医療経済 病氣になったときの個人負担

経済的に考えても、予防意識大事ですね。

ただ、病気になってみて初めて、健康のありがたみがわかるっていうパターンが多いですね~( ̄▽ ̄;)


************

手元の特集は「医療経済」

久々のフル回転でそろそろ頭から煙が出そうです。

厚生労働省の調査によると、メタボリック症候群になると健康な人に比べて年間8~12万の個人負担増。
塵も積もれば山となるで、40歳で発症して80歳までの40年間で計算するとざっと500万。

さらに、糖尿病になった場合月額平均10,000~15,000円の治療費が加わり、安く見積もっても(通院交通費などは抜く)総額1千万以上。もちろん若く発症するほど生涯負担額は高くなるわけで。

糖尿病患者の実に9割が治療費を「負担」「大変に負担」と感じていると回答しています(※)
メタボ症候群はお父さん1人の場合と想定して、+介護だと5年で1,237万円、10年で2,353万円(介護状態の約1割が10年超 ※1)合わせて3千万超!

この治療費が増税+住宅ローンに重なることを考えると、自己破産の理由の6割が医療費である米国に確実に近づいているように感じます。

元気なうちは健康を資産と認識することは難しいけれど、3割負担すらも危ういこれからの時代は「健康でいること」が資産管理のひとつ。

寝たきりや骨粗鬆症を予防するためには、成人期での最大骨量(ピーク・ボーン・マス)をできるだけ高めておくことが大切なように、予防を始めるに早すぎることは決してありません。

家族で予防意識を早期に共有することも大切ですね。

上記に高額負担の不妊治療などが重なることで子どもを諦める人も少なからず出てくるだろうと思うと、益々予防医療の啓発に努めねばとゲラを読む手にも力が入ります。

プシューッと脳から煙が出てるけど、頑張ろう。

※糖尿病ネットワーク調べ
※1 生命保険文化センター「平成21年度 生命保険に関する全国実態調査」


出典・細川モモさんのfacebook投稿記事より


子宮頸がんワクチン 重篤な副作用報告143件




本日、ワクチンのお話会のご案内をしたばかりでしたが、このタイミングで速報みたいのが出てきましたねー、なんというタイミング!子宮頚がんワクチンに限らず、ワクチンの正しい認識が必要ですね。


質問に対しての私の回答

「してない子のほうが、重篤な病気にかからないって報告はありますね。予防接種は世の中では当たり前化していますが、今一度、頭の中を白紙にして、調べられた方がいいかと思います。」

「予防接種は任意なので、ね。世の中にあまり認識がないもの・認識のない情報というのは、時には脅しみたいとか、押し売りとかというイメージになってしまったりします。ので、ここでの多くのコメントは控えたいと思います。言えるのは、ご自身で情報を取ってください、調べてくださいということしか言えないです。本とか。言えない代わりに、時々、セミナー・講演会・お話会等のご案内をしています。これ、行っていただいての私のメリットはまったくありません。ただ単純に多くの方に、知ってもらいたい情報だからです。冷静に考えて、(これって良くないんじゃないかなー)と思うことは、たいてい多くの利権が絡んでいたりする、そういう社会構造です。」


子宮頸がんワクチン 重篤な副作用報告143件

接種後に体の痛みを訴える中高生が相次ぎ接種勧奨を一時中止した子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省は28日、定期接種になった4月から7月末までに重篤な副作用報告が医療機関と製薬会社から計143件あったと公表した。うち体の痛みを訴える副作用報告は37件だった。

同省がワクチンの安全性を検証する専門家検討会で明らかにした。同省によると、入院などが必要な重篤な副作用の報告は4~7月末でサーバリックスが93件、ガーダシルが50件だった。この中には今年3月末までの接種者も含まれる。2009年12月の販売開始以降では、両ワクチン合わせて重篤な副作用は計501件になり、うち体の痛みを訴える副作用報告は71件になった。

厚労省は6月に接種勧奨を一時中止し、副作用かどうかを含め体の痛みを訴える症例を調査中。詳細な調査結果は次回12月の検討会で報告し、勧奨の一時中止を見直すかなどを議論する予定。【桐野耕一】

(2013年10月28日 毎日新聞)


ADHDなどという病気は存在しない

自分はひょっとしたらADHDかもしれない。。(笑)
これならたぶん、多くの人が該当しますな♪ヽ(´▽`)/



以下、Dr.内海聡の記事より抜粋。


ADHDなどという病気は存在しない。

ADHDという、たいそうな病名が存在しますが、せいぜいこんな程度のチェックリストで診断されちゃうんです。精神医学がど

れほど茶番に満ちたものであるか、精神医学がいかに嘘で塗りたくられているか、一目瞭然です。

・つまらない話でもじっときいていないといけないの? 効けない人は病気なの?

・割り込むことが病気なの?

・忘れ物と物をよくなくすということに相関関係はあるの?

・しゃべったら病気なの? じゃあ、芸人は?

・できない宿題はどうあっても最後までできません。

・歩き回ることはいけないことなの?

・集団行動が出来ても友達がいない人もいるし、友だちがいないと病気なの?

・怒っちゃまずいかね~

・好きな子にちょっかい出す、っちゅうのはよくあることよ。

・知識がなけりゃ順序立てることだってできないでしょ

・スケジュールを忘れると病気にされます

・静かにしている人はいい子なの?