「給食で死ぬ!!」大塚貢先生の給食改革とは?

長野県上田市真田町。
現在この小さな町は非行・犯罪ゼロ、いじめもゼロ、そして全国平均より抜きん出て学力が高いという。

「以前は非行・犯罪が絶えなかった」と話す前教育委員長の大塚貢氏は、「授業改善、米飯給食、花づくり」によって子どもたちの心身を甦らせた。



大塚氏が中学校の校長になったのは、平成4年。生徒数1200名の大規模校で、その荒れ方はもう非行なんてものじゃない、立派な犯罪。強盗、窃盗も多かった。学校の廊下をバイクで走ったり、窓ガラスは次から次へ割られ、不登校も常に60~70人いた。

まず取り掛かったのは授業の改善。そして、全校生徒の食の調査。

結果、朝食を食べてこない子どもが38%。ただ、朝食を食べていると答えた生徒にしても、実態はほとんどがパンとハムやウインナー、それと合成保存料や着色料、合成甘味料の入ったジュース。そして夜はカレーや焼肉が多かった。

こういう食事ばかりではカルシウムやミネラル、亜鉛やマグネシウムといった血管を柔らかくしたり、血をきれいにする栄養素はまったく摂取できない。

だから子どもたちの血液がドロドロで、自己コントロールができない体になって、普段は無気力でありながら、突如自分の感情が抑えきれなくなってしまう。いくら「非行を起こすな、いじめるな、勉強を本気でやれ」と言ったところで、体がついていかないのである。

そういったことをPTAの席でお話しして、「なんとかバランスのよい食事をつくってください」と呼びかけたところで、いまの若いお母さん方にはまったく聞き入れてもらえなかった。

そのため、学校給食の改善に。
米飯に切り替え、野菜や魚を中心にしたバランスのよい献立の給食にしようと考えたが、先生方からも親からも反対の嵐だった。先生たちも揚げパンとかレーズンパンのような菓子パン、あるいはソフト麺とか中華麺が好きで、しかもそういうものは一つひとつが袋に入っていて、配膳も楽なのである。

米飯は一人ひとりのお弁当箱によそわなければいけないため、手間がかかり、「国際化社会の時代に米飯に偏るのはおかしい。国際食にすべきだ」とか、いろいろな理由をつけて反対された。親も子どもの好きなものを食べさせてほしいと。いまの親はそういう煩向が非常に強い。給食費を払っているんだから、子どもが好きな揚げパンやスパゲティを出してほしいと。

そこで大塚氏は栄養士の方を連れてきて、鰯の甘露煮とか秋刀魚の蒲焼きとか、非常においしくつくってもらったりして、皆を納得させた。

根気強く試食会を重ねながら、「青魚には血液をきれいにするEPAやDHAが含まれています」と、いかに栄養的に優れているかを教え、まずは先生方を説得し、保護者を説得し、特別授業を設けて生徒たちにも教えていった。

そうして、赴任した翌年の平成5年からは、週6日のうち5日間を米飯給食に切り替えた。米飯もただの白米ではなく、血液をきれいにし、血管を柔らかくしてくれるGABAが含まれる発芽玄米を10%以上加えた。

生徒に変化が表れたのは、7か月後あたりから学校全体が落ち着いてきた。

校舎のタバコの吸殻を拾って歩いて、スーパーの大きなビニール袋がいっぱいになっていた頃から、米飯給食を始めてから7か月後には、吸殻が1本もなくなった。1年半から2年がたつ頃には、非行・犯罪はゼロになり、同時に子どもたちの学習意欲も高まっていった。
 
荒れていた時は図書館なんて誰も利用しなかったが、子どもたちが変わってきてからは、昼休みは図書館の120席がすぐに満席、座れない子は床に腰を下ろして読んでいたが、そこもいっぱいになると廊下にまであふれ出てくるような状態になった。

また、荒れていた時はなぜか年間の図書の紛失が480冊もあったのに、読むようになってからはゼロ冊。

そうして本を読むようになったせいか、中学生の作文コンクールの中では最難関と言われる、読売新聞の全国作文コンクールで毎年1位か2位に入賞する生徒が出るようになった。



(引用元:大塚貢×櫻井よしこ 対談より抜粋)

給食改革 大塚貢先生が静岡県浜松市へ

学校給食を変えたら子どもが変わった!?

長野県の旧真田町(現在の上田市)では給食の改革が行われ、素晴らしい実績をあげました。

パン給食を止め、完全米飯の和食に変えたのです。

この改革を行ったのは平成9年に旧真田町の教育長に赴任した大塚貢さんでした。

当時は地元の学校は生徒の非行が問題になっており、大塚さんは生徒の食事内容に問題があることに氣づきました。

なんと約30%の生徒が朝食を食べていませんでした。

朝食を食べる生徒の食事内容も菓子パン、ハム、ウインナー、レトルト食品、ジュースなど化学薬品で味つけされたものが多かったのです。

そこで、大塚さんは保護者に向けて食生活の重要性についての説明会を開きました。

ところが、保護者はなかなか関心を持たず、非行を起こしている生徒の保護者ほどそれは顕著だったそうです。

ならば学校給食を変えるしかないと給食改革に乗り出します。

しかし、それは大変なことでした。

それまでの給食は、菓子パンや揚げパンが出ることがありました。

ご飯は週に1回程度で、それ以外の主食はスパゲッティや中華麺やソフト麺などで、このような食事に慣れているので、美味しいイワシの甘露煮を出しても、教師や子どもから魚臭いなどと非難されました。

パンや麺類のときは、どうしてもおかずが油が多い物や加工品になってしまい、ちゃんと営養が摂れません。

そこで、大塚さんは完全米飯の和食給食に変えることを決めました。

しかし保護者からも批判され、「給食費を出しているんだから好きなものを食べさせろ」と言われたそうです。

安全なお米を探し回り、農家と契約すると、「1農家のために給食を私物化している」などと叩かれました。

そこで農協と契約することになり、無農薬か低農薬の米や野菜を生産してもらうようお願いしました。

それでも批判が出る中で、地元の方達の協力によってお米や野菜、大豆製品、果物などが無農薬か低農薬で提供されるようになりました。

また、町長からの全面的な協力により、給食費の値上げをすることもなく平成14年に完全米飯の給食に変えることに成功しました。

実際に給食を変えたら、アトピーやアレルギーの子どもが劇的に少なくなり、精神面でも影響が表れ、キレる子どももほとんどいなくなりました。

この学校では、給食の改善のほかにも授業内容を工夫して生徒の興味を惹きつける、校内で花を育てて心豊かにするなど改革を行いました。

その結果、生徒の勉強への意欲が増して学力が向上しました。

旧真田町では、塾に通う生徒が全体の10%くらいとそれほど多くありません。

塾に通わずに学力が上がれば、家計の負担も減ります。

また親も食へ対する意識が変わり、家庭の食事ではインスタント食品が減り、手作り料理が増えたそうです。

大塚さんが教育長になる前には40名ほどの不登校の子どもがいましたが、平成17年には小学校でゼロ、中学校で3名までに減りました。

旧真田町では、平成13年頃には成人の犯罪件数が140件を超えるピーク時から平成24年頃には約半分までに減りました。

様々な圧力や反対にも負けず、給食改革を行った大塚貢さんの信念は本当に素晴らしいと思います。

全国で学校給食を変えたいと思っている人達に大きな勇氣を与えていることでしょう。

食で子どもの未来は変わります。

NAGAIpro
http://www.nagaipro.com/


************

パン給食を完全米飯に替えるという、給食改革をされ、「給食で死ぬ!!いじめ・非行・暴力が給食を替えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!」の著者でもある、食育アドバイザーの大塚貢先生が静岡県浜松市にいらっしゃいます。
2014年 9月7日
13時~15時(開場11時)
      ※11時~13時素敵な給食試食会
場所 なゆた浜北 大会議室&食工房
参加費 前売り1000円 当日1500円
同時開催
素敵な給食試食会 食工房11時~
食べてみたい、シンプルだけど体が喜ぶ給食の試食会です。
詳細はこちら↓
http://kaerunokaidesu.hamazo.tv/e5465735.html


給食を変える方法

地元の学校給食の献立をみると、家でも食べないような危ないものがいまだに多いですね。どこで作られた食材か、どこまで手作りでどこまで出来合いものなのかも不透明です。

パンには、アルミ入りのベーキングパウダー、トランス脂肪酸のマーガリン、ポストハーベスト入りの下級な輸入小麦にたっぷりの添加物。おかずには化学調味料や添加物たっぷりにサラダ油が入る。使われている野菜は事前の入札制で落とした慣行野菜が定番。牛乳はほぼ毎日出て、デザートには白砂糖や甘味料などで味付け。

こうなると、給食を断って手作り弁当を持たせるのが最善の策でしょうが、現実に難しい家庭が多いと思います。また、よりよい給食が実現したとしても給食費の値上げが条件となる可能性が高くなります。やはり国や自治体から予算を負担してもらうことを視野に進めないと給食としての意味がありません。

では、給食を変えることができた他県の成功例では、どのような流れで行っていったのでしょう。

ほぼ共通しているのが「条例化」したこと、または「条例に組み込んだ」ことです。

無農薬野菜を取り入れるようになったとか、パンからお米に変わったとか、和食中心になったとか、牛乳をなくしたとか、これらを実現でき、かつ継続的に取り入れることが出来ている市町村は「条例化」したことにあります。

市民運動で周りを啓蒙していくのは大事ですが、行政とのやりとりになってくると、ただ危険性を訴えるのでは無意味です。ある程度それが危険であっても、それは国が安全と定めていれば「安全だから問題ない」と返されます。

無理やり声を上げていっても、向こうからすれば言い方が悪いですがオカルト団体にしか見えませんし、相手にされません。それでは建設的な話はできないのです。お役所はなにより形式主義がはびこっていますし、事務的な対応で終わることも良くある話です。

交渉には影響力のある人(議員であれ、専門家であれ)を同行させ、食材を変えることで「こういう効果がある」「こういう成功事例がある」ということを真摯に訴えていくのがいいと思います。地元の議員さんに議会が運営する委員会、協議会などで上手に話を持っていってもらい、やはり市職員や県職員のお尻を叩いてもらう必要があります。ほとんどの公務員は余計な仕事をしたくないのが本音だからです。

市民団体が行政と話をできる機会があったら、まず自分たちの感情を抑え、今のシステムの現況をしっかりヒアリングすることからはじまります。そういう意味では、情熱以外に、交渉術や戦略が実は大事になってきます。その現況からどう変えていくかの提案も考えていく必要があります。

無農薬野菜導入に関しては、2006年に有機農業推進法が国から制定されてから各自治体に有機農業推進をする課などが設置されているはずです。彼らと相談し、学校給食担当の職員に一緒に話を持ちかけていくのもひとつの手でしょう。

時間をかけ、仮に話が良い方向に進んでいくと、今度は一部の周りから「子どもの好きな物を食べさせてあげればいいのでは」、「牛乳を飲ませたい」、「1生産団体の利益のために学校給食を私物化しているのではないか」などのような非難も予想されます。その場合は、自分たちの信念や効果的な情報を上手に伝え、可能な方法で進めていくしかありません。

いずれにしても声を上げていくのが先決ですが、同時に、京都市のような給食改善の動きに向いている成功事例を調査し、どうやって変えていったかをまねていくのがいいと思います。

※黒澤明監督の映画「生きる」では、形式ばった行政に真摯に交渉していく、主人公の素晴らしい姿が映し出されています。大塚先生の「給食で死ぬ」、西日本新聞社の「食卓の向こう側(3)」も必読です。


(吉富信長氏の投稿記事より抜粋)


成功事例を調査し、どうやって変えていったかを真似ていく、

そして、

条例化するのが近道ということが言えるかと思います。



給食問題、コツコツやって先生の意識が変わってきた

給食問題、コツコツやると少しずつ変わっていきます。

東京都世田谷区の、ある小学校への取り組みです。

できることからコツコツ、良書を効果的に使われて先生の意識が変わりつつあります。

伝え方はいろいろあるとは思いますが、良い例ですね。

「給食で死ぬ」はボリュームがありますが、他の本はイラストで読みやすく、忙しい先生たちでも気軽に読んでいただけそうな本に仕上がっています。

少しでも給食問題が気になっている方で前に進めていない方はこういった取り組み方もある、ということを参考になさったらよろしいかと思います。井上さん、ありがとうございます♪(*^^)v


(以下、井上華子さん投稿記事より)

給食のこと

おはようございます。

先日、子どもの通う学校に行った際、校長先生に呼び止められ、ちょっとお話しました。

それより少し前に、娘の担任の先生に真弓先生の「牛乳はモ~毒」「白砂糖は麻薬」「奇跡の食育」と大塚貢さんの「給食で死ぬ」をお渡しせてきました。そのことで。

校長先生は、ニコニコと「読みましたよ!」と。

しかも、牛乳の問題は大分前から知っていたようです。

牛乳飲む国に骨粗鬆症が多いのも知っています。

しかも、牛乳大嫌いなようです。

でも、牛乳は給食に毎日登場します。

添加物も使われます。

海の学校という宿泊行事では、スポーツドリンクが毎日出ます。

本は、大変参考になると。



今、教頭先生ともう一人の先生が読んでいて、順繰りに回して行くと。

?放射能入りのミルクになって行くのもわかるが、立証できない。

?牛乳をお茶に変えると、倍以上かかる。(国庫負担金で牛乳一本30円位。お茶は80円位)

?カルシウム摂取の問題(学校給食法がかわったことももちろん知ってます。)

などなど、牛乳をなくすのは難しいようです。

校長先生が色々理解していても、簡単には変えられない難し~い問題なんですね。

この先、どうしましょう?








プロレスラーで文京区議員の西村修氏の給食の勉強会

プロレスラーで文京区議員の西村修氏の給食の勉強会に行きました。

食生活の改善による癌克服という実体験から、(玄米菜食、アーユルヴェーダ、薬膳)

食の正常化を遂行するために区議会議員になり給食を改善する運動をされているという、貴重なお話、給食だけじゃない様々な問題に触れ勉強させて頂きました。

「何か問題があった時、例えば転んだ、腹が立った、不安だ、疲れが取れない、全て人のせいにしない。食べたものに原因があると考える。

身体の感覚、心も、敏感に感じ取るようにする事で、自分が食べると良い食べ物、食べてはいけない食べ物が解って来る。

確実に悪いのは砂糖。体も心も狂わせる。砂糖の入った物を避けるだけでも子供も落ち着く。精神病も改善する。」

「その土地で取れた食べ物を、その季節にいただく事が体を健やかに保つ一番重要なこと。

日本に住んでたら日本の、インドに引っ越したならばインドの物を!

ビタミン何g カルシウム何g とか取ればバランスが取れるというのは、食べ物の一部分しか見ていない。」

「線量検査を繰り返して、上の砂をとって除染しても、雨がふればまた上がってしまう。

自分たちの免疫をあげて立ち向かうしか無い。」

西村さんは玄米菜食で、たんぱく質は納豆や味噌。たまにお肉を食べるそう。

癌を克服した後は風邪もひいていないそうです。

私は育て方と飼料に気をつけたお肉はどんどん食べて行こうと思ってるのだけれど。

それは穀物も同じ。無農薬で生成されていない物を。

しょっちゅう風邪をひく子、落ち着きの無い子はお砂糖のお菓子、ジュースを多くとっている。

アイソトニック飲料なんて体に良いってイメージで運動の時とか暑い時、熱の時飲んじゃってたけど、あれもダメージ与えるもの。
身体を冷やす食べ物は×

うちの子はジュースお菓子やめて半年くらい、インフルエンザの高熱で一気に解毒があり、やっと風邪もひかないようになり行動も落ち着いてきました。

荻原さんの、お母さんが命をかけなければ子供の命なんか守れないのよ!との強いお言葉、忘れません。

もうひとつ印象的だったことは…
参加されたママ達のお話で、おやつは手作りの甘くない物だけれど、遊びに来た子供達も喜んで食べる。子供達は手作りのおやつがとても嬉しいということでした。


(諏訪さんの投稿記事より抜粋)