1000兆個近くいる腸内細菌 ~うんち(大便)の成分~

人には、腸内細菌がどれくらいいると思いますか?

わかりやすくするために、うんちの成分から説き起こしましょう。

バナナうんちのような正常なうんちは水分が約80%も含まれています。だから、プカプカと水に浮いて、水で流すと、パッと散るのです。

うんちの固形成分20%のうち、小腸や大腸などからはがれた腸粘膜が6~7%、腸内最近6~7%がそれぞれ含まれていて、うんちのうんちたるゆえんの食物残滓は、わずか6~7%しかありません。うんちは食べ物のカスという表現は、ごく一部しか当たっていません。

理想的なうんちには、1gあたり6000億~1兆個の腸内細菌が含まれています。腸内細菌の大部分は、培養がむずかしいため、まだ見つかっていない種類も多くあるのですが、遺伝子解析を用いたデータからは、腸内細菌は1万7000~3万種もいるのではないかという推測もされています。

ひとりの体の中にあるうんちの重さは、製造中のものを含めて、600gから1kg。仮に1kgのうんちがある人は、腸の中に1000兆個もの腸内細菌がいる計算になります。

うんちの水分含有量についてさらに触れましょう。

便秘の人のコロコロうんちや便は水分が極端に少ないかというと、実は70%も残っています。大腸にうんちが滞留する時間が長くなると、10%ほど余計に水分が吸収され、そのわずかな水分含有量の差が、心地よいお通じをさまたげるようになります。

ゆるいヒョロヒョロうんちは、85%ほど。ビシャビシャうんちの水分含有量はさらに多くなって90%。なんらかの理由で、水分吸収ができなくなったために、腸内で洪水のように流れてしまいます。

男女のうんちの特徴についてよく言われるのは、”女はたまる、男はくだる”です。ストレスや過労、栄養の偏り、暴飲暴食など体によくない状態が続くと、女性は便秘になりがちで、男性は下痢と便秘を繰り返す傾向があります。便秘になるのは、動物の中で人間だけです。


(大便力 毎朝、便器を覗く人は病気にならない 辨野義己 著より抜粋)