ほめ達検定2級への挑戦! in 名古屋

【三歩進んで二歩下がる】

続けないと、身につかない。
やらないと、覚えない。

ということで、日々、続けた習慣がクセになるのです。
続けた習慣が良ければ良いクセに、
続けた習慣が悪ければ悪いクセに。

ということで、

3級ってどんなだったかな?
また復習をしたい、
また仕切り直したい、

という方のために、
日本ほめる達人協会では再受講制度がある。
素晴らしい制度である。

その、先日沼津で受講した3級を再受講し、
午後は新たに2級を受講するため名古屋に。



完璧ナメてた。
時間に、である。

少し前に着いたらいい、
と思っていたら80超満員。



最初、イスだけであったが、
のちに、一番前に特設テーブルを作っていただき、
遅れてきて、一番前に座ることが出来たという運に恵まれた♪

2級は、どうだったのか?
はっきり言って、難しい。
勉強、予習復習してこないと落ちます、これは。
3級の復習と公式問題集をやってくるべき。
『1・2・3級対応!ほめ達!検定公式テキスト』だ。

事前勉強をしてきたが、浅かったため、
不安が残る2級検定であった。

**********

自分にとって忘れないための、
【大切なキーワード】をメモ代わりに。

・「3S+1」を活用する
・「3D」を封印する
・話の聞き方の「8つのポイント」
・組織活性化の「3つのポイント」
・感情に動かされても冷静に戻って「これは何のチャンス?」
・「ほめっ放しの罪」きちんとフォローする


**********

そして、
今回は西村貴好理事長に、書籍にサインをいただいた。
達筆である。
ありがとうございました♪(^^)/



その後は恒例という懇親会に。
思い出したー。
沼津のときは用事で参加できなかったなー、そういえば。^^;

今回は参加でき、
ほめ達認定講師である、宇都小百合認定講師と
西村貴好理事長と、笑顔のスリーショットと、
お土産にほめ達ビスコをいただきました♪(^^)



ほめ達検定3級合格!認定証が到着

【ほめる達人という生き方を選択した自分】

ほめ達検定3級認定証が届いた。
立派な認定証に、認定証カードもある。



この立派な認定証に見合った自分だろうか?

いや、これはきっかけとなるもの。
と言い聞かせ、習ったことをまた読み返す。

大切なのは勉強なのではない。
勉強、学びの後の実践、行動なのだ。
行動の積み重ねが「ほめる達人」に近づいていく。

ほめ達でいう「ほめる」とはどういうことか?

目の前の人やモノ、起きる出来事の中に、価値を見つけ出し、人に伝えること。


自分の好きな言葉のひとつに、
積小為大というのがある。
あの、二宮尊徳の言葉だ。

「小さな努力の積み重ねが、やがて大きな収穫や発展に結びつく。
小事をおろそかにしていて、大事をなすことはできない。」


ということ。

習って、
認定証もらって良し!

ではなく、ほんとうに自分自身に身に付くよう、
日々、少しずつでも実践していく。

小さな事をやらないと変わっていかない。
小さな事でもやっていく。

何事も、小さな事でも続けることが大事。
ほめほめ意識していきます!

ほめ達検定3級、初体験 in 沼津

【「ほめ達」は、単なる話術とは違う】

友人から、
「ほめ達」を勉強してきたよ~、凄く良かった!!
という話を聞いてから、
氣になり氣になり、
最短で出来る日が今日4月3日だった。

ここで言う、ほめるとは単なる話術とは違うらしい、
ということを聞いてどういうことだ?
ということで、今日に至った。

浜松から沼津は同じ静岡県でも、近そうで遠い。
愛知県は、名古屋のほうが近い。
そんな沼津で開催される、ということで行ってみたが、
めちゃめちゃ大勢の参加ではないか!笑
漫画家の方もいらっしゃる。
いろんな方がこの「ほめ達」に参加されていた。



ほめる達人協会沼津支部長でもあり、
歯科医院の院長先生でもある、白壁浩之認定講師からの指導、
そして、後藤知彦認定講師の指導と、
一般社団法人日本ほめる達人協会の理事を務める、
西村貴好理事にもお越しいただき、直接のご指導、
大盛況の楽しい「ほめ達検定3級」でした。

この検定は楽しくて、
学びが深そうで、
クセになりそうです。(^^)笑
早め、最短で2級取得を目指したいと思います♪(^^)/