豆乳の害・危険性

健康のためにと豆乳を飲んだり、豆腐ハンバーグなどを食べる方も多いかと思いますが、
実はそれ、全くヘルシーではないという事をご存じでしょうか。


私自身もここ1~2年前まで、豆乳はヘルシーだと思っていたので、ソイラテなどをよく飲んでいましたし、
昔働いていた、ヴィーガン(完全菜食主義)のカフェでも、ソイミート(大豆を加工して肉に似せたもの)を使ったり、
ミルクや卵の代わりに豆乳を多用しておりました。
(現在の私は様々な理由からベジタリアンは健康的ではないと考えています)



大豆の有害な特徴

大豆は他のどの食べ物よりも植物エストロゲンが高いです。エストロゲンとは女性ホルモンのことですが、この植物エストロゲンは女性ホルモンと似た働きをするので、体の繊細なホルモンバランスが崩れ、
男性の場合、テストステロン(男性ホルモンの一種)の不均衡、不妊症、精子の質や数の減少、癌のリスクの増加などの可能性があります。
女性の場合、乳癌、子宮内膜症、子宮筋腫、不妊症、性欲減退などの主な原因である、エストロゲン優勢やunopposed estrogen(適切な訳が分からない)を引き起こす可能性があります。

この植物エストロゲンはとても強く、乳児用の豆乳粉ミルクの推奨量は、
赤ちゃんが4錠の経口避妊ピルを飲むのと同等のホルモン量です。

大豆はフィチン酸の値が非常に高いです。フィチン酸とは、身体の消化器官が亜鉛、カルシウム、銅、鉄などを含む重要なミネラルを吸収するのを妨げる阻害物質です。フィチン酸は全ての穀物、種子、ナッツ、豆類に含まれるため、一晩浸水して中和しなければならないのですが、大豆の場合、フィチン酸のレベルが非常に高いので、この方法で中和させるのはほぼ不可能で、人間が消化するためには、必ず発酵する必要があります。(味噌、テンペ、納豆、たまり醤油など)

大豆中の甲状腺腫誘発物質は、内分泌かく乱と甲状腺疾患につながります。ブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の野菜には、同様にこの性質を持っていますが、調理することで大幅に減少します。しかし、大豆由来の食品からは調理したとしても取り除けません。乳児用の豆乳粉ミルクは、自己免疫性甲状腺疾患のはるかに高いリスクがあります。

大豆はトリプシン阻害物質が豊富です。トリプシンとは膵液に含まれる、私達がタンパク質を適切に消化するために必要な消化酵素です。このトリプシンが十分になければ、胃けいれん、下痢、出血など、多くの消化器系の問題が起こる危険性があります。また、将来的に膵臓の問題を引き起こす可能性もあります。

大豆食品の消費は、ビタミンD、ビタミンB-12、カルシウム、マグネシウムの身体への必要性を増加させる。

大豆はよく、セリアックやグルテン不耐症の人のための代替食品として推進されているが、大豆のレクチンは腸に有害であり、グルテンを取り除いても、このレクチンによって治癒を防いでしまいます。


大豆タンパクと豆乳の危険性

大豆レクチンとフィチン酸のほか、すべての豆のように、大豆はアミノ酸のメチオニンやシスチンを欠いています。

また、ベジタリアンの食事のために、ビタミンB-12が取れると宣伝されていますが、大豆のビタミンB-12は体が使う事が出来ませんし、実際は体がさらにB-12を必要とする原因なのです。

さらに、上記のようなフィチン酸や酵素阻害物質、甲状腺腫誘発物質などの問題があります。

これらのことから、大豆は完全なタンパク質源ではないと言えます。


大豆の食べ方

発酵した大豆食品であっても、少量で大きな作用があります。味噌、テンペ、納豆の栄養素は、典型的なアジアの食事のように、ほどほどの分量ならば有益ですが、量が過ぎると有害になりうるでしょう。

発酵大豆を少量摂取すれば、体内の生態系を築くのに役立ち、消化管に友好的で豊かな微生物相を提供し、消化、栄養の吸収、免疫強化に役立つと考えられます。

このことから、大豆を食べたい方は伝統的な製法で作られた、国産で出来れば無農薬の、味噌、テンペ、納豆、たまり醤油だけにし、豆腐は、魚などのタンパク源に加え、海藻や昆布などを食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うなら、食べても大丈夫だと思われます。

しかし、子ども(男児も女児も)に発酵していない大豆製品を与える事は個人的には、あまりお薦めできませんし、与える場合、注意してほしいです。
発達途中の体に疑似ホルモンが作用することで、子どもの生殖器などに有害な影響を与える可能性があるからです。
妊娠中も胎児への影響が心配されるので避けてくださいね。(ソース)

また、豆乳やイソフラボンのサプリメントなどは避けましょうね。


(参考)
Dangers of Soy | Food Renegade
Is Soy Healthy or Not? | Wellness Mama
Soy Alert! – Weston A Price
人間が食べる大豆は発酵したものに限る


(出典:http://d.hatena.ne.jp/naturalgirl/20140222/p2



↓↓遺伝子組み換えを使っていないアピールは良いのですが、砂糖をはじめ、添加物がいろいろ入ってますね。(^_^;)↓↓



人間が食べる大豆は発酵したものに限る

以前、4、5年前、パリで<新しい意識のフォーラム>に参加した事がありました。
三日ほど毎日、講演やワークショップなどがあり、私も茶道と温熱療法(イトーテルミー)を紹介しました。

その時、食べ物の講演会で大豆の本当の栄養価と害について情報をもらいました。
「アメリカでは乳製品が体に悪いから子供達に豆乳を食べさせようという母親たちの運動があるが、これは間違いで、大豆は発酵したものしか人間には消化しない」ということでした。

これと同じ意見を最近、ネットで拝見しましたので、シェアします。

以下のような理由により、私は、豆腐に黒オリーブのペーストと塩か塩麹を混ぜ、発酵させてから食べています。なかなか美味しいです。


************

*こちらは転載禁止サイトなので、記事をまとめのような形にしました。
詳しい情報をお知りになりたい方は、こちらをご覧下さい。
http://ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000011.html


^^^^^バーバラ・L・ミントン(市民ジャーナリスト)さんの記事より


大豆に関する文献は紀元前3000年にさかのぼる。
中国の皇帝が、土壌を蘇生し、収穫量を改善する方法として大豆を植える効能を示している。
皇帝は、豆ではなく、根の効果を称賛したのである。
この古典を見ると、人間が自然のままの大豆を食べることは適切でないことを中国人は知っていたこ とがわかる。
そして、5000年後の今、我々は大豆の反栄養的な性質を再認識しつつある。食べるに値する大豆は、発酵したものだけである。


①大豆の栄養分を発散させる秘密は数千年前から知られていた

紀元前1000年頃の中国で、ある賢明な人が、ある菌を大豆で繁殖させると、大豆に存在する毒素が破壊され、大豆の中の栄養分が身体に摂取可能な状態になることを発見した。この加工が「発酵」として知られるようになり、今でも人気のある食品、テンペ、味噌、納豆の発明をもたらした。

2~3世紀後になると、より簡単な加工で大豆を食用化できるようになった。長時間水に浸して加熱し、ニガリ(海水の成分)を加える方法である。これが豆腐だ。明王朝の頃の薬物学では、発酵大豆は、栄養的に重要な食べ物とされ、病気の治療にも効果があるとされている。



②発酵していない大豆には、強い反栄養素がある

これらの反栄養素は、もともと大豆が、生き残り、繁殖できるように自衛するためのものである。これは植物にとっての免疫システムであり、太陽放射線から守り、バクテリア、ウイルス、真菌の侵入から守る働きがある。大豆を食べようとする動物の食欲を削ぐわけである。どんな植物も多少の反栄養素をもっているが、大豆には特に多い。発酵や浸漬といった手間をかけて除去しなくとも食べることはできるが、その場合、大豆は人間が食べることのできる最悪の食品に なる。

未発酵の大豆は、消化機能の衰弱、免疫システムの故障、PMS(多発性筋炎)、子宮内膜症、男女双方の生殖障害、アレルギー、注意欠陥・多動症、心臓病、ガン、栄養失調、性欲減退の原因となる。



③大豆にはフィチン酸塩が高水準に含まれる

発展途上国に住んでいる人々が先進国よりも身長が低いのは、豆類を多く食べることに起因する亜鉛不足が原因と考えられている。ま た、フィチン酸塩の多い食事は、知的発達にマイナスの影響があるという証拠もある。

多くの豆類は、水に浸すだけで、大半のフィチン酸塩を破壊できる。
大豆の場合、発酵の過程で生じる酵素の働きにより、摂食に適したレベルにフィチン酸塩を減らす必要がある。
味噌やテンペといった発酵大豆食品が理想的な食品である理由。
失われる栄養素を補充するよう注意しながらであれば、豆腐も良い選択である。

全大豆、豆乳、大豆チップ、大豆タンパク質アイソレート(分離物)、大豆粉、その他の加工された大豆から製造される様々な製品(健康食品として宣伝されている)には、高いレベルのフィチン酸塩が含まれており、食べる価値がない。



④未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量にある

ものを食べると、アミラーゼ・リパーゼやプロテアーゼのような消化酵素が消化管に分泌され、食べ物を分解し、身体に同化・吸収できるように栄養素を解き放つ。未発酵大豆に多く含まれる酵素阻害物質は、この消化作用を妨害し、大豆の炭水化物とタンパク質が完全に消化できないようにする。酵素阻害物質のために食べ物が完全に消化されないと、代わりに大腸のバクテリアが仕事することになり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがある。もともと消化酵素 が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむ可能性が高い。



⑤大豆は甲状腺ホルモンの生成を妨害する

大豆には、ゴイトロゲンが豊富である。この物質は、甲状腺腫を形成するだけでなく、甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありうる。甲状腺機能の低下が、アメリカの女性(特に中年)を悩ませている。甲状腺ホルモンは、細胞の燃焼炉(ミトコンドリア)に火を付ける。従って、甲状腺ホルモンの生成が少ないと、体温とエネルギー・レベルが低くなる。この甲状腺機能の低下こそが、お年寄りの一つ一つの動作が大仕事のようにゆっくりしている理由である。甲状腺 機能の低下は、心臓の活動が減退していることを意味し、細胞への酸素供給の不足(ガンの主因)をもたらす。

大豆イソフラボンが身体のエネルギーを減退させるもう一つの理由は、チロシン・キナーゼ(分子から分子へのエネルギー輸送に関与する酵素)を妨害することである。この酵素は、細胞分裂、記憶の固定、組織修復、血管の維持・再生を司っている。



⑥ゲニステインの効果は高い代償を伴う

ゲニステインの多い食事を日常的にとると、健康な血管が飢餓状態になり、細胞に送られる酸素が減り、癌を促進する状態になる。

大豆タンパク質アイソレートのようなイソフラボンの多い食品を食べると、脳の老化が進行す ることが考えられる。



⑦発酵は栄養分を発散させ、大豆を栄養価の高い食物に変身させる

発酵した大豆食品であっても、少量で大きな作用がある。味噌、テンペ、納豆の栄養素は、典型的なアジアの食事のように、ほどほどの分量ならば有益だが、量が過ぎると有害になりうる。中国と日本では、およそ30gの発酵大豆を毎日食べている。

発酵大豆を少量摂取すれば、体内の生態系を築くのに役立ち、消化管に友好的で豊かな微生物相を提供し、ひいては消化、栄養の吸収、免疫強化に役立つ。



ジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は味噌、テンペ、納豆だけに限定するよう勧めている。豆腐は、魚などのタンパク源、および海藻や昆布などを食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うならば、食べても大丈夫だ。こうした食品は、少量を食べるで、ゲニステインの(悪影響を回避しつつ)癌予防効果を引き出すことができるだろう。リー博士は、ゲニステインとイソフラボンのサプリメント、大豆タンパ ク質アイソレートは避けるように勧めている。

(参考文献)

Dr. John Lee, What Your Doctor May Not Tell You About Breast Cancer, Warner Books.

How Fermenting Takes the Allergy Out of Soy and Other Foods, bodyecology.com.

(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)



原文の紹介・関連情報

原文 Fermented Soy is Only Soy Food Fit for Human Consumption

NaturalNews.com

「反大豆」運動のSoy Online (ニュージーランド)



(右サイトより抜粋:http://solesoleil.exblog.jp/20404974/)



大豆は勉強すればするほど、発酵食品に限る、っていう感じになりますね!(ーー;)



「大豆イソフラボン」の過剰摂取に警鐘

摂取量に上限値が設定された背景には、サプリメントなどにより大豆イソフラボンのみを過剰に摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まることも報告されていることがあります。

(中略)例えば閉経前の女性の場合、過剰に大豆イソフラボンを摂取すると血中ホルモン値が変動したり、月経周期が延長することなどが知られています。

また閉経前の日本人女性に、日常の食生活(大豆イソフラボン29.5mg/日)に加えて豆乳を1日当たり約400mL(同75.7mg)飲んでもらったところ、エストロゲンの一種「エストラジオール」の血清中の濃度が約33.3%低下し、月経周期が11.7%延長したという報告があります。

大豆イソフラボンの過剰摂取が、ヒトの胎児や新生児に及ぼす影響は明確には分かっていませんが、動物を使った実験では、卵巣や精巣といった生殖器官に対して有害作用が報告されています。そのため食品安全委員会では、妊婦や乳幼児、小児などが、特定保健用食品として普段の食事に追加して大豆イソフラボンを摂取することを推奨していません。

(中略)食品安全委員会では、大豆イソフラボン錠剤150mg/日はヒトにおける健康被害発現量と考え、その半分の75mgを「臨床研究に基づく現時点におけるヒトの安全な上限摂取目安量」としました。

また特定保健用食品として、通常の食事に加え、1日当たり27.1mg、または57.3mgの大豆イソフラボンを摂取してもらったところ、27.1mgでは血清中のエストラジオールが有意に上昇しましたが、摂取量が57.3mgになると逆に有意に低下することが分かりました。

このことから食品安全委員会は、大豆イソフラボンの摂取量として、1日当たり57.3mgを日常の食生活における上乗せ摂取による最低影響量とみなし、およそその半量の30mgを特定保健用食品としての大豆イソフラボンの1日上乗せ摂取量と決めました。


(右サイトより抜粋:http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2620.html?sp


PMSのタイプを見ないで「豆乳いいよっ」というのは危険かも

なんだか少し謎がとけてきた。

PMSや生理不順などで「豆乳がいいですよー」という声がよく聞かれるが、自分には合わなかった。それはたぶん、エストロゲンがすでに足りているところに、エストロゲンそっくりさんのイソフラボンが投入され、エストロゲン多すぎ状態になったのだろうと思う。

1つ前のポスト「PMSのタイプにはいろいろある」でまとめたように、PMSのタイプにはいろいろあり、もし私が高エストロゲン+低プロゲステロンという状態だとしたら、すべきことはエストロゲンを下げ、プロゲステロンをあげること、だ。

そう思うと、「ホルモンバランスが乱れているから豆乳のむ」というのは、問題の本質を見ていない対応ということになる。ちなみに、私が実際自分の体で実験したときには、豆乳を飲むと生理周期がものすごくずれ、さらに排卵日には起き上がれないほどの吐き気に襲われ、そのあとのPMSもひどかった。

そう思って調べてみると、こんなのをみつけた。

PMSは普通ならプロゲステロンの高くなる黄体期に発生する場合が多いため、プロゲステロンが引き金になると説明されていたりしますが、これは単純な相関関係と因果関係の区別を知らない人が言うたわごとです。しかもPMSが悪化する段階では上図のように黄体期でもプロゲステロンが高くならず、エストロゲンのみが高くなります。

ドクター・リーは生理があるのはエストロゲンが十分分泌されている証拠だから、決してエストロゲンの補充をしてはいけないと言っています。この時期にエストロゲンを補充すると、エストロゲン優勢/過多がいっそう悪化します。プロゲステロン不足という正しい診断を下した医者でも、擬似プロゲステロンを処方する、高量の経口プロゲステロンを処方するなど、間違ったホルモン補充を処方するのが「標準治療」として認められているので、患者は十分注意する必要があります。

via ホルモンバランス:崩れのパターン

まさに私はこれをやってしまったのかもしれない。エストロゲンが十分にあるのに豆乳でさらに追加してしまい、バランスがさらに崩れたのかも。


PMSの、自らの体を使って実験をした方のブログより抜粋


非常に詳しく、自らの人体実験報告がなされています。

こういうのは、ありがたいですね。




豆乳をとると生理周期が乱れる ~実験結果より~

よくわからなくなってきました。イソフラボン。

自分を使った実験の結果、豆乳をとると生理周期が乱れることがわかりました。生理中に飲むと次の排卵がはやまり、排卵後に飲むと生理が遅れる、ような気がします。

生理がずれる、というのはあまりいいことではないような気がして、豆乳(イソフラボン)ってなんだか良さそうだけれど怖いなぁ、というのが実感です。

だからこんなことも書いていた。

PMSや生理不順などで「豆乳がいいですよー」という声がよく聞かれるが、自分には合わなかった。それはたぶん、エストロゲンがすでに足りているところに、エストロゲンそっくりさんのイソフラボンが投入され、エストロゲン多すぎ状態になったのだろうと思う。

PMSのタイプを見ないで「豆乳いいよっ」というのは危険かも

しかしなんだか良くわからなくなってきたのです。調べていると、イソフラボンは、エストロゲンが足りないときにはエストロゲンを増やし、エストロゲン過剰気味のときにはエストロゲンを抑制する作用がある、という記述を度々見かけるのです。

っていうことは、イソフラボンをとっておけば、エストロゲンのバランスが自ずとおちついてくれるってこと?

しかし、イソフラボンの摂取を続けるとやはり生理周期がずれたり子宮内膜症が優位に増えると言う研究もあるようです。

また閉経前の日本人女性に、日常の食生活(大豆イソフラボン29.5mg/日)に加えて豆乳を1日当たり約400mL(同75.7mg)飲んでも らったところ、エストロゲンの一種「エストラジオール」の血清中の濃度が約33.3%低下し、月経周期が11.7%延長したという報告があります。



一方、閉経後女性を対象に、大豆イソフラボンの錠剤(150mg/日)を5年間服用してもらった長期試験では、摂取群とプラセボ群を比較したとこ ろ、30カ月では有意な差は見られませんでしたが、60カ月で摂取群に子宮内膜増殖症の発症が有意に高くなるという報告がありました。

健康注意報:「大豆イソフラボン」の過剰摂取に警鐘 (06/02/16)

こういうのを見るとやっぱり、豆乳がいいよと積極的にとる気にはなれません。

子宮がんの予防にもいい、という説もあれば、子宮がんの原因になるという説もあり、なんだかよくわかりません。

何事も中庸が肝腎ということなのでしょう。

私は食事で味噌醤油にちょっとお豆腐などを食べるので、それ以上追加で食べることは止めておいたほうがいいのかなぁ、というかんじで様子を見ようと思います。


(右記サイトより抜粋:結局豆乳(イソフラボン)はいいのか悪いのか


ブログを書かれたご本人が自ら、実験台になって豆乳を飲まれた結果です。


豆乳

豆乳は豆腐の原料であって、そのまま飲むものでは本来無いはず。

牛乳の代用品にする人もいますけど(僕もそうしていました)、そもそも牛乳も豆乳も、必要無いんじゃないかなって思うようになりました。

大豆には抗栄養素といって、動物に捕食されないための生物毒を蓄えています。

代表的なものがレクチンやサポニンと呼ばれるタンパク質で、加熱しても分解されません。

これが、大豆が健康に良くないとされる理由の一つです。

しかし、レクチンやサポニンは発酵の過程で分解されますから、味噌や醤油のような発酵食品で摂る分には、問題ありません。

実際日本人は、昔から大豆を発酵食品として利用してきました。

乳製品も、豆乳も害があるのなら、どちらも摂らないに越したことはありません。

豆乳は健康に良いと考え、毎日飲んでいる人がいますが、昔の日本人はそんなことしていませんでしたから。

良いカモですね。(さとうながお)

ついでにいうと、だから日本の大豆発酵食品に意味があるのです♪


(Dr.内海聡の情報より抜粋)


先人の、日本人の知恵は凄いですね!


大豆は健康食品か?

大豆は健康食品だとよく言われるが、その説については考えてみる必要がある。

実はよく言われていることが、食べるに値する大豆は、発酵したものだけであるということだ。


大豆を使った食品として味噌、納豆、豆腐、テンペなどいくつも種類があるが、これらが現代でも活用されているのには重要な意味があるかもしれない。というのは、発酵していない大豆は生物毒を多量に含んでいるかもしれないからだ。

その代表格として扱われているのが、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つである。

これらの生物毒は大豆自身が生き残るための毒でもある。

大豆を食べようとする動物の食欲を削ぐわけである。

どんな植物も多少の生物毒は持っているが大豆には特に多いとされる。

大豆フォーミュラ(調合ミルク)を摂取する乳幼児、
大豆をたくさん食べる菜食主義者、
更年期障害の軽減効果を信じて大豆をたくさん食べる中年女性は、


危険かもしれないのだ。


たいていの豆類は、水に浸すだけで、大半のフィチン酸塩を破壊できるそうだが、大豆はそうはいかないらしく味噌やテンペといった発酵大豆食品になるとレベルが下がる。

残念ながら全大豆、豆乳、大豆チップ、大豆タンパク質アイソレート(分離物)、大豆粉、その他の加工された大豆から製造される様々な製品(健康食品として宣伝されている)には、高いレベルのフィチン酸塩が含まれており、食べる価値がないかもしれない。

また、

未発酵の大豆には酵素阻害物質が大量にあり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがある。

もともと消化酵素が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむかもしれない。

また大豆には、ゴイトロゲンが豊富で甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありうる。


ゲニステイン(大豆にあるイソフラボンのこと)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することもできる。ゲニステインは抗癌作用があるとされ部分的には正しいが、その逆に正常細胞のエネルギーを低下させ、新陳代謝を落とすこということについてはほとんど知られてはいない。

女性の健康に関して何冊かの著作のあるジョン・リー博士は、大豆を食べたい女性は味噌、テンペ、納豆だけに限定するよう勧めている。豆腐は、魚などのタンパク源、および海藻や昆布などを食べることで、結合ミネラル(束縛されたミネラル)を補うならば、食べても大丈夫だ。

このように大豆の弊害にも警戒が必要であり、と同時に日本食の有効性について改めて感心する次第である。