全粉乳と脱脂粉乳の違い

全粉乳とは、生乳を乾燥し粉末にした乳製品。

脂肪分を抜いて乾燥させた脱脂粉乳より脂質の酸化による劣化が早いため長期保存には向かない。脱脂粉乳より風味が残っている。カフェオレ、ミルクティなどの缶飲料の原料として使用されることが多い。


それに対して脱脂粉乳とは、生乳から脂肪分を抜いて乾燥、粉末にしたもの。

スキムミルクともいうが、英語の「スキムミルク」は脱脂乳のことで、液状のものもある。脱脂粉乳を水で溶いて牛乳の代わりに飲用することもあるが、加工乳製品の風味付けや加工食品の材料として使われる。



牛乳由来のタンパク質はその約80%がカゼイン。

脱脂粉乳にも全粉乳にも含まれる。

ヨーグルトにも含まれている。



●なぜ、ミルクコーヒーに全粉乳や脱脂粉乳を使うのか?

自分でミルク・コーヒーを作れば、コーヒーに牛乳を入れれば済むことだが、それでは保存が効く製品は作れないので、カゼインや全粉乳や脱脂粉乳など牛乳由来の工業製品を組み合わせて、たぶんそれをコーヒー液と混ぜ合わせて安定させ、特に脂肪分が表面に浮いてきたり、蛋白質が固まって粒になるのを防ぐのに、乳化剤を使う。



下は、「ワンダ ワンダ エクストラショット 糖類ZERO」

脱脂粉乳、全粉乳のほか、甘味料、乳化剤等々、いろいろ入っています。
糖類ZEROの響きに、ヘルシー♪とは思わないで、下さいね。^^;

チーズやヨーグルトを推奨しない理由

私は発酵した食品は健康のため良いとすすめていますが、がんの患者さんにはチーズやヨーグルトは止めるように言っています。その理由は、カゼインタンパク質の量に問題があるからです。

カゼインタンパク質は接着剤に使われる糊様物質の、にかわと同じ類のタンパク質です。これが人間の体に入ると炎症を促進することが判明しています。

牛乳のタンパク質はほとんどがこのカゼインタンパク質です。

チーズ、ヨーグルトが良くないのは、このカゼインタンパク質の濃度が濃いからです。

チーズは寝かせれば寝かせるほど、カゼインタンパク質が倍々に増える食品です。つまりよく寝かせた質の良いと言われるチーズほどカゼインは増え、にかわ様物質は増えるので良くないのです。ヨーグルトも牛乳よりカゼインがはるかに多いため良くありません。

問題はまだあります。それはカゼインタンパク質がIGF-1というファクターを保持していることです。このIGF-1というホルモン様成長因子は成長ホルモンを無尽蔵に繁殖させる物質です。成長ホルモンは少しだけ出る分はまったく問題ありませんが、無尽蔵に排出すると発がんにつながります。

この発がん性は、全米の医学界、栄養学界、製造業界を震撼とさせたベストセラー『チャイナ・スタディ』(邦訳名・『葬られた「第二のマクガバン報告」』)の著者、T・コリン・キャンベル博士の実験でも証明されています。

ネズミを使った博士の実験はこうです。

まず多くのネズミにアフラトキシンという発がん物質を与え、がんを作っておきます。そのネズミに2通りの餌を与えます。

一方は発がん物質のアフラトキシンがたっぷりで、カゼインタンパク質は極めて少ないエサの群れです。

もう一方の群れにはアフラトキシンを少なくし、カゼインタンパク質が20%と多いエサを与えたのです。その結果、発がん物質のアフラトキシンたっぷり、カゼインタンパク質少なめの群れのがん転移は超微量で、カゼインタンパク質が20%と多い群れは、非常にがんが転移したのです。

こうした実験の結果、カゼインタンパク質は、ガンの促進物質であることがわかったのです。私がチーズやヨーグルトをがんの患者さんから遠ざけるのはこうした理由からなのです。



(出典:断食でがんは治る 鶴見隆史著)

アフラトキシンとは、カビ毒の一種で関連物質の総称です。1960年にイギリスで七面鳥が大量死した際の分析中に発見された人に対する急性中毒の例としては、1974年にインドで肝炎のために106名が死亡した事件やケニアでの急性中毒事件などがあるとのこと(Wikipedia参照)。

主に肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られているとのことなので、もともとが発がん物質ということですね。アフラトキシンは、わずか0.1gという微量でも、肝癌を起こす危険性があると指摘されています。

なぜ「牛乳」は体に悪いのか?

牛乳撲滅は311以前からの私のテーマです。

放射性物質が濃縮するのもありますが、放射能一切、関係なく、牛乳自体が発がん性物質なんです。長年に渡るアメリカ・ヨーロッパの牧畜産業による洗脳事例のひとつです。牛乳の中の、特に「カゼイン」という物質。その他、普通の乳牛に与えられるホルモン類、抗生物質も発がん性物質になります。

ちょっと立ち止まって考えてみてください。

なんで乳牛は妊娠もしてないのに1年中、牛乳を作っていられるのか!?
その様に各種薬剤で生体操作されているという事です。
ここに思い至った時の恐怖!

そして、牛乳を摂れば摂るほど、骨の中の、歯のカルシウムは、体外に排出されます。

何故か?

カルシウムの効率的吸収の為には、リンとカルシウムの比率が重要なんです。カルシウムとリンのバランスが大事なのに、世界中の牛乳はそれらの調整をしていません。すると、逆に、身体はカルシウムを分解し、排出してしまいます。

これは昔、ハムスターを飼っている時に、ミルワームという、乾いたミミズちゃんのちっちゃいのみたいな虫の幼虫が、とても良質な蛋白源なので、与えるとハムちゃんも喜んで、野生の本能も目覚めて、いいんですが、このミルワーム、そのリン・カルシウム比率が悪く、ちゃんとミルワーム自体の餌にも気を付けて、カルシウム剤と、リンを配合して、いい状態にしてやらないと、食べたハムちゃんが、カルシウム不足になっちゃうんですよね。

人間も同じで、例えば酪農王国デンマークでは、牛乳の摂取量、日本の5倍ですが、骨粗鬆症も5倍強。
これは事実です。

基本的に、牛乳、私も昔、大好きで、30代最後の頃まで、多い時は2Lパック5分ぐらいで一気でした。でも、ある時、なにか違和感を覚え、調べて調べて、いい事、ほっとんどない事に気付きました。

これは、牛乳含め、チーズ、動物性ヨーグルト一般に言える事です。
これらのいい所は、ウマイ! コクがある。という点で、だからこそ、嗜好品として、程々少々に口に入れるなら、そんなに問題はないんです。

※ここポイントですが、今の日本(牛乳業界は次は東南アジアにフォーカスを絞ってキャンペーンを大展開中で危険なんですが)の様に、ありとあらゆる種類の牛乳がスーパーの多くの飲料売り場を占拠するのは、明らかに異常です。

美味しいし少量使う分にはいいですが、毎日、牛乳をいっぱい飲むというのは、これを習慣的に摂取し続けて健康的なわけがありません。

推進派の拠り所は、やはり「カルシウム」ですが、そんなもの、小松菜の1/25程度のもの。ひじき、海藻、他にもいくらでも、カルシウムなど摂れます。

参考になる書物を幾つか
乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
http://www.amazon.co.jp/…/pro…/4770502001/ref=dp_proddesc_0…

これも
なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C…/…/ref=pd_sim_b_5

で、今はこの危なさ+放射能なので、もう止めてしまえと言う事で書きました。
あ、追記。牛は草食ですが、概ね、大豆かコーンのクズみたいのを餌にされて生育します。その餌はほとんどが遺伝子組み換えです。その面でも危険です。


(江崎正孝氏のfacebookより引用)


ファスティングマイスターが伝えたい牛乳の弊害

日本綜合医学会永世会長の沼田勇博士は別の視点から牛乳と骨の関係について説明しています。
牛乳はビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。従って牛乳は骨を弱めるのです。」

実際、世界一牛乳を飲んでいるノルウェーの骨折率は日本の5倍といわれています。


国際自然医学会会長、森下敬一博士は、「牛乳は腸(血)を汚しガンをつくる」といっています。


現代の栄養学者では山田豊文氏が著書「老けない体は骨で決まる」の中で、牛乳の弊害について説いています。


rBGHミルクの危険性に関する科学的検証は、
『あなたの飲んでいるミルクには何が入っている?』
という2006年に刊行されたエプスタイン博士の本に詳しく記述されています。

下記に抜粋して紹介します。

ミルクの20%は遺伝子組み換えである。

専門用語ではrBGHと言い、小文字のrは、recombinant=組み換え体、 BGHは、牛成長ホルモンである。(略)

(ミルクには)IGF-1(インスリン様成長因子1)という天然成長因子が極めて高いレベルで含まれている。
これは天然の成長因子であり、正常な成長を司る因子ではあるが、rBGHミルクを飲むと、この成長因子が異常に高いレベルになってしまう。

このミルクを飲む と、IGF-1は消化作用を生き残り、小腸から血液へと簡単に吸収される。
IGF-1のレベルが増加すると、乳癌の危険性が増す。

我々は、これを示す20件の発表を行っている。

また、10件の発表で結腸癌、別の10件の発表で前立腺癌の危険性が増すことを示している。

更に問題がある。

IGF-1の増加は、 早期の癌に対抗する自然の体の防衛メカニズム(アポトーシス)を阻害するのである。


結局のところ、こんなに体に悪い牛乳を「体に良いもの」として捏造し売り込むのは、売り込む理由があるからです。それは単純に言えば利権ですが、もう少し詳しく言うと第二次大戦後にアメリカの食利権、牛乳利権が日本をターゲットにした結果であることを知らねばならないのです。

母子手帳の発祥にもこの裏が絡んでますので、興味のある方は調べてみてください。

(医者とおかんの社会毒研究より抜粋)


牛乳は嗜好品です。

それでもあなたは牛乳を飲みますか?

日本人はいつから牛乳を飲むようになったのか?



日本に牛乳が伝わったのは奈良時代。仏教とともに朝鮮から伝わったと言われています。

日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代からですが、まだその頃は一般的な食品では無かったようです。

国民に本格的に広がったのは太平洋戦争が終わってからです。

占領軍であるアメリカの施策で昭和22年から全国の学校、幼稚園で給食に導入されたのが始まりです。



日本人については乳を分解する酵素であるラクターゼは乳児期にしか体内に存在せず、成人するにつれどんどん不足するようになります。牛乳はカルシウムが豊富といわれますが、成人の場合には分解酵素のラクターゼの欠乏により、ほとんどが吸収されることなくカルシウムは排泄されます。

また、カルシウム単体では吸収されません。マグネシウムがあって初めて体内に吸収されていきます。
体内が酸性に傾くことにより脱灰を引き起こし、もともとあった体内のカルシウムが動員され、逆にカルシウム不足に陥ることがわかっています。それによって、骨粗しょう症の原因にもなっていきます。

骨を作るための牛乳だと思って飲んでいる人はまだまだ大勢いますね。

ヨーグルトやチーズなどの乳製品の場合は、製造時に微生物の働きにより、乳糖の一部が分解されているので、問題は起こりにくいようですが、全体に日本人には、牛乳を飲むとお腹を壊すという人が多いのです。

しかし、歴史的に乳製品との付き合いが長い民族の場合は、ラクターゼの分泌も十分であり、貴重な栄養源でもあるのですから、、善し悪しではなく摂取する側の体質の問題と言うべきです。ですから、この件に関しては、日本人の体に合わないというだけであって、牛乳を主食としてきた民族にとっては悪いものではないと思っています。


問題のひとつは、今日私達の食卓に供給される牛乳の製造過程です。


まず、野菜が農薬まみれであるのと同じく、乳牛も乳がたくさん出るように、病氣にならないように、ということでホルモン剤や抗生物質などの大量投与が現状です。当然そのような乳牛からは本来の良質な牛乳が採れることはないと思います。

また、牛乳・乳製品を多く摂取するほど乳がんのリスクが高くなることが40カ国の調査で明らかにされています。
牛乳、乳製品の摂取量が増えるに従って乳がんのリスクは高くなります。
男性の場合は前立腺がんのリスクが高まります。



アメリカ環境保険庁の報告が明らかにしているもうひとつの問題点はダイオキシン汚染です。


食物連鎖によって生物濃縮が起こり、そのほとんどが肉、牛乳、乳製品に含まれていると警告しています。
ダイオキシンはガンを発生するほか、免疫系に悪影響を及ぼし、様々な障害を起こします。

牛乳・乳製品の摂取量が増えるとコレステロール値が上昇し、動脈硬化が進むことが明らかにされています。
その結果、心疾患、脳卒中の発症率が上昇します。

また、日本人女性のガンの死亡原因のトップは大腸ガンですが、30~40年前にはほとんど見られなかったことを考えると、食の欧米化が大腸の疾患までもを誘引したことは想像に難くありません。

また、牛乳は食物アレルギーの原因になることがもっとも多い食品の1つで、幼児アレルギーの共通原因となっています。
その結果、引き起こされる疾患は湿疹、喘息、偏頭痛などがあります。

カルシウムを有効に摂取できる食物は昆布、ひじき、わかめ、煮干し、切り干し大根などで日本人が伝統的に食べてきたものです。日本人の健康維持にもっとも適した食文化を日本人みずからが捨て去っていることは憂慮すべきことです。

医療現場でも牛乳の害に言及するケースが増えてきたと聞いています。

私たちは家族を守るためにしっかりとした選択眼を持つ必要があります。

飲みたい方は、良質なものを適度に飲むようにしましょう。


参考:ジャパンローカルフード協会
参考:医学統合研究会


牛乳は本当に「健康によい」のか?(下)

生理学博士 久間英一郎

前回の内容を要約すると、「牛乳は、子牛が成牛になるための完全食品であり、これを人が摂取すると、乳糖分解酵素がないためにカルシウムが吸収でき なかったり、カルシウムが逆に流出されたりする。さらには他の生活習慣病の原因になったりするので飲み過ぎは要注意である」。という内容でした。

その後、読者の皆様から予想以上の反響をいただき、改めて、「牛乳信仰」の根深さを思い知った所です。

さて、読者の皆様の主要な関心は、「では、牛乳に代わるカルシウム源は何なのか?」ということだと思いますが、これについて宮崎大学教授・島田 彰 夫医学博士は、「カルシウムは、牛乳からではなく緑黄色野菜、大豆製品、小魚、海草などから摂る方がいい。」と、その著書の中でいっています。

別表1は、厚生省「第五次改訂日本人の栄養所要量」よりカルシウムを多く含む食品をリストアップしたものです。読者の皆様も別表を参考にしてお好み の献立を研究してみてはいかがでしょうか。私のお勧め献立は、五分づきのご飯に納豆と焼きのり。味噌汁は煮干のダシに豆腐、野菜、きのこの具。惣菜は小松 菜か春菊のゴマ和えと、ひじきか切干大根、または凍り豆腐の煮物と、丸干いわし一匹。納豆か味噌汁に干しさくらえびを少し加え、料理の甘味を黒砂糖でつれ けば万全です。

この献立は何を隠そう『伝統的な日本食』そのものなのです。この『伝統的日本食』の良い点は、良質なカルシウムの補給はもとより、肉、卵、牛乳の欧 米食に比べて脂肪の質が圧倒的に良い(コレステロールを下げる働きのある不飽和脂肪酸が多い)こと。そして、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含む素晴 らしい食品であることです。今では欧米人の方が日本人より、むしろ、『日本食を評価している』位ですから、我々日本人もしっかりと伝統的日本食に帰ること が何よりも必要です。日本人はもともと穀菜食動物なのですから。

(引用元:http://www.ps-corp.co.jp/column/health/n016.html)



牛乳は本当に「健康によい」のか?(上)

ホノルル大学客員教授 久間 英一郎

中高年の方の食養相談に乗っていて、「牛乳」に対する錯覚(牛乳は、飲めば飲むほど健康によい)がひどく、これは健康上、憂々しきことですので今回はこの問題について書きます。

この錯覚はどこから来たのか。戦後のアメリカの占領政策(日本にパン食を定着させてアメリカの小麦を売りたい)に端を発しています。パン食に味噌汁は合いませんので必然的にパンには牛乳ということになります。また、「牛乳は完全食品だから健康によい」と学校給食に取り入れられたり、保健所・医師がこぞって勧めるに到ってからは、日本人は、「牛乳=カルシウム(完全食品)=骨(健康)」という公式がマインドコントロールされてしまったのです。

結論からいってこれは正しくない。宮崎大学教授、島田彰夫氏はいう。「牛乳は栄養価の高い?完全食品?とよくいわれますが、それは間違いですね。子牛にとっては完全食品でも、離乳期を過ぎた大人の日本人には一切の乳製品は不要です。」

確かに、牛乳は子牛(生まれた時約50kg)がわずか2~3年で成牛(400~1000kg)になるのに必要な完全栄養食品です。この牛にとって完全食品を人が摂るとどうなるか。一言でいうと、「早熟」と「早老」をもたらす。体は早く大きくなるが様々な病気にかかりやすくなるのです。

具体的にいうと、牛乳に含まれる乳糖は、ラクターゼという分解酵素によって分解されるのですが、このラクターゼが日本人を含むアジア人、アフリカ人などの場合、離乳期以降は分泌されなくなるのです。「分解酵素がないのに牛乳を飲み続けるとどうなるか。乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまうというデータがすでに1960年代に報告されています。」(島田教授)

つまり、骨を強くしようとして飲んだ牛乳が逆効果になるというのです。これには牛乳に多く含まれているリン(母乳の6倍)が深くかかわっているといいます。リンは食品の酸性度を示す指標になっているくらいですから、アルカリの指標となっているカルシウムを奪い骨を弱めることは容易に理解できるところです。

日本綜合医学会永世会長の沼田勇博士は別の視点から牛乳と骨の関係について説明します。「牛乳はビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。従って牛乳は骨を弱めるのです。」実際、世界一牛乳を飲んでいるノルウェーの骨折率は日本の5倍といわれています。

次に牛乳に含まれる脂肪の質が問題です。牛乳の脂肪は、ほとんどが飽和脂肪酸(コレステロールを増やす)であり、これが動脈硬化、心臓病、脳卒中等の原因になりやすくなります。他にも牛乳は、白内障、糖尿病、鉄欠乏性貧血、視力低下、虫歯(歯並び)、自閉症などと深い関係があることが発表されています。国際自然医学会会長、森下敬一博士は、「牛乳は腸(血)を汚しガンをつくる」といっています。

(引用元:http://www.ps-corp.co.jp/column/health/n015.html)



仔牛には必要な牛乳

まず、忘れてならないのは、

牛乳は牛の赤ちゃんが離乳期までの間、飲むものであることです。





全ての哺乳動物の中で他の動物の乳を飲むのはヒトだけです。

加えて離乳期を過ぎても飲み続けているのもヒトだけです。






乳は、“白い血液”と呼ばれ、ヒトとヒトの間でも型が合わない輸血は死を招く位ですから、経口といえども他動物の血を体内に入れるとどうなるかは想像に難くないでしょう。

さらに、牛は誕生時にすでに50~60㎏の体重を持ち、これが二年足らずで1000㎏(約20倍)にもなるのですから、牛乳にはそれだけのエネルギーが存在していることになります。

ヒトは、せいぜい3㎏が10㎏(約3倍)になる程度ですから、牛乳はヒトには濃過ぎる、即ち、“成長促進剤”としての意味を持ちます。

成長促進剤は、裏を返せば、“老化促進剤”にもつながります。

さらに加えて牛の体温は、38~39℃とヒトより数度高いため乳脂肪の融点も高く、その分、牛より低いヒトの体内では乳脂肪が固まり易くなるのです。



母乳を赤ちゃんの体に注射しても死なないが、牛乳だと死んでしまう、

人間の母乳を子牛に注射すると子牛は死んでしまう、

仔牛にとっては完全食品であってもヒトにとっては異種タンパクで、体内では毒になるということも言えます。



牛と人との体温の違いにより、それが人間の体内に入ると、

心臓の冠状動脈で固まると「心筋梗塞」、

脳の血管で固まると「脳梗塞・脳卒中」、


というようにリスクが高まるのです。


もちろん、これらの病気の前に動脈硬化が存在するのは言う までもありません。


牛乳とカルシウムの関係

まず、

牛乳に含まれるカルシウムは仔牛向けなので、分子が大きく人間には吸収しにくい。


そして、

牛乳にはリンがたくさん含まれるため、骨のカルシウムは溶け出し、それまで体内にあった同量のカルシウムと結びついて、リン酸カルシウムとなって体外に排泄される。

→牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが減少していく。

→アメリカで骨粗鬆症が多いのは牛乳の摂り過ぎからだと考えられる。

また、牛乳の飲み過ぎによりカルシウムが奪われ虫歯になり易くなる。


骨量測定機器で調べると、牛乳をたくさん飲む人ほど、骨量が少ないことが証明されている。



蛋白質カゼインがアレルギー原因

牛乳の蛋白は胃腸に非常に負担をかける。

その上、消化管でスムーズに処理されず、いろいろな毒素をだし、血液を汚していく。


特に、牛乳のタンパク質である、蛋白質カゼインは、

非常に粒子が小さいので、

腸の機能が弱っている時には、

体内でアミノ酸に分解される前に腸壁を素通りして、血液の中に入っていく。


そしてこの蛋白質カゼインはカルシウムと結合しているため、

カラダに備わっている免疫システムは「異質の蛋白質」、

すなわち「異物」の侵入とみなして排除にかかる。

それが、『アレルギー反応』である。

(日本でアレルギー疾患、小児喘息、慢性湿疹が増えている原因として「除草剤の影響」と「牛乳の摂り過ぎ」が考えられる。)



事実、ホプキンス大学 小児科部長フランク・オスキー博士は、

「カゼイン(牛乳タンパク)は全米の50%以上の子供たちが苦しんでいる激しいアレルギーの主因」

と述べ、


アインシュタイン医科大学・新谷弘実教授も、

「アレルギーの第一の原因は、1960年代初めに始められた学校給食の牛乳にあると考えています。」

と述べている。