甘酒の美容に効果大な活用法

甘酒は飲む点滴と言われていますね。

砂糖の代わりに使うのが健康の裏ワザです♪( ̄∀ ̄)



以下、記事の引用です。

簡単に言うと、

① 超簡単な甘酒の活用法を紹介

② 煮物、煮魚、お菓子作り等の砂糖の代わりに使える

③ パンやベーグルに塗って食べたり、ホットドリンクに混ぜるのもおすすめ


甘酒は飲む点滴と言われています
みなさま甘酒はお好きですか? 甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価の高いことで注目を集めている日本伝統の飲み物です。

甘酒には2種類あり、米麹から作る甘酒と酒粕から作る甘酒があります。 酒粕から作られる甘酒はお酒の香りが強いため苦手という方も多いかもしれません。 お米から作られる甘酒はとってもおいしくてヘルシーです。

甘酒の5つのポイント!
1.冷え性対策
白いお砂糖は体を冷やす極陰性の食べ物であることは有名になってきました。 甘酒は中庸に近いので体も冷やしにくい甘味料と言えます。

※東洋医学では陰性、中庸、陽性と体質や食べ物を分けて中庸に近づけていくことがよいとされています。

2.腸内環境を整える
甘酒は米麹で発酵させて作られるので発酵食品に入ります。発酵食品は腸内細菌の餌となり腸内環境を整えるお手伝いをしてくれます。

3.ダイエットのお供にも!
腸内環境を整えて便通をスムーズにするので結果ダイエットにもつながります。

4.美肌になる!
腸内環境が整うとお肌の調子も整ってきますので、しっとりさらさらな美肌効果にも期待大です。

5.血糖値の上昇がゆるやかです。
甘いものを食べた後はとっても幸せな気分になるものですよね? しかしながらそのあと眠たくなったり、体がだるくなったり、がっくりと気分が落ちることはありませんか?

精製された白いお砂糖は血糖値を一気に上昇させる作用があるため一気に気分が高揚します。 そのあと一気に落ちるので体調や気分に変化が起こりやすいのです。

一方甘酒は血糖値の上昇がゆるやかなので甘いものがほしいと思った時に摂取しても体調に変化が現れにくいのです。

超簡単!甘酒活用法
・お砂糖の代わりに
煮物、煮魚、お菓子作り等お砂糖の代わりに使えます。 ドレッシングに少し加えるだけでもうま味が増しておいしくなります。

・ホットドリンクに入れて
これからの季節ホットココアがおいしいですよね。 わたしはオーガニックのココアに甘酒を入れてお湯を注いで良く混ぜていただきます。コーヒーや紅茶に入れても。

・パンやベーグルにつけて
パンやベーグルを朝食にいただく方も多いかと思いますが、バターやジャムの代わりにぬって食べてもおいしいですよ。

甘いものを食べたい!そんな時には甘酒を活用してみてくださいね。


(引用先http://news.livedoor.com/article/detail/9325102/)

本物の醤油と偽物の醤油

スーパー特売の醤油があれば、500mlで1000円くらいの醤油もあります。

節約して家計をやりくりする主婦にとっては、当然安い醤油はありがたい事だと思います。
しかし、安いものには「安い理由」があります。

本物の醤油は昔ながらの製法で、手間と時間をかけて作られています。
1~3年以上もかけて作られていて、原料は大豆・小麦・食塩のみ。

そこから生み出される「旨味」は奥深く、甘味や酸味、香ばしさなど、化学で解析できないぐらい複雑な味をかもし出しているのです。

しかも、少量で旨味が出ますので、消費量も少なくてすみ、使い方次第で減塩にも繋がります。

一方、安い醤油は確かに醤油のような味がしますが、本物の醤油と比較すれば、別物なのです。

製法も全く違い、安い醤油の主原料は、大豆油を絞りとった後のかす(脱脂加工大豆)です。

これを塩酸で分解すると、醤油のベースとなるアミノ酸液ができます。
ここに、旨味はグルタミン酸ナトリウムで、甘さは甘味料、酸味は酸味料、濃くととろみは増粘多糖類、色はカラメル色素、日持ちするように保存料、最後に少しだけ本物の醤油で香り付けをします。

いわば、安い原材料と添加物で作られた物ですので、本来の醤油とは全く別物という事になります。

じっくりと時間をかけて作られた醤油は、発酵食品ですので胃腸の働き整えます。

また、血圧や血糖値を下げたりする効果も認められていますので、薬に頼るのではなく、日本伝統の醤油や味噌を摂取する事が大切だと思います。


味噌による放射性物質の排泄効果

元広島大学原爆放射能医学研究所教授の伊藤明弘氏は、マウス実験において、味噌を摂取することにより体内からの放射性同位元素の排出が促進されたことを報告しています。

実験では、
①乾燥赤味噌を10%混合したエサ
②醤油を10%混合したエサ
③食塩を入れたエサ(味噌と同じ塩分量)
④ふつうのエサ

の4群に分け、マウスに放射線の中のX線を照射しました。

この時、マウスの「小腸粘膜幹細胞」の生存率を調べました。なぜなら、放射線障害として、小腸の内側の粘膜がはがれおち下痢や貧血を起こすことがわかっているからです。

結果、①の味噌を混合したエサを与えたグループの生存率が最も高かったのです。次に生存率の高かったのが②の醤油でした。

また、ヨウ素131とセシウム134を投与した実験も行いました。

結果、味噌を混合したエサを与えられていたマウスが最も多くのヨウ素の排泄がみられ、セシウムについても味噌投与のマウスが最も筋肉内の放射性物質が減少していことがわかりました。

味噌が肝臓がんの発生を抑制することも同様のマウス実験でわかりました。

味噌の塩分についても、食塩のみを単独で与えると血圧上昇が起きますが、味噌を与えても血圧は上昇しないこと、また食塩単独では胃癌の発生率は増加しますが、味噌を与えても胃癌は増加しないことなどもわかっています。このことから、味噌中の食塩は食塩単独摂取とは異なる働きをするものと考えられます。

では、味噌のどういった成分が放射性物質の排泄の効果があるのでしょうか。

味噌のような発酵食品には有益な微生物や菌がいます。菌は有害物質を原子転換する働きがあり無害化していることが考えられます。

放射性物質はたんぱく質と結合しやすいという特徴があります。この働きをしている成分が多糖類(食物繊維)やピラジン(香り成分)などといわれており、結果、汗や尿として排泄されると考えられています。

また、ジピコリン酸に放射性物質を除去する働きがあります。さらに味噌にある酵素は強い解毒作用を持っています。これも放射性物質除去作用の要因となっていると考えられます。

このように味噌の常食は体内からの放射線を防御したり除去をするようです。


(吉富信長氏のfacebookより引用)


************

味噌は凄い。

スーパーの安売り、添加物だらけ味噌ではなくて、本物の味噌を選びましょう。

簡単に手作りもできますね♪( ̄∀ ̄)



梅干しの効果、パワーを知っておくべき♪(^^)

日本の風土の中で育った梅干しは、日本人の生理とがっちり結びついて、病氣で何も食べられないときでも、上手に炊いたおかゆに梅干しがあれば、元氣になります。

中国からはじまったものが、中国にはもうなく、日本の中で育って大切に伝えられてきました。



梅干しはクエン酸・リンゴ酸を含み、酸味が強いので、唾液の分泌を促すとともに、胃腸の働きを助け、胃液の分泌を良くします。炭水化物の消化も助け、肥満や肌荒れも防ぎます。

梅干しのアミグダリンや有機酸は、腸の中でめざましい抗菌、滅菌の作用をし、食中毒菌・赤痢菌・これら菌の作用を阻止します。ですから、食中毒の季節には、梅干しを大いに活用してきました。今は、食べ過ぎや複合汚染などで、1年中食中毒の季節と言えるでしょう。

肉や加工食品を食べ過ぎると、腸内で異常発酵をおこし、毒性の強い毒物を発生させます。自家生産による食中毒です。これらが悪性のガンや治りにくい病氣のもとをつくるのです。

梅干しは胃腸の粘膜を丈夫にし、腸の運動を助けるため、整腸作用を促し、下痢・便秘も治します。

腸の汚れは万病のもとと言われ、その汚れが血液に入って、アレルギー疾患や肝臓病やそのほかの慢性病を引き起こすことになるのです。

また、梅干しは鎮静作用も大きく、カルシウムの吸収を助け、血液の酸毒物を分解処理し、ストロンチウム90などの放射性物質などを体外に出す働きをします。

整腸作用を促すためにも、毎日梅干しを食べると良いでしょう。
昔の人は、朝、梅干しを食べることが健康につながることを知っていましたが、素晴らしい生活の知恵です。

梅干しは古いものほどバクテリアや酵素の働きが強められ、土用干しの太陽エネルギーと、夜干しのオゾンを吸着すると、新しい成分が生まれ、古くなるほどより薬効が強められます。

高血圧の人は塩がいけないと言われますが、梅干しも3年以上経つと塩害は消えます。古い梅干しを食べて高血圧が治った実例は多いのです。

※ここでオススメする梅干しは、自然農法で栽培した梅を、自然塩で漬け、太陽干しをしたものです。市販品の食品添加物入りで太陽干しもしないものとはまったく違います。

(出典:食生活が人生を変える 東城百合子著)



つまり、万能の食材ということです。
梅干しは、梅と塩だけで作れますから、手作りすることをオススメいたします♪ヽ(´▽`)/

こだわりのキムチ、到着!(^^)

キムチが食べたくて食べたくて、こだわりのキムチを注文して、やっと届きました!

5kgヽ(´▽`)/
私がすべて食べるわけではありませんが。

すべての食材の、安心の産地表記、無農薬、添加物ナシ、白砂糖使ってないとかいろいろ、気に入ったお店だったのでお取り寄せ♪


【キムチについて】
腸内改善に効果のあるものといえば、植物性乳酸菌。植物性乳酸菌といえば、日本では漬け物、糠漬けがメジャーですが、韓国のキムチもまた、植物性乳酸菌が豊富で、1gに1億から数億と言われるほど多く含まれています。

植物性乳酸菌は酸やアルカリに強く、動物性乳酸菌より過酷な環境で生息できるので、活きて腸に届きやすい乳酸菌です。乳酸菌が腸内に届くと善玉菌であるビフィズス菌のサポートをして悪玉菌の働きを抑え、便秘や下痢などを予防できます。ちなみに、ヨーグルトのCMでよく『活きて腸に届く』と宣伝していますが誇張表現と言えます。

唐辛子に含まれるカプサイシンには、消化液の分泌を促したり、血管を拡大させる効果があります。酸味は疲れを癒し、唐辛子の発熱効果の相乗効果で風邪の予防にも役立ちます。白菜による食物繊維の摂取で便秘予防ができます。

また、納豆と一緒に食べると血液の流れを良くする効果が期待できます。納豆菌のナットウキナーゼと言われる酵素は、血栓を溶かす効果があります。そして、キムチにある硫黄化合物が血小板の凝集を抑えるので、これにより相乗効果が生まれます。脳血柱にも効果があるそうです。

納豆は、つけダレに添加物を多く含むのでそれを使わずにキムチと合わせて食べる、キムチの塩分が重なってちょうどいい感じになるので、おすすめの食べ方です。

キムチの大きな特徴は、洗わない状態で食べる漬物なので野菜の表面にある植物性乳酸菌をそのまま食べるといった非常に効率よく植物性乳酸菌を体内へ取り入れることができることです。

日本の漬物の一つ「ぬか漬け」も植物性乳酸菌を多く含む栄養価の高い食品ですが、乳酸菌をたっぷり含んだ「ぬか」を洗い取って食べるといったキムチとは違う食べ方をします。

また、キムチには多くの「トウガラシ」が使用されておりこのトウガラシに含まれる辛味成分である「カプサイシン」の働きで、消化が良くなる・血流が良くなる・エネルギー代謝が良くなる・脂肪を燃焼するといった効果もあります。

更には、キムチ作りに必要な野菜「ニンニク」も栄養価が高いものです。このニンニクを潰すことで出来る成分「アリシン」がキムチ作りで発生する「ビタミンB1」と結びつき栄養ドリンクの成分としても使用される栄養価が高いビタミンが作り出されます。

とは言っても、何でもそうですが食べ過ぎは良くないです。

塩分と唐辛子の多量摂取ということになってしまいますから、食べ過ぎに注意しましょう♪




ファスティングマイスター注目の梅酢の効果

【「梅干し」でインフル撃退、梅酢成分がウイルス抑制に効果】

梅干しを作る際にでる梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」に、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があることが分かったと、梅産地の和歌山県田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」(会長、真砂充敏市長)が明らかにした。

寒さが厳しくなるこれからの季節、梅酢や梅干しの効能が改めて注目される研究成果となりそうだ。

ポリフェノールは野菜や果実に含まれ、健康増進成分として注目されている。

同協議会は、梅酢に含まれるポリフェノールの効果について、昨年春にウイルス学専門の小山一・和歌山信愛女子短大学長(元県立医大教授)に研究を委託。小山学長は梅酢ポリフェノール抽出に成功したわかやま産業振興財団コーディネーターの三谷隆彦氏と共同で、A型インフルエンザウイルスの増殖抑制と不活性化(消毒)作用の研究に取り組んだ。

その結果、ウイルスの増殖抑制作用については、梅酢ポリフェノール溶液の濃度が0・5%の場合、ウイルスの増殖は100分の1に抑えられた。また、不活性化についても濃度0・1~0・5%で調べると、感染性のウイルス量が減少し、感染性を急速に失うことが分かった。細胞への障害作用も、極めて弱いことが確認されたという。

小山学長は「梅酢ポリフェノールは、微量でインフルエンザウイルスに強い抗ウイルス作用とウイルス不活性化作用があることが判明した」と話した。

同協議会は今後、うがい薬や消毒薬、サプリメントなどの開発が期待されるとしている。

イヤ、うがい薬とか消毒薬とかサプリとかいらね~から・・・♪。


(Dr.内海聡の投稿記事より転載)


開発しなくていい。

梅酢は梅酢、梅干しは梅干しで摂りますから。