大手フードチェーン店が次々に福島県産食材の使用を宣言

次々に大手フードチェーン店が福島県産食材の使用を宣言している。
これまで分かっているのは、

①大手牛丼チェーンの「吉野家」は、福島県で地域の農家と共に新たに農業生産法人を設立し、米や野菜など店で使う食材の生産に乗り出すことになりました…「吉野家」は福島県白河市の3つの農家と共に、農業生産法人の「吉野家ファーム福島」を設立し、来年春をめどに、店で食材として使う米やたまねぎ、白菜などの野菜の生産に乗り出します。

②リーフパイで有名な老舗洋菓子店「銀座ウエスト」が菓子に使用するバターの一部を福島産に切り替えると告知した…

③モスフードサービスでは、野菜の年間取引量の約3割が福島、茨城、群馬、栃木県産。2011年3月下旬から、外部の民間機関に委託して4県産の野菜の検査を行っている。

④サイゼリヤ…生産・流通システムの構築を目指し、福島県白河市に100万坪のサイゼリヤ農場を持つ。またカミッサリー(食品加工・流通工場)を福島県・埼玉県・神奈川県(店舗も併設)・兵庫県に持つ…

⑤「餃子の王将」が福島県産の小麦の使用を宣言

産経新聞によると、「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは8日、ギョーザの主要食材と麺用の小麦粉を国産にしたと発表したという。7月に中国で起きた期限切れ鶏肉使用問題などで、食の安全に対する消費者の関心が高まっていることに対応したらしい。

しかし、日本の小麦の輸入は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、EUでほぼ100%のはずだ。中国に至っては小麦の輸入大国である。この状況で国産の小麦粉を使うことで、中国で起きた期限切れ鶏肉使用問題とリンクするのはあまりにも幼稚な詭弁である。

小麦は、タンパク質の含有量が多い硬質小麦(強力粉)はパンや中華麺に使われ、中間小麦(中力粉)はうどんなどに、軟質小麦(薄力粉)は、天麩羅やお菓子類に使われる。

日本の1年間に消費される小麦の量は、約630万トン(2009年度)で、国内産小麦はおよそ15%、残りはアメリカ、カナダ、オーストラリア、EUから輸入されている

国産の小麦は、うどんなどに使われる中間小麦(中力粉)が中心で、中華麺に適した硬質小麦(強力粉)のほとんどは輸入品だ。

そのような中、喜多方ラーメンで有名な福島の会津地方では、中華麺に適した硬質小麦(ゆめちから)の生産に力を注いでいる。

この状況で、中華麺に適した硬質小麦(強力粉)の国産をアピールする産経新聞の意図は明らかだ。つまり、福島産の硬質小麦(ゆめちから)の消費先として「餃子の王将」が名乗り出たのだろう。

問題は、この硬質小麦(ゆめちから)が、会津地方だけではなく福島県全体で生産されることである。
去年に、牛丼の吉野家が、白河市の地元農家などと共同出資で農業生産法人を設立して、福島産の米を吉野家で提供することを発表した。今回の「餃子の王将」の国内産の小麦粉の使用は、福島産の小麦を消費すると宣言していて、吉野家の米と同様に、福島県産の小麦の消費をアピールしている。

ただ、吉野家とは違い、中国で起きた期限切れ鶏肉使用問題とリンクするのはいただけない。日本は中国からは小麦を輸入していないのに、あえてこのような幼稚は嘘、詭弁を弄するのは、福島県の小麦に問題があるからであろう。

もっとも、吉野家や餃子の王将にかぎらず、関東の外食チェーンでは福島県産の食材はふんだんに使われているのは間違いがない。あの田布施村政権が安全のお墨付きをつけたのだから。


(るいネットより引用 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=296524)


吉野家、モスバーガー、サイゼリヤ、餃子の王将といえば、誰もが知っている全国的なチェーン店。

やはり、チェーン店であったり、安い早いが売りのお店は氣を付けなければならない。

みんなで一緒に、ということで誘われたら、行くしかないが。。^^;

そうなると、デトックスも疎かにはできない。










線量計、ガイガーカウンター、放射線測定器

J’sファスティングカレッジでは、ファスティングの指導だけに留まらず、避けたい社会毒全般について、広範囲に渡りお伝えしています。

食育だけの指導では、この現代においては、自身の体を守りきれないからです。

社会毒については、他の投稿での記述のとおり、多岐に渡ります。

こういったことからも、放射能汚染・その回避についてもお話をさせていただいておりますが、机上の勉強だけでなく、放射線測定器(線量計・ガイガーカウンター)を入手し、実際の測定なども簡単に行えるようにしました。

もちろん、受講される方への指導のためだけではなく、実際に私自身、目で見て確認をしたいからという理由です。放射能は肉眼では見えませんから。

数ある線量計の中から、検証してSOEKS 01Mを購入。

ロシア製の日本語バージョンです。

ある程度の測定はできると思います。

私の気になっている食品に関しても、放射能の測定が簡単ではありますができるということなので、今後、いろいろと測定していきたいと思います。

先日、関東へ行ったときに福島産の梨が普通に販売されていたので、そういったところも非常に気になりますね!


原発事故後、4年後から疾患数が劇的に増加

最近、気付くこと。

家族単位の移住が増えてきた。

原発事故当初、福島県民始め海外、西日本に移住したFB友達は何人か知っている。

独身や母子だけというケースが多かった。

3年後の2014年。

福島のみならず、首都圏、中京圏からも主に西日本への移住が目立ってきた。
特に、家族単位で。

時間が掛かったのは家族内での協議、ご主人の仕事、移住先の住居等課題は山積だったからだろうが大きな前進だ。

出来れば、ひっそり移住するのではなく、ガンガン理由を周囲に宣伝して移住してほしい。

そこまでするか?って思う人が多いと思うけど、このままではヤバイかな。。と思い始める人もいると思うので。

そして移住先でも快適ライフを発信してまだ危険地帯に居住する人達にアピールしてその気にさせて下さい。

チェルノブイリの知見では居住可能なタイムリミットは来年一杯。


(山川 貢 氏の投稿記事より。グラフ作成は坂 憲一氏)


福島県でのある田植え風景




福島県での田植え風景。。

日本全国で只今、いろんな意味で大反響。

一瞬笑ってしまいましたが、笑い事では済まされないですね!ヽ(`Д´)ノ

どうして、このようになっているのでしょう。

下記、いろんな方のコメントがあります。

ご参考に。



【いろんな推測・見解】

●線量計で高い数値が出たから防護服を着ていると思うのですが。
わざわざなんで汚染米を作るんだろうか?
除染したところで作った除染米だから安心ってこと?

●試験的なものですかね?
どのくらい、放射能汚染されるかという?
それにしても、テストにしても、やめて欲しいです。
稲も可哀想。

●これは必要な実験だと思います。ここで出来たものは当然,出荷はしないでしょう。
どう育つか,どう異常を来すかを確認するための作業ではないのでしょうか。

●こんな情報が出回っています。
普通の親爺 @soramyu1 10月17日
@ryoFC @nobehaci @ykabasawa この写真は去年の6月13日の産経の記事から引いたもの。原発から6k圏の大熊町で除洗効果と影響を見る為のものとあります。恣意的に30k圏と広範囲にこのような状況であるかの発言6k圏しかも1年以上も前の写真を使うなど悪質です

セシウム汚染スリッパ



目に見えない放射能。。

何にしても、目に見えないものは怖い。。(ーー;)



(以下は、森住 卓さんの投稿を転載)

映像はスリッパと上履き。

警戒区域20キロ圏内に落ちていたスリッパと保育園の園庭に落ちていた上履き。

放射線像=オートラジオグラフィーで放射能汚染を映像化した。

黒い点々はセシウムの出す放射線。

薄黒くなっているのは感材から少し距離があるため放射線が拡散して照射を受けた状態。

皆さんの想像力を働かせる以外に被曝の危険を知ることが出来ません。

そこで被曝の実態を映像化して、その危険性を身近に感じてもらう事が狙いです。


そこで皆さんに協力お願い。

たくさんの生活用品の汚染の状況を映像化しようとアイデアを募集中です。

空き缶、洗濯ばさみ、マスク、手袋、干しっぱなしの靴下など、放射能汚染して言うと思われるものがあったらお知らせ下さ
い。

特に汚染の酷い地域の方。

こんなものがあるよ、とお知らせ下さい。

魚の缶詰からセシウム

生活クラブ(生協)の独自検査で、サケの缶詰から、1キロあたり22ベクレルが検出されました。

製品は、マルハニチロの「さけ水煮缶」です。

(5月10日公表)

・さけ水煮缶(マルハニチロ):22ベクレル
 *1キロあたり(以下同様)

過去に、同じ鮭の缶詰から、2012年3月30日にもセシウム18ベクレルが測定されていました。

また、4月2日に公表された環境保護団体「グリーンピース」の食品の放射性物質検査でも、缶詰からセシウムが検出されました。

・さば水煮(日本水産株式会社):4・3ベクレル
・さば水煮(株式会社極洋):4・2ベクレル
・さば味噌煮(伊藤食品株式会社):4・0ベクレル


生の魚が放射能汚染されていますので、缶詰も同様に考える必要がありそうです。

(引用元:https://socialnews.rakuten.co.jp/link/89137)


また、私がお世話になっている人(神奈川県在住)が言うには、

「近所に住む魚の卸商の人が、市場で「ガイガーがピーピーなりまくってるんだけど、去年の(3.11以前の)冷凍と混ぜれば分かんないからっていう業者もいるんで気をつけな」っていうのを思い出します。」

とのことです。

公表されない、現場の真実。。