食品添加物、1日の平均摂取量

【私たちは1日80種類の食品添加物を食べている】

私たちは、1日に約80種類以上の食品添加物を食べているそうです。




食品添加物は、単体(1種類ごと)でしか、チェックされていないのが現状です。しかし食品添加物にも食べ合わせというか組み合わせがあります。

水道水に含まれているトリハロメタンという発ガン性物質は、川などの水に含まれる有機物に、浄水場で殺菌用に使用される塩素化合物が化学反応して生成されます。このように物質同士が化学反応を起こすことは自然界ではよくあり、添加物においても同様です。とくに添加物入りの食品の場合、さまざまな方法で調理され、その過程で複雑な化学反応が起こることも容易に想像できるのです。

たとえば、食品の色味を良く見せるための発色剤に亜硝酸ナトリウムが用いられます。

また食品を長期間保存するための保存料としてソルビン酸があります。

この2つが化学反応を起こすと、発ガン性の疑われる物質を作り出すことが知られています。ちなみに亜硝酸塩は人間の唾液にも含まれているので、われわれの口の中で化学反応が起こっていることになります。

実際のところ、添加物の組み合わせも無数にあるうえに、その実態については調べたくても調べられないので、正直なところ私もどこまで闇が深いのかわかりません。

食品の着色料にはこれまで鉛、クロム、ヒ素のような有毒物質が使用されていましたが、これらの多くは発ガン性があることがわかっています。鉱油は1900年代中頃にロックフェラー研究所がガンの治療薬として推奨していたものだそうですが、その後は多くのサラダドレッシングに使われていたそうです。この物質は人体がビタミンその他の必要な栄養素を吸収するのを妨げることがわかっており、サラダとサラダドレッシングを食べると、とても不健康になれるわけです。

このような大金持ちたちが、なぜ添加物を入れるようになったのか、その「真の目的」に氣づいてもらえればうれしいのですが。

(医者とおかんの社会毒研究 内海聡 著より抜粋)

いつでもどこでもお伝えしていますが、

それぞれの食品に含まれる食品添加物はもちろん、安全な範囲内にあるので、それだけを摂る分には体には何ら、影響はありません。

しかし、それらが入った多くの食品を数多く、しかも食べ続けることによって、体内、細胞内に蓄積されていくのです。それによって、不具合が生じてくる。大きな変化になると、生活習慣病、果てはガンになる。

ここでは、数多くの食品添加物の化学反応のことも問題視しています。

「少しだから。。」

から、オサラバしませんか?(^^)/