実践しやすい!がポイント スポーツ栄養コンディショニング1級認定講座 in 奈良



【理論の学びも大切、実践しやすい!実践したい!ことも大切】

スポーツ栄養コンディショニング1級認定講座、2日目の学び。

昨日の講習場所とは変わったこともあってか、新鮮な日を迎えることができました。

本日の午前中は人氣のある内容、「色を食べる」講座。

そして午後は、パフォーマンス上げる水分の摂り方、肉離れを早く治すにはどうしたらいいのか、など、より具体的に、エピソードをふんだんに交えて教えていただきました。

ある選手は以前はこうだったけど、学んだことを実践してみたらこのような良い結果につながった、というような話がとにかく具体的たくさんお話いただき、

健康栄養からのスポーツ栄養という知識は、本当に結果を出したい人にとっては本当に必要なんだなぁ。。ということを改めて確認が出来ました。

ワークショップも各種あり、カラダを使って学ぶことも出来ました。(^^)






そして、

吉田良子理事は、このようにおっしゃっています。

『「理論を教える」事も大切ですが、
いかに「実践しよう」と思っていただけるか、
「実践しやすい」かが、大切。

それを誰でもできるように、
講座練習会でもお伝えしています(^^)』


その通りですね。

実践しやすいな→実践しよう! 

という流れからの実践している、というのが大切なのです。



私も、

この情報を必要としている多くの方に、

まず、日常の健康栄養を知っていただく『日常編』、

そして、

健康栄養からのスポーツ栄養というスローガンの、『スポーツ栄養コンディショニング』を近い将来、お伝え出来れば、と思っています。



2日間、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

種村智子講師をはじめ、先輩の講師の方々、一緒に学んだ皆さま、そして午後からお越しいただいた吉田良子理事、どうもありがとうございました。

感謝です!(^^)


健康栄養からのスポーツ栄養 スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー1級認定講座 in 奈良

【健康を考えた栄養学があってこそ、スポーツ・アスリートの栄養を考えた学びがある】

スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー1級認定講座、

略して、スポコン1級認定講座を奈良県奈良市にて受講の1日目。

今回は8名の方が一緒に受講されました。
既にマスター認定講師の資格を取得されている3名の先輩の方々もオブザーバー参加されていました。

参加されている方々の立場、職業は多種多様で、

学生トレーナー、
作業療法士、
栄養士、
ファスティングマイスター(私です)
お子様をサポートされるママ
整骨院開業を控えてらっしゃる方

で、年齢層もいろいろでした。

運動部に所属している子を持つママさんの、お子さんに良いものを食べさせてあげたい、そしてスポーツでも良い成績、結果が出るように、母として出来ることをしていきた、応援したい、サポートしたい、していきたい、という氣持ち、思いです。

プロサッカーチームを食でサポートされている種村智子講師からは、選手に怪我も無くシーズンを戦って、個々のパフォーマンスをあげるサポートをし、結果、チームで勝ち星を増やしていただきたい、という思いです。

そういった、生の声というのが非常に貴重で新鮮な刺激をいただき、

ちょっとした楽しめる驚きのワークもあり、

講座1日目は終了しました♪(^^)








そして、


講座終了後には、お楽しみの懇親会。

このタイミングで、改めて、各々の自己紹介により、参加の皆さんの立場、お仕事を知ることが出来ました。
そして、どうしてスポーツ栄養を学ばれたのか、それぞれの立場で知ることが出来ました。

単なる知識、情報を講師から伝えるだけでなく、講師からの経験談、エピソードが満載されていること、そして、参加者それぞれの専門分野でのエピソードや知識を沢山シェアがあったことが、私にとっては素晴らしい時間、宝物となりました。





明日は2日目。

どんなエピソード、経験談が聴けるのか。

また私からも機会があれば経験談など、積極的にシェアさせていただきたいと思います。

素晴らしい奈良での1日でした。


スポーツ栄養は健康栄養が基本 ~スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー2級講座受講~

どうして今回、こちらの講座の受講に至ったのか。。

スポーツ選手、アスリートに、
運動している小中学生、高校生に、
どういった的確な食のアドバイスをしたらいいのだろう。。

スポーツをしていなくても氣軽に取り組める食の改善、
それをアドバイスしていくのはどうしたら上手に伝わるのだろう。。

そう考えたときに、スポーツの栄養学を新たに学ぶ必要が出てきた。

多くは、
自分の子どもに安心安全で、スポーツのパフォーマンスがあがるものを食べさせたい

でも、それは金額的に高い食材で作るというものではなく、

普通に売っているものを上手に選択し、

食べる意欲、つまり食欲を落とさない料理、弁当である、

そのように願う親の思い。


または、
出来るだけ長い期間、怪我をせずに、スポーツ選手、アスリートとして現役でいたい。

怪我をよくする・故障をよく起こす選手と、まったく怪我、故障の無いアスリートとはいったい何が違うのか。

知識も知りたいし、実践していきたい、

そういう方々の想いを叶えさせてあげることができるのが、今回の講座である、と確信した。



スポーツ栄養、アスリートの栄養学、ということで多くの講座、資格が存在する。

私がなぜ、一般社団法人 日本スポーツ栄養コンディショニング協会の講座を選んだのか?
スポーツ栄養コンディショニングアドバイザー2級である。

それは理事である、吉田良子氏の協会理念であったり、経歴である。

3人のサッカー少年の子育て経験で培った手間をかけずに簡単にできる栄養摂取方法は具体的かつ、多くの母親から好評を得ていることにある。私がファスティングで学んでいる分子整合医学栄養学を家庭、お子さんの弁当に取り込み、実践してきたことにある。

具体的に知ることができる、ということなのである。

そしてエビデンスのある栄養学の情報。

そして協会の姿勢、バックアップ体制などを知ることにより、こちらで学びたいと思った。

2級講座は、同協会の日常編講座より4倍もボリュームアップした、すぐに実践できる内容満載の講座でした。

ちなみに受講時間はこのようになっています。

【各コースの受講時間】

日常編…1.5時間
2級講座…6時間



特に、

運動部で頑張っているお子さんを持つ親御さん、

そしてそのお子さん本人(小学生のお子さんでもわかりやすい講座)、

現役で頑張っているアスリート(現役のJリーガー、陸上選手でも多くの受講者がいます)

には、受講をおすすめするのがまずは『日常編』です。


もちろん、

普段、何を食べるのがカラダに良いのかを知りたい方、体質改善、体調不良を改善したい方にも受講していただきたい内容ですね。


成人の方には、ファスティングの講座もおすすめしております♪(^^)


*************

【吉田良子理事 プロフィール】
スポーツ栄養アドバイザーとして15年のキャリアを持ち、2万人以上に指導育成を行う。Jリーガーや陸上の日本チャンンピオンも輩出。大阪・東京・福岡・広島等、全国各地でスポーツ栄養セミナーを展開。

関西学院大学・関西大学サッカー部、履正社高校・興国高校・大阪桐蔭高校サッカー部・太成学院大学高校陸上部・(世界選手権出場池田大介選手・東アジア2位三村有希選手)等

NRサプリメントアドバイザー・健康運動指導士

怪我で選手生命を絶たれた経験から、100%の力を出しきれる身体作りの必要性を痛感し、2度のノーベル賞受賞者ライナス・ポーリング博士等が提唱する、アメリカ最新栄養学「分子整合栄養学」を土台とした「予防栄養」からのスポーツ栄養指導でパフォーマンスアップを実現し、「一生健康」「家族で健康」を目指す。

又、3人のサッカー少年の子育て経験で培った手間をかけずに簡単にできる栄養摂取方法は多くの母親から好評を得る。

************