社会毒とは何か

「社会毒とは何か」を医学不要論では定義せねばならない。これは非常に広い意味を持つので、私が定義したものと、皆さんが思うものが違うこともあるであろう。ここでは医学や薬学や健康や生命などに関係する内容として、この社会毒を定義していく。

といっても難しい内容ではない。この社会毒とは、人間社会がもたらした古来の生物的世界とは反する内容を持った物質たちの総称である。ひと言でいえば、昔は人が食べたり使ったりしなかった物質、そしてそれが人体に悪影響をもたらす物質の総称とすればよい。

もう少し具体的に述べるとすれば、西洋薬に代表される薬と呼ばれる物質、農薬、食品添加物(保存料、着色料その他)、遺伝子組み換え食品、環境ホルモン、毒性元素、殺虫剤、洗剤、漂白剤その他、石油精製物質(薬のほかにプラスチックなど)、強力な電気、電磁波、工業系有害物質、住宅系有害物質、大気汚染物質、人為的放射能、砂糖、人工甘味料などに代表される物質のことだ。

問題はこれらの社会毒が、現代人、特に先進国の現代人がどれだけ頑張っても、そのすべてを避けることはできないという点だ。さらにいえば社会毒として扱われるものの中に、生命の輪に当たる46種のミネラルが含まれているのが面白い。これら46種のものでさえ、ちょっとしたことで毒になるということだ。

これらは完全に社会に浸透して、あらゆる現代病の根源となっている。もしこれら社会毒がほとんど規制されれば、少なくとも現代人は現代病にはほとんどならない。それこそエスキモーやアイヌやアボリジニーやアメリカ原住民たちのように、さらにいえばほんのひと昔前の日本のように、現代病になる人々は激減する。

前述したように、本来人間や生物がなる病氣というのは、今、人間たちがかかっている現代病の大半ではなく、感染症や飢餓や風土的な病氣のほうが圧倒的に多かったのである。そして、現代人は感染症や飢餓や風土的な病氣に関しては、一定の医学的効果をあげている。

それらを真に考慮すれば現代人は、「社会を変えることさえできれば」、有史の中で最も健康な状態を作り上げることができるはずなのだが、実際はできていないのだ。これはきわめて悲劇的なことである。しかもそれは社会毒的な意味による不健康と、医療化に伴う意味においての不健康と、二つの意味を持っていることが重要なのだ。

つまり、医学不要論の根幹の一つは、人類が自分の健康だけ、自分の病氣だけをきにしていても、根本解決にはならないということの提唱である。

あなたが健康になりたいのであれば、あなたが率先して世の中を変えるように努力しなければならない。肉体的な健康であれば、これらの社会毒を世の中からない状態にすることなくして、人類に健康などというモノが訪れるはずもない。

しかし、人類はだれかがやってくれることには期待するが、決して自分では考えて調べて実行しようとはしない。それはつまり、人類の不健康は、巡りめぐって自分たちにツケが回ってきているだけだと思ったほうがよいということだ。そして、それは先天的、遺伝的な疾患さえそういう可能性があるということだ。

これらを日常的にすべて避けることはできないため、現代においては避けるだけというより排毒する知識が必要不可欠である。いくら食べ物だけ無添加のものを食べても、すべてを除去することはやはりできない。だから社会を根底から変えていかない限り、医学不要論が達成されることはない。

(医学不要論 ~全く不要な9割の医療と、イガクムラの詐術~ 内海聡 著より抜粋)


社会毒、医師の内海聡 氏は、そう名付けた。
環境毒、医療・環境ジャーナリストの船瀬俊介氏はそう名付けている。

どちらでもいい。

便利な上に、人体に害のあるものは要らない。
必要なものは、人体に害にならない、便利なものだ。




腐海が生まれたわけ ~風の谷のナウシカから学ぶ~

畑や田んぼには余剰肥料がのこり、いわゆる肥毒が出現してきます。

これに対応するため、昔から日本のお百姓さんは肥毒を吸い出すのに、「麦」と「大豆」を植えました。麦は「土を掃除してくれる作物」とも呼ばれてきました。

実は、植物はこのように、土の浄化作用にも携わっていることがあります。

映画「風の谷のナウシカ」で「腐海」という場所が出てきます。腐海は人間の生存を脅かす猛毒の汚染地として描かれています。腐海では従来の動植物は一切生息できず、瘴気と呼ばれる毒素を大気中に放出し、人間の健康や作物の生育にも深刻な影響を及ぼしていました。

人々は腐海を、毒だらけの腐った世界ととらえ、腐海の虫や胞子を焼き払おうとしました。汚染された腐海の土や胞子がある限り、わずかでも入り込めばたちまち繁殖して、一帯は腐海に飲み込まれてしまうからです。

そんな中、ナウシカだけが腐海の本当の意味を悟っていました。ナウシカはひとり、城の地下室で、腐海の植物の胞子を育てる研究を行っていました。清浄な水と空気の中で栽培した場合、一切の猛毒物質である瘴気を出さないこと、また大きく育たない事がわかったのです。

瘴気の毒素は、実は、植物が地中の有毒物質を吸い取り、無毒化する過程で生じた二次代謝物で、つまりは人間が放った有毒物質の極一部であるということがわかりました。腐海の植物は、その土地の無毒化を達成すると、次第に枯れていき砂になっていきます。腐れきった腐海の底は清浄の地だったことをナウシカは発見しました。

「腐海は人間が汚した世界をきれいにするために生まれたの。みんなに伝えて。腐海が生まれたわけを。虫は世界を守ってるって。」

つまり、「清」と「濁」はつながっています。私たちは「清」だけを求め、「濁」を切り離そうとしますが、それは自然の摂理に反します。

畑においても同様で、病害虫は生命力のない野菜を食べます。見込みのない植物は虫が食べ、見込みのある生命力のある植物にその命を授けるのです。

人間が思う以上に、自然の仕組みに無駄はなく、いのちは全てつながっています。

※参考:吉田俊道著、wikipediaなど。また、内海先生との懇親会でも教えていただきました。ありがとうございました。


(吉富信長氏の投稿記事より抜粋)


ペットボトルのお茶の農薬残留について

まさか、お茶は良いとか言って、離乳食になった乳児、まだ免疫力が低い乳児にペットボトル茶をガブガブ飲ませている親はいないでしょうね~( ̄∀ ̄)

ペットボトルのお茶に農薬が残留するということ。

それはなぜか、わかりますか?

ペットボトルのお茶に農薬が残留していることを知らない人が多いようですね。わかって飲んでいるなら結構ですが、ペットボトルのお茶は安全でも何でもありません。一つには中国茶の屑の葉を使うと言われていますが、ネオニコチノイド系は水溶性であることも関係あるといわれています。

ある農家さんによると、1番茶は、立春から数えて八十八や、連休前後に収穫です。当然、寒いので、農薬も少なくなります。

ところが、2番茶は夏の害虫の盛りに収穫です。当然一番茶のあとに、美味しいお茶を収穫したいので、肥料をたくさん入れます。そうすると、虫が大量に発生します。そして大量の農薬が・・・お茶は、洗わないので如実です。

ペットボトルのお茶(国産)は2番茶の原料が多いようです。雨にも流れない農薬がまかれているという人もいて、それを糊のようなものであると表現する人も います。農薬が雨で流れ落ちないように、野菜に付着する添加剤を入れているとされます。

興味のある方は「水酸化カルシウム、農薬」くらいで検索してください。農家さんに言わせるとこんなん使わなくても、こんにゃくの汁で洗えば中和できるかも、ということですが。

そういえば高濃度茶カテキンのヘル○ア緑茶も体に悪いそうです。

(NPO法人 薬害研究センター理事長・Tokyo DD Clinic 内海聡医師 facebookページより引用)


お茶は自宅で煎じて、水筒ボトルに入れて持ち運びましょう。
どうしても買う場合は『水』が良いですね!


人工雲・飛行機雲、ケムトレイルとは?

ここ数日の人工雲(ケムトレイル)はすごいものがありました

昨日、視界にある青空に数えただけでも20本

1時間しないうちにそれはだんだん広がっていき

青空は消え、真っ白な雲に覆われました。

そして、今日はその雲が大雨を降らしています。

夕方大雨が続く中、突然太陽が雲の隙間から見え

雲が層になっている姿がはっきりと陰影で浮かび上がりました

灰色の雲が3層くらいに重なっており

雨が降り続き

まぶしい太陽が30分ほど私の暮らす街を照らし続けていました。

そして、夜中には数年前までは聞こえなかった

ごおおおおお・・という民間航空機では聞こえるはずのない

低空飛行している航空機の轟音が

深夜まで何度も聞こえるのです。

そして、今まで感じたことのない「異様な感覚」で

夜中に覚醒することがあります

病院にいけば「更年期障害」では?と言われそうですが^^

そんなものではありません、自然の速度を打ち破るような

なにかに急速に熱されているような異様な感覚

誰かが意図的にケムトレイルが散布された大気という「兵器」を

操作しているとしたら・・。

ここ一年、目に見えるくらいはっきりと

天気の移り変わりが不自然だと感じます。

皆さんはそんなことありませんか?

世界中でこのような現象が起こり

青空が覆われています

ケムトレイルと呼ばれる「人工飛行機雲」に含まれる物質は

・金属塩

(アルミニウム

チタン

バリウム・・等)

・単繊維

・有機体から人工的に合成された物質

(ウイルス

バクテリア

菌類

マイコプラズマ

乾燥血球?

特異な生物学的マーカーなどを混合したもの・・等)

様々な研究機関が世界中で集めた大気、土壌、水などのサンプルから調査したものです。

一度に何トンもの微粒子状物質を散布し

有害金属であれば人体の免疫系を低下させ

心臓を含める人体の筋肉を弱くする。

アルミニウムを吸い込めば、脳組織に酸化ストレスをおこし

アルツハイマー等の症状を引き起こす

そして、どの物質もアスベストほどの微粒子となっているため

何トンもの微粒子が大気を高帯電の導電性プラズマにします

大気そのものが「軍事通信」「気象改変」「地殻変動兵器」「低周波装置」などの

軍事プロジェクトに有用に活用されています

軍のレーダーや電波の伝導性を高める効果のある電解質として機能することもできるのです。

ケムトレイルを調査してきたクリフォード・カーニコム氏によると

私たちは絶えず4ヘルツの倍数で振動する極超低周波(ELF)に

曝されている、とのこと。

この周波数は人体に生体機能、精神機能に大きな影響を与えるそうです。

以下エイミー・ワージントン
「核戦争時代のエアロゾルと電磁兵器」より転載
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/Chemtrail.Amy.html

5.このような非人道的な生化学プロジェクトを実行しているのは、複数の機関からなる巨大組織である。これには、アメリカ国防総省(DOD)とその研究機関のDARPA(国防総省国防高等研究事業局)、そして国立研究機関や大学から成る巨大ネットワークを持つエネルギー省が含まれる。民間の防衛関係会社や製薬会社もこのプロジェクトに深く関わっている。また、プロジェクトに協調する他国政府や、おそらく国連機関の一部も共謀していると思われる。

以上転載終了

特定のウイルスをばら撒くことで、なにが売れ、誰が得をするのでしょうか。

そして、ケムトレイルに関して調べていくと

多くの研究者が殺害されており

有益な動画の多くが消去されています。

(日本や世界や宇宙の動向のサイトより
「ケムトレイルを調査し、公表した科学者が次々と殺されています。」)
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884731.html

2001年にオハイオ州のデニス・クシニッチ下院議員は

「死のテクノロジー」であるケムトレイルを禁止するよう

国会に資料を提出し、却下されています。

日本の空を好き勝手に飛び回り

日本政府、防衛省、外務省、自衛隊も航空ルートを把握していないのは

どこの組織でしょうか。

日本政府は、なぜ、把握しようとしないのでしょうか。

危険な食品や水、添加物、農薬、製薬、検査、教育、映像、音楽、洗脳

これらは、知恵で避けることが可能です

しかし、大気はどうでしょうか。

吸い込むことを拒否できたとしても

大気中にばらまかれた低周波を避けることは不可能です。

本当に私たちは不思議な世界の住人です。

これから、この地球をこどもたちに残していくのです。

私ができることは

感情の原始である感覚に執着せず

真理を見据える精神の静寂さを養う知恵を残すこと

「支配者」を真に理解する方法を精神の中に探すこと

「戦う」ことを、手放すこと

その上で、戦争のシステム、銀行のシステム、お金のシステムを

知恵として持つこと。

生活の中で、それらのシステムに、私たちがどう関わっているのか知ること

この写真は、ケムトレイル・画像で検索した10万4千件の中から

私が観たものに酷似したものをお借りしました。

10万もあるのですねえ^^;

こちらの動画は
「合成生物学へのアジェンダ」

ソフィア・スモールストールさんの講演です。

1と2合わせて1時間ほどです

消されてしまうかもわからないので、できたら視聴することをお勧めします。ケムトレイルをはじめとする遺伝子・バイオ工学についてよくまとめられていると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=RDbyjyHPlrE
http://www.youtube.com/watch?v=En-GePFk2DU

↑↑削除されてしまいました。。


最近私の周囲は重篤な感染症、治りづらい風邪

いつもならしないような不注意による事故などが続いています。

今日も、親戚の親子が激しい下痢と嘔吐で搬送されました。

私は、自然のミネラルを自然のままに含んだ塩と

なるべく自然の水分を体温で摂取することと

梅肉エキスをすすめておきました。

それ以外は、なにもしないこと

消化は生きる上で一番エネルギーを使います

なるべく、断食し

治癒すること、解毒することに全エネルギーを使うこと

出そうとする体の動きを邪魔しないこと

出すべきものを出そうとしている体のシステムを感じることを伝えました。


知恵を出し合っていきたいですね^^

誰かを責めたり憎んだりすることにエネルギーを費やすのはもったない

目の前にある問題に、今の自分がなにができるのか

静かに、ひとつひとつ、こなして

有益な事象をバトンで繋いで、強くて太い線をつないでいきたいですね。

「真の発見の旅を構成するのは新しい景色を求めることではなく

新しい目を持つことだ」

マルセル・プルースト 1871~1922

新しい目を、養っていきたいですね^^


(まつおかかおるさんの投稿記事より抜粋)


そうかもしれないと思います。


食品業界がばらまく「社会毒」~牛乳、人工甘味料、ダイエット食品は危険?

『社会毒』がクローズアップされました!

世の中に正しい情報が伝わって欲しいものです。

内海聡先生の話題の新刊『医者とおかんの「社会毒」研究』もクローズアップされていますね!ヽ(´▽`)/



牛乳、低脂肪ダイエット食品、トクホコーラといった“身体にいい”とされるものが、実は毒だった–こんな衝撃的な事実を明らかにするのは、話題の新刊『医者とおかんの「社会毒」研究』(内海聡/三五館)だ。

 著者の内海医師は内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務後、現在は精神医療分野を中心にしたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長を務める人物。内海医師の言う「社会毒」とは、「人間社会がつくり出した、本来の生物世界に反する物質の総称。本来、人が食べたり、使ったりしなかった物質、そしてそれが人体に悪影響をもたらす物質」のこと。そして、この社会毒が「あらゆる現代病の根源になっている」というのだ。

 例えば、「社会毒」のひとつが牛乳だ。牛乳は健康を維持するために必要な栄養素を豊富に含んだ「完全食品」とされている。しかし、実際には、本来、牛乳を摂取すべき子牛にとっては理想的な食品だが、人間、特にアジア人(成年)は牛に含まれる乳糖をカルシウムに分解する分解酵素が体内で分泌されないために、うまく吸収できないケースが多いのだ。それどころか、乳糖はアレルギー、下痢の原因になることもある。

「牛乳は骨を強くする」という俗説もウソ。反対に骨を弱めてしまうという。「牛乳はビタミンCを弱める。ビタミンCは骨を健康に保つコラーゲンの合成に不可欠。したがって牛乳は骨を弱める」「実際、世界で一番、牛乳を飲んでいるノルウェー人の骨折率は日本人の5倍といわれて」(同書)いる。

 また、牛乳に含まれる脂肪は、ほとんどがコレステロールを増やす飽和脂肪酸であり、これが動脈硬化、心臓病、脳卒中などの原因にもなる。さらに、畜産で育った乳牛の牛乳には成長ホルモンや女性ホルモンも含まれており、牛乳が性ホルモン系のがん(前立腺がん・乳がん・卵巣がん)の発症リスクを高めるという医学研究が発表されているというのだ。「私は牛乳については、タバコや酒のような嗜好品として楽しむもので、決して健康を求めて飲むものではないと考えています」と内海医師は警鐘を鳴らす。

 これらが事実だとしたら、なぜ日本の医学界やメディアが牛乳に警鐘を鳴らさないのか?

 そもそも牛乳はパンとともに、アメリカの「日本にパン食を定着させてアメリカの小麦を売りつける」という占領政策に端を発しており、そこに日本の行政と乳業メーカーが乗る形で「牛乳は健康にいい」というイメージを広めた。行政と広告スポンサーに逆らえない、医学界やメディアは口をつぐみ、気がつけばここまで浸透してしまったのだという。

●食品業界は「社会毒」でボロ儲け
 さらに内海医師は「砂糖は脳に必要」というのも、砂糖業界の巧妙な宣伝だという。

 確かに、脳はブドウ糖(グルコース、炭水化物が分解を重ねてブドウ糖になる)を必要としているのは間違いないが、直接的に血糖値を上げる直接糖である砂糖を必要としているわけではない。

「砂糖のような直接糖は細胞を崩壊させやすくし、ウイルスや細菌にも感染しやすくなり、アトピーなどのアレルギーにもなりやすくなり、いわゆるメタボの主原因ともなり、ガンにもなりやすくなり、精神的にも人を狂わせます」(同書)

 近頃は砂糖に代わり、果糖(フルクトース)や人工甘味料の使用も増えてきている。果糖は果物の中に含まれる糖分だが、食後血糖値を上昇させない甘味料の成分として知られている。しかし最近、果糖の取りすぎは肥満や脂肪肝の原因になると警告を促す臨床研究が相次いでいる。

「もしも100年前の人々のように野菜や果物からだけフルクトースを得るならば、野菜や果物では繊維やビタミン、ミネラル、酵素、有益な植物栄養素と一緒になっているため、繊維が糖の吸収をゆっくりにしてくれるので、それほどの危険はありません」(同書)

 しかし、現代では「食品や飲料の製造に使われている甘味料の55%はコーンを原料としており、アメリカのカロリー源のナンバーワンは、HFCS(高フルクトース・コーンシロップ)の形態です。日本でも(略)多くの人が体重を落とそうとして頼りにしている低脂肪ダイエット食品には往々にしてフルクトースが大量に入っていますが、そうした加工食品では繊維が除去されているため糖分が吸収されやすく、非常に健康に害があるのです」(同書)

●人工甘味料が引き起こす深刻な健康被害
 人工甘味料でいえば、その筆頭は「アスパルテーム」「スクラロース」だろう。アスパルテームは砂糖の200倍の甘味があることから注目されたが、インスリンとレプチンの値を上昇させ、「肥満、糖尿病ほか、今日蔓延している多くの慢性病の要因」となるのだ。さらにアスパルテームにとって代わっているのが、砂糖の600倍の甘味があるスクラロースだ。

「(スクラロースは砂糖のようには)体内で炭水化物として消化・吸収されないのでカロリーはゼロであるうえ、飲料品では味を良くし、保存性を高め、乳製品では乳酸菌に影響を受けず、甘味が保たれるといった具合に、まさに万能の添加物なのです」(同書)

 しかし内海医師はスクラロースを「甘いものにさらに毒を追加した不健康な物質」とし、動物実験では「成長の遅れ、赤血球の減少、甲状腺の働きの衰え、マグネシウムとリンの欠乏、肝臓・脳の肥大、肝臓細胞異常、卵巣収縮、白内障の可能性が高まる」といった結果が指摘されているのだという。

 何より驚くべきは、日本の消費者庁の審査が必要な「特定保健用食品(トクホ)」であるトクホコーラにもアスパルテームが含まれているのだ。トクホの問題は「『人々を不健康にする』機関が、欺瞞丸出しで世界を破壊・支配してきた、その枝葉の話にすぎません」(同書)。

「社会毒」はパン、ファミレスなどのおかわり自由のコーヒー、ミネラルウォーター、オリーブオイル……といった食品にも含まれている。“健康”というイメージのウラで、万能の添加物で莫大な利益を上げる食品業界は次々に「社会毒」をつくり出す。

 現在、日本では、メニューの表示偽装問題が取りざたされている。日本のメディアは「食の安全」を錦の御旗のように掲げて、表示偽装を謝罪する企業には容赦のないヒステリックな取材攻勢をかけるが、より本質的な「社会毒」の問題に迫らなければ、「食の安全」の表面的な問題をなぞっているにすぎないのではないか。
(文=和田実)


ライブドアニュースより転載)