PMSのタイプを見ないで「豆乳いいよっ」というのは危険かも

なんだか少し謎がとけてきた。

PMSや生理不順などで「豆乳がいいですよー」という声がよく聞かれるが、自分には合わなかった。それはたぶん、エストロゲンがすでに足りているところに、エストロゲンそっくりさんのイソフラボンが投入され、エストロゲン多すぎ状態になったのだろうと思う。

1つ前のポスト「PMSのタイプにはいろいろある」でまとめたように、PMSのタイプにはいろいろあり、もし私が高エストロゲン+低プロゲステロンという状態だとしたら、すべきことはエストロゲンを下げ、プロゲステロンをあげること、だ。

そう思うと、「ホルモンバランスが乱れているから豆乳のむ」というのは、問題の本質を見ていない対応ということになる。ちなみに、私が実際自分の体で実験したときには、豆乳を飲むと生理周期がものすごくずれ、さらに排卵日には起き上がれないほどの吐き気に襲われ、そのあとのPMSもひどかった。

そう思って調べてみると、こんなのをみつけた。

PMSは普通ならプロゲステロンの高くなる黄体期に発生する場合が多いため、プロゲステロンが引き金になると説明されていたりしますが、これは単純な相関関係と因果関係の区別を知らない人が言うたわごとです。しかもPMSが悪化する段階では上図のように黄体期でもプロゲステロンが高くならず、エストロゲンのみが高くなります。

ドクター・リーは生理があるのはエストロゲンが十分分泌されている証拠だから、決してエストロゲンの補充をしてはいけないと言っています。この時期にエストロゲンを補充すると、エストロゲン優勢/過多がいっそう悪化します。プロゲステロン不足という正しい診断を下した医者でも、擬似プロゲステロンを処方する、高量の経口プロゲステロンを処方するなど、間違ったホルモン補充を処方するのが「標準治療」として認められているので、患者は十分注意する必要があります。

via ホルモンバランス:崩れのパターン

まさに私はこれをやってしまったのかもしれない。エストロゲンが十分にあるのに豆乳でさらに追加してしまい、バランスがさらに崩れたのかも。


PMSの、自らの体を使って実験をした方のブログより抜粋


非常に詳しく、自らの人体実験報告がなされています。

こういうのは、ありがたいですね。