症状は体からのメッセージ

よく一般人が誤解することの代表格が「症状」についてである。

ほとんどすべての人はこの「症状」を悪いものだと捉えているが、そう考えている人はもう病気が治ることはありえない。その「症状」は体のメッセージであり生きていることの証である。だからその「症状」を愛さねばならない。しかし今の日本人は必ずその「症状」にしか目を向けることがない。


医者は「病気の症状」と言い、症状を抑圧するために化学物質を処方する。

精神的に不安定であればドラッグまがいの精神薬を処方する。痛みがあれば鎮痛剤を処方する。高血圧であれば、人工的に血圧を下げる化学物質を処方する。このような方法を世間では対症療法と呼ぶわけである。


痛みは、身体の活動を制御し、おかしいところを伝えている。

負傷を悪化させないよう指示してくれているわけである。しかし、西洋医学に依存している人間は、鎮痛剤や何かの治療によって痛みを鈍くすることを考える。これは鎮痛剤に限ったことではなく治療全般についていえることだ。だからそれでも治療するというのなら自然に痛みが軽減していくことと、本質的によくなっていることに着目せねばならず、同時に害がない少ない方法を選べねばならない。しかし痛みでいえば麻薬や鎮痛剤より害が多い物質は存在しない。


東洋医学では皮膚も顔にブツブツも爪も舌も、すべて意味がある。

この考え方は東洋医学だけではなくほかの流派であっても似たような発想がある。あまり体に現れたものだけを見ているとそれにだまされることもあるのだが、その症状をいいものととらえるか悪いものととらえるか、すでに逆転していることに目を向けるのは大切なことといえよう。


入ったものは、必ず出る。

大便が固すぎる、柔らかすぎる、というのは腸の法質的な状態が悪いことと、食事の内容が悪いことをそのまま示している。過敏性腸症候群などという病名にだまされている人間ばかりなのだが、便でも尿にすべてにおいて意味があるということだ。


「野菜ジュース」の成分は“満足感”だけ!

野菜ジュース1本で、本当に「1日に必要な野菜」が取れるのか。

「消費者は疑問を持ってほしい」と安部司さんは忠告する。

かつて食品添加物の専門商社に勤務し、多種多様の食品添加物を加工食品業者に販売していた安部さんは、消費者が知らない加工食品の現場を見て、食の安全性に危機感を抱くようになった。現在は無添加食品の開発を推進。その経緯を著書『食品の裏側』にまとめ、消費者に警鐘を鳴らしている。


まず「1日に必要な野菜が取れる」という表示はトリックだと指摘する。


厚生労働省が、健康を維持するには成人1日当たり350g以上の野菜を取ることを推奨しているのだが、「その数字を基に、1日に必要な野菜350g分を計算上、入れたということであって、野菜350gを取った場合の栄養素が入っているわけではない」。



やや古いデータだが、名古屋市消費生活センターが2007年に市販の野菜ジュース35銘柄の栄養成分を分析している。

野菜350gを取った場合、ビタミンCを45mg、カルシウムを114mg、カロテンを8.6g取れると換算して比較。「ビタミンCやカルシウムなどの摂取はあまり期待できない(35銘柄中、水準に達したのは2銘柄)」「カロチンは十分なものがいくつかあるが、ほとんど含まないものもあった(35銘柄中、水準に達したのは8銘柄)」。


栄養素がない野菜ジュースを飲んでも気休めにしかならない。そこにあるのは飲んだ人の“満足感”だけである。安部さんは「特に『濃縮還元』タイプのものは、栄養素がほとんどない」と教える。その製法はこうだ。

まず野菜は世界各国から輸入される。野菜の原産地を見られるQRコードがパッケージに記載されている商品や、メーカーのホームページで公開している商品もある。

「基本的に、メーカーは値段が安ければ世界中どこからでも集めてきます。だいたい15カ国ぐらいだが、中国産もある。となると気になるのは残留農薬のリスク。今のところ、輸入時の検査で違反はないが、何か問題が起きたときに、どの国のどの野菜が原因だったのか追跡できるのか不安が残る」

それらの野菜を加熱して6分の1の体積に濃縮。ケチャップのようなどろどろの“濃縮ペースト”を冷凍して、日本に輸入する。体積が6分の1だから、運賃も6分の1になるというわけだ。

この“濃縮ペースト”に水を加えて元に戻したものを「濃縮還元」と呼ぶ。国内で戻せば「国内製造品」と表示していい。

野菜ジュースのパッケージに「濃縮還元」「国内製造品」と書いてあったら、消費者は「安心、安全。体にもよさそう」と思うだろう。

だが、「この方法だと、香りはもちろん、ほとんどの栄養素が失われてしまう。食物繊維は飲みにくくなるので、あらかじめ取り除いている。メーカーによっては香料やビタミンC、ミネラル、カルシウムなどの食品添加物で補っています」

■安全性に疑問のある香料も、一括表示!

この香料がくせものだ。

化学的に合成された香料は3200以上あり、それらを組み合わせて作る。

たとえば、イチゴの香料なら、酪酸エチル、乳酸エチルアルデヒド、リナロール、アセトフィノン、アルデヒドなど20種類以上を混ぜて、天然に近い香りを作る。「フルーツ飲料系のみならず、野菜ジュース、缶コーヒー、お茶に至るまで、さまざまなドリンクに香料は使われている。作れない香りはない」と、“食品添加物の神様”と呼ばれた安部さんは断言する。

問題は、メーカーがどんな香料をどれだけ使っているのか、消費者に知る術がないことだ。何百種類使っても「原材料名」には「香料」の一括表示でOKなのである。

これがもし上記のような合成香料の名前がずらずら表示されていたら、消費者は買うのをためらうのではないだろうか。中には安全性に問題のある香料もあるが、一括表示では避けようがない。

したがって、「香料」の表示があるドリンクはすべて買うべきでないということになる。しかし、多くのドリンクに香料が使われているからやっかいだ。

一括表示が許されているものは、ほかに「調味料」「乳化剤」「pH調整剤」「酸味料」「苦味料」など14種類ある。「それを隠れみのにして、メーカーが何をどれだけ入れていることか。メーカーにとっては非常に便利な表示です」と明かす。

では、ビタミンCの添加物はどうか。これはアスコルビン酸である。「アスコルビン酸、クエン酸、りんご酸、フマル酸は、ほとんどが中国産。日本の公定基準に合わせて作っているでしょうか」と疑問を投げかける。

■野菜で貧血を起こす!

こうした添加物以上に安部さんが問題視するのは、野菜ジュースに含まれている硝酸態窒素だ。野菜に取り込まれる硝酸態窒素が国際的に問題になっているという。

「硝酸態窒素を大量に摂取すると、体内で亜硝酸窒素になります。これは血液中のヘモグロビンが酸素が取り込む前に酸素を取ってしまうので、貧血を起こす。アメリカでは、ほうれん草の裏ごしスープを離乳食として赤ちゃんに与えたところ、酸欠状態になり、全身が青くなった。そこから『ブルーベビー病』と呼ばれています」

硝酸態窒素が野菜に取り込まれる原因は、窒素系(アンモニア態)の肥料を大量に与えすぎること。これが土壌の中で硝酸態窒素に変化し、それを野菜が取り込む。本来、野菜が成長する過程で硝酸態窒素はアミノ酸、たんぱく質に変わっていくのだが、野菜を早取りすると硝酸態窒素のまま残ってしまう。

「EUの基準では硝酸態窒素は野菜100g当たり0.2~0.3gですが、日本には基準がなく、現段階で規制もされていない。日本の水道水の基準は1リットル当たり10mgだが、その2~18倍の量が市販の野菜ジュースから検出されたという民間の分析報告もある。メーカーはきちんと硝酸態窒素の含有量を公開してほしい」


野菜ジュースの“健康神話”を根底から疑ってみる必要があるだろう。


カロリーゼロ飲料、人工甘味料をあまくみてはいけない

【カロリーゼロ飲料は食欲増加させ病気まっしぐら? 人工甘味料の3大恐怖】

ざっくり言うと、

① カロリーゼロ飲料に含まれる、人工甘味料の恐ろしさを警告している

② 人工甘味料には、ホルモンに影響を及ぼし体内に脂肪を蓄える作用がある

③ そのほか、コカイン以上の依存性や味覚を鈍化させる作用も


残念ながら元記事が削除されてしまったため、他のリンク先より全文転載します。


清涼飲料水の生産量が2013年に初めて2000万キロリットルの大台を突破した(全国清涼飲料工業会調べ)
日本の全人口で単純に割ると、1人当たり年間約160リットルも飲んでいることになる。
しかし、ドリンクの“おいしい”宣伝文句にあおられ、中身も知らずに飲んではいけない。
この特集では「ヤバすぎるドリンクの裏側」を5日連続で紹介していく。
1日目は「カロリーゼロ」の裏側を女医が教える!

 A男(50代)はこの秋の人事で部下のB郎(40代)に役職を追い抜かれた。B郎はスラッとした男前だ。
娘のD恵(20代)には「お父さん、そのお腹、何とかしなよ」と冷たい視線を向けられる。
「見た目が9割」というように、元凶は中年太りかもしれない。そこで「カロリーゼロ」のドリンクを飲むようになった。
お酒や缶コーヒーなどの摂取カロリーは減っているはずだ。しかし一向にやせない……。

■次世代の人工甘味料が続々と
──大西睦子さんは著書『カロリーゼロにだまされるな』の中で、人工甘味料の恐ろしさを警告しています。
「カロリーゼロ」「糖質オフ」「低カロリー」などと表示されているドリンクにはほぼ人工甘味料が使われている、と。人工甘味料とはどういうものですか。

日本とアメリカで認可されている人工甘味料は、
サッカリン、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム(以下、アセスルファムK)、ネオテームの5つです。

サッカリンはいちばん古く、その発がん性について、特に日本人はうわさで聞いて何となく脳裏にありますよね。
後に発がん性は否定されたのですが、悪いイメージが残り、日本では今、あまり使われていません。でも、アメリカではまだすごい人気があります。
ただ、サッカリンは苦味があるので、次世代の人工甘味料がどんどん使われるようになりました。

サッカリンは砂糖の200~700倍の甘みがあります。
アスパルテームは160~220倍、アセスルファムKは200倍、スクラロースは600倍、ネオテームは7000~1万3000倍です。

■肥満ホルモン発動! 脂肪を蓄える
──それだけの甘みがありながら「カロリーゼロ」

いえ、実は「ゼロ」でないものもあります。
100ml当たり5kcal未満なら、「カロリーゼロ」「無」「ノン」「レス」「フリー」と表示してもいいという基準があるのです。

「糖質ゼロ」や「糖類ゼロ」もだまされてはいけません。100ml当たり糖類が0.5g未満なら「糖類ゼロ」と表示できます。
ドリンクのパッケージに書かれている「栄養成分表」に「炭水化物」があれば、その中に「糖質」「糖類」が含まれています。

「炭水化物」は「食物繊維」と「糖質」から成り、
「糖質」には多糖類(オリゴ糖、でんぷん、デキストリン)、二糖類(麦芽糖、ショ糖、乳糖)、単糖類(ぶとう糖、果糖)などが含まれ、「糖類」はこのうち二糖類と単糖類を指します。

──飲料メーカーはわざとわかりにくく表示しているのでしょうか。
でもカロリーは普通の砂糖に比べれば少ないわけですし、なぜ恐ろしいのでしょう?

人工甘味料には主に3つの作用があります。
ホルモンに影響を及ぼして体内に脂肪を蓄える。味覚を鈍化させる。コカイン以上の依存性がある。

──ひとつ目の「体内に脂肪を蓄える」は、つまり太る?

そうですよ。
普通の砂糖(グラニュー糖や上白糖)を取ると、血液中の糖の濃度(血糖値)が上がってインスリンがすい臓から分泌され、血液から余分なぶどう糖を除こうとします。
その結果、血糖値が下がる。それでも限界があり、次にインスリンは脂肪細胞に働きかけます。
余ったぶどう糖は脂肪に変化して体脂肪として脂肪細胞にため込まれます。
だからインスリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれます。

日本人は欧米人に比べて、インスリンの分泌能力が約半分しかないため、欧米人のような超肥満体は少ないのですが、その分、糖尿病になりやすいというリスクがあります。

そして、人工甘味料でもインスリンが分泌されることがわかっています。
2013年の報告で、人工甘味料を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだときのほうが、水を飲んだ後にぶどう糖液を飲んだときより血糖値のピークが高くなり、インスリンの分泌が20%高くなりました。
つまり、「カロリーゼロ」もインスリンや血糖に影響しているのです。①

つづく

削除リンクhttp://news.livedoor.com/article/detail/9301906/
転載リンクhttp://blog.livedoor.jp/prestoo/archives/40543252.html


腹八分目じゃなくて、実は腹六分目

よく、食べるのは腹八分目がいい、という言葉を耳にします。

これは、昔から「腹八分に病なし」と言うことわざからきています。

十分に食べるより「もう少し食べられる」という、腹八分の状態のほうが病気にならない、逆に十分を超えたら病気になるという意味です。

ただし、これは、昔のこと、昔のことわざなのです。
現代人に置き換えると、昔の人よりどう考えても食べ過ぎの傾向にあります。

そもそも日本人は、昼と夜の1日2食が一般的で、1日3食は江戸時代の中期になってからです。平安時代中期の随筆『枕草子』には当時「1日2食」が一般的だった“証拠”が記されているといいます。イギリスやフランスなどヨーロッパの国々でも、18世紀に二食から三食になったので三食の歴史は意外に浅いのです。世界的に見ても、伝統的なライフスタイルを保っている部族は、一日二食のことが多いようです。

特に朝起きて何の活動もしていないのに、すぐ食事を摂るという現代人のような「変な?習慣」はありません。

私も今の仕事をする以前から、2食でした。
2食のほうが快適だからです。

あの、医療ジャーナリストの船瀬俊介氏は「3日食べなきゃ、7割治る!」の著書で、1日1食との話です。
その著書では、食べ過ぎは良くない、病気になる、と警鐘を鳴らしています。


江戸時代に話を戻します。

その時代というのは、今では考えられないような質素なものでした。
ライフスタイルも、今とは比べようもないほど規則正しいものだったのです。
当時の「腹八分」は、今の「腹六分」に相当し、それが病気にならない食習慣だと、私は考えます。

われわれは生まれたときから1日3食なものだからこれが正しい食習慣だと信じ込み、それを疑うことさえ知りません。朝からお腹を空かしているのはだいたい小、中学生までで、その年齢を過ぎた私たちが朝食をとるという行為は、体の要求からくるものではありません。

「1日3食必ず食べなさい」
「朝食をとらないと体に悪い」

という幼児期からの言い伝えや強迫観念からきているのと、幼児期からの習慣であるため朝になると条件反射で朝食を食べたくなっているだけなのです。

では、どうしてそのような言い伝えが始まったのか。。

一日三食というのは、明治政府が産業革命の頃に提唱、庶民に本格的に浸透したそうです。

政府や医学界が「3食キチンと食べろ」とうるさく言うのは「キチン」と食べて、しっかり病気になって、 しっかり稼がせてください──という〝ホンネ〟が裏にあるのです。ドイツには古くから次の諺があります。

――1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため――


(病気にならない腹六分目健康法 鶴見隆史著 一部引用)
(3日食べなきゃ、7割治る! 船瀬俊介著 一部引用)