリスさんは普段水分摂取といえばコーラを飲むというほどに徹底したコーラ好きで知られていました。

8人の母でもあったナターシャさんは2010年に心臓発作で亡くなりました。

検死官のデビッド・クリーラーさんはこの件について入手可能な証拠から再調査を実施。もしもナターシャさんがそれほどまでにコーラを飲んでいなければ死ぬことはなかっただろうという報告書を提出しました。

クリーラーさんの調べによるとナターシャさんは、毎日6リットルから10リットルのコーラを飲んでおり虫歯で何本も抜歯しており、子どもの中には歯のエナメル質部分がないままに生まれてきた子もいたそうです。

ナターシャさんの長年の同僚によれば、ナターシャさんは2.25リットルのボトルを1日に4本は飲んでいたとのことで、コーラ以外の飲み物は口にせず、コーラなしだと禁断症状が出るほどだったとのこと。

ナターシャさんの義母も、ナターシャさんが完全にコカ・コーラ中毒になっていたことを認め、コーラがないと震えるなどの禁断症状が出ていたことを明かしています。

死亡直後の検死はダン・モーニン医師担当。

ナターシャさんが過度の砂糖を摂取したことで肝臓が肥大化していて、脂肪肝にもなっていることを確認しており、コーラの飲み過ぎに関係するものか低カリウム血症(血液中のカリウム濃度が低くなる)にも陥っていたそうです。

ナターシャさんが摂取した砂糖の量はクリーラーさんの調べでは1日1キロ以上、カフェインも970mgの摂取になると報告。

通常、1日に500mg以上のカフェイン摂取は健康によくないとされており、モーニン医師はナターシャさんの低カリウム血症と不整脈の原因をカフェインだと指摘。

事実、死の前月には吐き気、嘔吐、頻脈といったカフェインを摂取しすぎたときの症状が出ていたそうです。

クリーラーさんはナターシャさんの死因についてコーラを飲み過ぎたことが新陳代謝の不安定、ひいてはナターシャさんの
心臓疾患に繋がったと指摘。

コカ・コーラ社は、消費者が明らかに不健康な量の製品を飲むことにまで責任を負うことはないものの、大量摂取が有害であるということを消費者に十分伝わるように警告をすべきであると提言しました。


この結果についてコカ・コーラ社では、

『その他の健康や生活要因とともに、ハリス夫人のコカ・コーラ過剰摂取を死因に結びつけられたことを残念に思う』

と声明を発表しています。


そのうち、炭酸飲料や清涼飲料水にもタバコと同じように、

『飲み過ぎはあなたの健康を害する恐れがあります』

という大きな警告文がつくようになるのでしょうか・・・。


(afpbbニュースより http://www.afpbb.com/articles/-/2927494?pid=10272173)


何でもそうですが、量が問題だね!という人がいます。それを言ってしまうと、害のあるもの、ほとんど全てをカバーできてしまいます。

量の問題もありますが、からだに良くないと言われているものは、全くもって摂取しないほうが良いのです。