ベビーパウダーやファンデーションの使用で卵巣がん!米で約80億円の損害賠償命令




記事を簡単にまとめました。


・米ミズーリ州巡回裁判所の陪審は、22日、医薬品・日用品大手メーカー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(J&J)に対して7200万ドル(約80億円)の損害賠償支払い命令を出したと報じた。

・卵巣がんを引き起こす恐れがあると指摘されている成分(タルク)の入った「ベビーパウダー」などの製品を、警告表示なしに数十年にわたって販売していことに対する損害賠償請求がミズーリ州巡回裁判所だけで約10000件も起こされた。

・製品は「ベビーパウダー」「シャワートゥシャワー」。

・同様の訴訟は、ミズーリ州だけではなくニュージャージー州でも200件起こされている。

・タルクは滑石(かっせき)を微粉化したもので、白色顔料として使われている。また同じ白色顔料の酸化チタンのつや消しにも利用されている。主成分はケイ酸マグネシウムで、化粧品には古くから白粉用、メイクアップ用の下地として使われてきた経緯がある。

・タルクは「1級発がん物質」に指定されているアスベスト(石綿)と非常に似た構造式を有しており、性質も極似している。

・化粧品は皮膚に塗るだけで、タルクは体内に侵入しないのだから問題はないという指摘もあるが、今のタルクは以前と比較にならないほど微細化している。タルクは酸化チタンと併用されることが多い化粧品成分で、その酸化チタンは今、ナノサイズ化されている。なんと毛髪の直径の10万分の1という長さ。


************


「ベビーパウダー」などは、ただれ防止によく赤ちゃんの性器の周りにもパタパタつけていますが、性器は体の部位の中でいちばん経皮吸収率が高いと言われていますから、赤ちゃんの体内にもろにタルクを取り込んでしまうといえます。

現代人は、口から取り入れてしまう経口毒性、空氣から取り込んでしまう経氣毒性、そして今回の皮膚から取り込んでしまう「経皮毒性」も氣をつけなければなりません。



この裁判所の決定は、私の中では今年いちばんの衝撃です。

何が衝撃かと言いますと、体に悪いと決定づけたからです。

他にも世の中には体に悪いよ~!と声を大にして言えるものがたくさんありますが、損害賠償命令レベルにならないと世の中の多くの人は振り向かないですね。

残念ながら、テレビと新聞でしか情報を取らない人はこういった情報もあまり入ってこないようです。

ネットニュースには少ない文章で載っていましたが、紙ベースのメディアには少なくとも載っていなかったようですね。


なぜあまり載らないのか?


メーカー、企業の利権が絡んでいるからです。

このタルクを使っているメーカーが多いからです。


私たちは普段からアンテナを立て、情報を見極め、必要だと思われる情報は生活に取り入れていく必要があります。

疑問に思ったことはご自身で調べることも大切ですね。


出典はこちら


生理用品の危険性について

布ナプキンと紙ナプキンについては議論があるのですが、私もその議論の通り、できれば化学性のナプキンは使わないほうが良いと思います。通常使われている紙ナプキンは石油精製物質であって、これは経皮毒といって女性器を通して子宮に吸収されます。経皮毒としてとりこまれた物質は、不妊症や子宮内膜症等の女性疾患を引き起こす可能性があるだけではなく、発がん性もあるとされています。また産中産後の状態や子供の体質や脳にさえ影響があることが指摘されています。

以下は経皮吸収率の一例ですが、このような数字であるからこそ女性用品には注意しなければなりません。化粧品も同様に注意しなければなりません。

 足のうら(0.14)
 手のひら(0.83)
 背中(1.7)
 頭皮(3.5)
 ほお(13.0)
 性器(42.0)
(田辺三菱製薬のHPを参照)

布ナプキンを使うことによるメリットは月経痛の緩和や経血の変化など様々ですが、これこそ女性の皆様で情報交流していただければよいでしょう。医師として言えるのは現在のナプキンなどのほとんどすべてが、石油精製物質であり、これは本質的には毒性物質であり、内分泌かく乱物質にあたるという点です。特に女性的な不調があるという方は、これらを見直すだけでかなり違うこともあります。

また現代は毒ばかりの嫌な社会ですが、逆に使いやすい布ナプキンが手に入りやすい時代になったともいえます。当方の薬害研究センターでは高分子吸収材不使用の、天然コットンオンリーのナプキンも販売していますので、ご興味のある方は直接来館されればよいかと思います。

いずれにしろ健康であるにはあまり深くお金がかかる治療ではなく、ちょっとした苦労とちょっとした工夫こそが、最も大事であることをこういう事例は教えてくれると思います。


**********

こんなにも食品が腐って捨てるほど溢れかえっている時代なのに、今よりぜんぜん栄養が足りてない江戸、大正、明治、昭和初期、昭和中期より、やたらと平成で『 不妊 』が多い理由をわかってない無知な人ばかりですよね・・・病院での時間とカネの無駄な不妊治療なんかやめて、まずちゃんとした酵素での『 ファスティング 』でデトックス、自然由来の食べ物を選択し、下記の記事にもある化学薬品(ナプキン・シャンプー・リンスなど)を身体に近づけないことことからスタートしてみてはいかがでしょうか?

後、頭痛や生理痛などで危険な市販薬や処方箋を安易に身体に入れないことも大事ですよね・・・心と身体を健全化すると、痛みはどこかへ飛んでいっちゃうそうです。


(内海聡医師、中村泰士氏の投稿より抜粋)


酵素を用いてのデトックス、ファスティング(断食)の有効性と、普段使う日用品からの経皮毒性に注意していく、といったことは現代日本の、健康を保つ基礎ですね。食べ物の毒性、つまり経口毒性に注意する人。経皮毒性に注意する人。どちらかに偏ることなく、両方必要です。

そして、まず必要なのが体の中を綺麗にすること、そのひとつがファスティングなのです。


ナノ化粧品の危険性




サミュエル・エプスタイン博士は、癌予防の分野で評価の高い専門家ですが、彼が出した記事の一つに、ナノ化粧品の危険性についてのものがあるので要約してご紹介しましょう。

ナノ粒子の成分は、多くのブランドの化粧品・薬用化粧品に使用されています。ナノ粒子の一部には極めて有害なものがあり、ゆっくりとではあるが確実に「偏在アスベスト」(universal asbestos)になっていくと博士は言っています。商品表示では、こうしたナノ粒子の危険性はまったく警告されていません。しわを減らし、皮膚の表面を安定させる効果があると宣伝されています。ここでもお金儲け優先ですね。

ナノ粒子は、超ミクロのサイズのため、簡単に皮膚を通り抜け、血管に侵入し、全身の血流に乗り、離れた部位で毒性作用を生じます。脳への毒性作用、脳の変性障害、神経損傷など、博士は指摘していますつまり我々は、化粧品産業全体で最も危険なタイプの1つをテーマにしていることになります。

2006年5月、世界約80ヶ国で活動する草の根ネットワークの「フレンド・オブ・アース」は、「小さな成分に大きな危険~ナノ粒子、日焼け止め、化粧品~」というナノ粒子に関するレポートを発表し、人々の健康を守るためには、これらの危険な商品は市場から排除し、禁止されなければならないと警告しています。

また多くの製品には、他にも様々な有毒成分が含まれています。例えば酸化エチレン、ジオキサン、ニトロサミン、ホルムアルデヒド、アクリルアミドなどの発がん物質です。これらは非常に有害であることを、がん予防の権威中の権威が発言しているわけです。

私は別に女性が化粧するなといっているわけではありません。しかし科学の進歩を装った非常に危険な化粧品が横行しているということを知ることが重要なのです。自然で安全な化粧品を扱う企業はちゃんと存在します。ブランドとか外見とかそんなことばっかりにこだわるんじゃなくて、ちゃんと中身を見て化粧品も美貌も磨くべきではないでしょうか・・・男の意見で申し訳ありませんが。


(出典:Dr.内海聡の記事より)


安全なモノを使いたいですね。

その人の5年後、10年後の健康状態が変わってきますから。。