ほめ達!認定講師アドバンス・ビジネス研修②

一般社団法人 日本ほめる達人協会、ほめ達!認定講師、
アドバンス・ビジネス研修の第2講。

ほめ達!の奥深い学びを、

人それぞれの強みも上手に活かして、

どのように、企業や団体、社会に貢献していくか、というもの。


知識も必要だが、

ワークも必要。


ワークを通じて何を伝えたいのか。


アイスブレイクになるワーク。

届けたいメッセージのあるワーク。

気付きのキッカケにもなるワーク。


『言葉の栄養で心を育て、ファスティングと食事でカラダを整える』

これを最近私は、キャッチコピーにしてきた。

心と体のワンセットで、ほんとうの健康と言える。


この飽食の時代、日本で、

栄養失調の人が増えているという。

食べ物をどんなものでも手に入れることが出来る時代に、です。

必要な栄養素が足りないということ。


生活習慣病も増えている。

成人だけではありません。

2009年4月の朝日新聞では、高校生4割が生活習慣病の予備軍である、という厚労省調査でわかったという、衝撃的な記事が掲載されました。


そして、

6人に1人が「社内うつ」と言われている日本の会社、企業の現実です。


「健康管理は従業員の責任」。

そんな経営は通用しない時代に入っている。

従業員の健康こそ、企業の競争力を高める経営の最重要課題と位置付け、その増進や維持を図る「健康経営」に取り組む企業が増えている。

活力ある働き方を実現する「戦略投資」として、健康経営を推進することは、優良企業の新条件になってきている。

「健康経営」とは、

「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面にも大きな成果を期待できる」

との考えのもと、会社が戦略的に健康づくりを実践すること。

社員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、社員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得ることが期待されている。

ある調べによると、会社を体調不良で欠勤するよりも、
無理して出勤するほうが生産効率が下がる、という。

昨晩飲み会があって、無理して出勤するとか、
女性の体の構造上、体調がすぐれないときに無理して出勤する、

ということが、欠勤するよりも、生産効率が『下がる』ということなのです。

そういうこと、ってありますよね。


体調が悪くて、無理して出勤している社員の方はいませんか?
いつもコンビニ弁当で済ませている社員の方はいませんか?
いつもいつも元気のない、社員の方はいませんか?

自分の持った強み、スキルを、
会社、企業に近い将来、役立てていただくことが出来れば、
と思っています。

社員の健康管理者は経営者であり、その指導力の元、健康管理を組織戦略に則って展開するという「健康経営」に対して、官民様々な団体で後押しの動きがみられており、これからの企業経営にとってますます重要になっていくものと考えられています。







ほめ達!プロフィール講座 第2講

一般社団法人 日本ほめる達人協会、西村貴好 代表理事による、ほめ達!プロフィール講座。

ほめ達!認定講師養成講座ベーシックを受講した人のみが受講可能な講座で、今回が2回目の講座だが、内容がめちゃめちゃ濃い。

わかっているが言葉に出来ていないもの。

わかっているが文章に出来ていないもの。

わかっているが説明が簡単に出来ないもの。


自分の強み、

自分の足りないところが明確になり、道がまた開けたような気がする。


ファスティングとは?

ダイエットとは?

老化とは?


すべては、

その人が、(知りたい!)であろうことを、

プロとしての言葉でわかりやすくプレゼントをする。


読んで、印象に残る自分自身のプロフィール。
聞いて、印象に残る自分自身の自己紹介スピーチ。


私の情報を求めている人にとっては、非常に大切なスキルでもありますね。


ほめ達!認定講師養成講座ベーシック7期、完結!

ほめ達ってなに?

から始まって、1年と4ヶ月ほど。

ほめ達は、ほめる達人の略。


単に「ほめる」だけではない奥深さに魅了され、
西村貴好理事長、周りの講師の方々に魅了され、
今年の2月から始まった半年間、大阪での、


『ほめ達!認定講師養成講座ベーシック7期』


の最終講として昨日それが、
ついに完結した。





昨年、初めて「ほめ達」に出会った。

おもしろそうだと思い、すぐに3級を受講。

なんだこれは!!
ただ、表面上のほめるテクニックを教わる内容ではない!


この衝撃と、

自分には無い、
自分にはまだまだ不十分の、

心の在り方、
人としての在り方、
人に対しての関わり方
+α

を学べる!



そしてその、


実践者になりたい!
それは、心豊かな人生を送っていきたいから。



という思いで、2級、1級を経て、ここまで来た。





養成講座では、

この1ヶ月はいちばんキツかった。


記憶力勝負!


記憶力をアップさせるために始めた、

事前のファスティングが今回、うまい具合に噛みあったと思う。

ファスティング10日目で、当日臨んだ。


ふつう、


ファスティングをやる!


という人は脳の覚醒、脳の活性化、感覚を研ぎ澄ます、具体的に言うと、記憶力アップ、集中力増強のため、とかは使わない。まだまだ、ファスティングというのはダイエットや体調を整えるぐらい、と思っている人が多いからだ。

普通というか、一般の方は、といったほうが良いかもしれない。

杏林予防医学研究所の山田豊文所長(当協会特別顧問)は、プロアスリートに直接、ファスティング・栄養指導をされているが、その目的は丈夫なカラダ作りはもちろんのこと、動体視力、感覚を研ぎ澄ます、ここいちばんの集中力、といったことをアップさせる特徴がある。


少し話がそれたが、今回、


自分としては全然100点満点ではないけれども、いい点数をあげたい。

終わってなんだか、ホッとしているよりも、寂しい氣持ちのほうが大きいかもしれない。





一般社団法人 日本ほめる達人協会の西村貴好理事長、
松本秀男専務、
関わった素晴らしい諸先輩・講師の方々、
そして何よりも個性豊かな愛すべき7期の同期生16名の皆さん、

ありがとうございました。





修了証をいただきましたが、
これで終了ではありません。

また、ここから始まります。


この学びを、
この情報を求めている人に、
人材育成に、
活かしていきたいと思います。


関わってきた皆さま、今後とも、よろしくお願いいたします。



まずは誰をほめる?


この講座を、「enjoy」というテーマに頑張ってきた『自分』をほめよう♪(^^)/


言葉の栄養で心を育て、
(ほめ達)

ファスティングと食事で体を整える、
(ファスティング、スポーツ栄養)

島田旬志。




仲間って、いいなぁー。。







ほめ達!第7期認定講師養成講座ベーシック 第2講 in 大阪

【ほめ達!認定講師養成講座ベーシック 第2講の始まり】


『感謝の心が人を育て、
感謝の心が自分を磨く。』





昨日は、
第2講、第2回目のほめ達!認定講師養成講座ベーシックでした。

先月初めて出会った最高の仲間と、
再び出会い、ともに学ぶ。

何を学ぶか。も大事。
誰と学ぶか。も大事。

一緒に学ぶ仲間は、普段、ほめ達!連絡を取り合い、1ヶ月ぶりではない感覚。
現代のツールも活かして、互いに刺激合い、切磋琢磨をしていく。

今回もワークを交えながらの、深い学びでした。



これを学ぶだけでなく、実践し、習慣化すること。
自分自身に口酸っぱく言い聞かせています。

お楽しみの懇親会では、
お楽しみだけではなく、
先輩講師、『あに達』こと、向井克之認定講師の、
東北への単身赴任という、寂しいお知らせもありました。





が、

私たちは現代のツールでつながっている!
距離は関係なく、コミュニケーションが取れる時代。
この時代に感謝!

そしてそして、
第1講に引き続き、第2講も課題がてんこ盛りです!
ガンバるぞ~!!(`´)

関わった皆さまに感謝!!(^^)/

ほめ達!第7期認定講師養成講座ベーシック 第1講 in 大阪

【ほめる達人の体現者になることを決めました!】



昨日は、
ほめ達!第7期認定講師養成講座ベーシックの第1講ということで、
17名の志しの高い方が集まりました、私を含め。^^;
第6講まである、ひと月に1回の深い学びの半年間の幕開けです。
しかも、受講生以外にも、卒業生が14名参加されました。

なにしろ、この重厚なバインダーのテキストに身が引き締まる!(`´)



ほめ達!認定講師の志しを持つということはどういうことか、
日本ほめる達人協会ではどのような人間を募っているのか、

というと、
協会の公式HPの募集要項には、以下のことが書かれています。

『本講座は、一般社団法人 日本ほめる達人協会において行われる検定及び講演・セミナーで
講師を務めることができる資格取得を目的として、自殺や鬱がまん延する「心の内戦」状態を
終わらせることに賛同し、ほめることの大切さを伝え、「ほめ達!」普及活動に
貢献していただける方を対象に実施します。

本物の「ほめる達人」講師を養成するために充実したカリキュラムをご用意しております。

「ほめ達!」の背景にある様々な知識習得はもちろん、
「ほめ達!」としての書き方、話し方、考え方、生き方をはじめ、
スピーチ力、プレゼン力、セルフブランディング力まで、みっちりと学んでいただきます。』

ということです。

第1講を終了してみての感想は。。

内容が非常に濃い!
西村貴好理事長が、
『私のスベスベを伝える講座がこの、認定講師養成講座ベーシックです!』
ということでした。

スベスベ??

西村貴好理事長の持っている、
『すべての術(すべ)を惜しみなく、すべて教える』
講座なのです。
理事の言う、『スベスベプロジェクト』です。

ほめ達のことはもちろんのこと、
ずっと学び続けているのが西村貴好理事長です。
講座の中で凄い!なるほど!おもしろい!というのがたくさん出てきました。



この会場に入る前にも凄い!ことがありました。

会場に早めに到着したので、
近くのミニストップに行ってコーヒーを飲んで事務仕事をしていると、
オレンジ色のネクタイをした素敵な方が、

「じゅんじさん、今日からよろしくお願いします♪」
と握手を求められました、西村理事長でした。

名前と顔を覚えていて、しかも苗字でなく、下の名前で呼ばれるとは。。凄い。。

と思いました。

そして、講座に参加の17名、職業は様々です。

大学生さん、
人材育成・司会業の社長さん、
看護士さん、
素敵なフリーのアナウンサーさん、
仕事をしてくれる名刺作成のプロの社長さん、
社会保険労務士さん、
化粧品販社の社長さん、
前向きな主婦さん、
持っている防災士さん、
私はこうみても○○ですの車屋の社長さん、
学び続ける大学の学長さん、
情熱の腹話術師さん、
主婦チャレンジャーさん、
歯科院長さん、
ラーメン屋の社長さん、

などなど、役者は揃いました。

これから半年間ではありますが、
一生の仲間で出会えたと思っています。

懇親会も楽しく、そして同期生の団結力がより一層深まりました♪(^^)/






ほめ達!の寺子屋に初参加 in 名古屋

【印象力を意識することは「ほめ達!」度を上げること】

昨日は、
2017年初の名古屋寺子屋の開催ということと、
自分自身が寺子屋初参加ということもあり、
大いに盛り上がった寺子屋でした!(^^)



テーマは「印象力」です。
第一印象は非常に大切だと思っている、という人は
80%以上いるようです。



だけど、その印象力を鍛えようとしている人は案外少ない。
セミナー、机上の勉強だけでなく、ワークがあったので非常にわかりやすかったです。

とにかく川上特別認定講師のお話はわかりやすかった!



良い印象を与えようとしているのに、
実際は与えることに至っていない、
自分をうまく表現できていない、

ワークを交えて体感することで、わかった氣がしました。(^^)
大切なのは、笑顔と言葉と動作も。

やってもらって嬉しいことは自分からも発信しよう、
やるのは今から♪(^^)/
さっそく実践です!!

懇親会も、新しい出会いと笑顔あり、笑い声あり、
とっても楽しい寺子屋でした☆(^^♪

ほめ達1級に合格しました!最高です♪

【ほめ達!の最高の認定を受けました、315!】

このほど、一般社団法人日本ほめる達人協会から1級合格の通知が来た!

1級は追試で合格した級。
簡単に受かってしまうとありがたみも少ない。
3級、2級の時よりもやはり嬉しさ倍増♪

けっこう、
『ほめ達』ってなあに?

という声を尋ねられるようになりました。

ほめ達でいう「ほめる」とは、「認める」ことです。
ただお世辞やおべんちゃらを言うのではなく、
人・もの・起きる出来事の価値を発見して伝えること。

「ほめ達」は、あらゆる人の才能や可能性を信じて伸ばす達人でもあります。
子どもから大人まで、主婦から経営者まであらゆる人の生き方に価値を発見して笑顔にします。

少し堅めでいうと、

日本は一見、平和である、戦争の無い国。
日本は物理的な戦争をしていないものの、
これはまさに「心の内戦」ともいえる状態です。
年間約3万人弱の自殺者や鬱などに苦しむ人が多くいます。

それをほめるという視点で少なくしていきたい無くしていきたい。
人を、企業を、世の中を、
生き生きと明るく元気にして行きたいというものです。

それらが日本ほめる達人協会の設立に至った思いなのです。

ただただ、ほめ達○級という肩書ではなく、
ほめ達!という生き方を選択して、
自分自身の、【人としての在り方】の柱の1つにしてしまおうという考え方です。

それに賛同して1級まで来ました。

その認定番号が『0000315』(^^♪

ほめ達、315!

「ほめ達!」検定1級合否結果は。。

【問題点あり!は勉強し直すチャンス!】

7月に受講した「ほめ達!」検定1級、
納得のいく通知がこのほど来ました。

追試です。
不合格、ではなく。

不合格というと少々ショックですが、
追試というとホッとした氣分になれますね。
不合格は最初から全部、ということになりますから。

自分の問題点は論文でした。
ある程度、頭の中での整理が必要でしたね。
普段から、ほめ達道に全うしていれば書く内容も豊富である。

ほめ達道にさらなる磨きをかける!(`´)
。。の前に、追試を提出しなくては、、^^;

ほめ達検定1級へ! in 東京

【ほめる達人になるためのまだまだスタート地点】

3級で沼津、2級で名古屋、そしてついに1級のために東京まで来た。
1級受講の方は本日10名くらい。
2級とは違う緊張感であった。
参加された皆さんのスピーチを聞くとやはり皆さん種を蒔き続けている。
1級の内容はざっくりいうと「ほめ達!」の実践報告会です。

西村貴好理事長の言葉を引用すると、ほめ達の種を蒔くとは、

『やがて、種が土の中で発芽して、地表に現れ、
太陽に向かって伸びて、
そして、花となり、実をつける。

土の中で、種がどうなっているかは分からない。

ただ、種は蒔かれたと信じて、
水をまくことはできる。

すぐに結果は出なくても、
種を蒔き続ける。

そして、
「ほめ達!」である私の実務でこの表現、
「種を蒔き続ける」という言葉を言い換えると、

「届け続ける」

ということになります。
影響を与えることができたがどうかは、
分からない。

ただ、
「届け続ける」だけ。』

蒔き続ける、
届け続ける、

ということは実践し続ける、ということです。

合否は別として、
ただただ『蒔き続ける』ことをしていきたいと思います。

合否は??
たぶん、追試だと思います^^;
思い当たる節あり。。(・_・)笑笑



ほめ達検定2級合格!認定証が届きました

【ほめる達人という生き方を意識する】

2級合格!
良かった!

難しかったため、
どうかな~、と思っていましたが、
合格しておりました。

合格する秘訣をお教えしましょう。
3級で習ったことと、
ほめ達!検定公式テキストを、
『勉強』ではなく、『実践』するのです。

体で覚えれば、忘れにくいです。
頭で覚えれば、忘れやすいです。

単なる『資格』ではなく、実践ありきの講座がほめ達検定なのです。
それを証拠に、全国のNTTでは、ほめ達を研修として取り入れました。
コミュニケーションツールとして導入されたのです。

これを聞いたときに、単純に、凄い!と思いました。

海を越えて、海外にもこの『ほめ達』が届いているようです。

日本でも海外でも、必要としている人はたくさんいる、ということです。
私もそのひとりとして、3級から学んできました。

これを習慣化していくには実践していく、
さらに学んでいく、
そして実践していく、
アウトプットしていく、

つまり、伝えていくことが自分自身に身についていく近道と考えます。

2級認定証と一緒に、認定カードと手紙が。
その手紙の最後の一文にはこんなことが書かれています。

『これからもさらに「ほめ達!」として周りを照らし、その照り返しで最も美しく輝かれますことを心よりお祈り申し上げております』

素敵な一文です。
そのような人で在りたい、と思います。

さらに学び、実践をしていきたいと誓いました。(^^)