腹八分で医者いらず




「腹八分で医者いらず」
「腹六分で老いを忘れる」
「腹四分で神に近づく」



ヨガの教えのなかには生と食の話があります。

ヨガとは古代サンスクリット語で「つなぐ」という意味です。

これは、「宇宙」と「生命」を「つなぐ」という意味があります。

そして、中国でいう仙道とも通じるものがあります。


仙道では君薬といって小食にして栄養素が詰まった君薬を浄化のために用います。食べ過ぎは不健康への道であり悪への道でもあります。


しかし高度成長期の中で日本人はいっぱい食べれることが幸せと刷り込まれました。白米へのあこがれもそうですが、飽食と洋食と中国食と韓国食の普及、ラーメンやパスタやパン食などの普及は、まさにそのなれの果てだといえます。どうしてもそのような食事ばかりだと飽食になってしまうのです。


そもそも野生動物は病気になった時、何も食べずじっとして治すのが基本です。


もちろん現代の社会毒事情を考えると、なんでも断食で治せるほど甘くありませんが、それでも現代病の多くに適応できる治療でもありますし、予防法でもあります。これは自然治癒力の鼓舞でもあり、自然との一体化でもあります。空腹時に本能や生命力が鼓舞されるのは偶然ではありません。


私は一日一食か二食です。


ただしその食事には良いものを使いますので単価は高い方だと思います。

よく自然食などにするとお金が高くなるといわれますが、良いものを適量食べる方がおいしいし体にいいし、お金も気になりません。

実際体調が悪いこともありませんしどこも痛くありませんし、この数年風邪や感染症など一度もひいたことはありません。

痩せるかどうかは自然に任せます♪。


砂糖や甘味料やうまみ料、添加物や加工食品はこれらを狂わせますので避けましょう。

別にむずかしい話でなく本物を少し減らして食べればいいだけです。


たくさん食べてしまう人はまず三回食を二回食にしましょう。


それだけでお金も食にかける無駄な時間も、自分の医療費も外資への無駄は保険料もカットできます。


栄養学的や第三医学的にいえば生命力豊富な食材を食べるようにして、GI値が低いものを食べるようにすることが重要です。

(引用元:内海聡医師の記事より)


食事する前に一杯、水を飲んでから食べると腸の調子がいいですよ。

あとはとにかく、

ゆっくりよく噛んで食べる。

一口食べたら30回噛んで、30秒食休みをするくらいに食べることを心掛けていくと食べ過ぎは抑えられますね♪(^^)/