平飼いの卵とケージ飼いの卵 ~鶏卵~



↑↑平飼いです。


ちょっとグロイ話になるので心配な方はスルーして下さい。

因みに、私もこの話を3年前に聞いて、途中気持ちが悪くなり数ヶ月卵が食べられなくなりました。

   

人間が10年間食べ物だけ与えられて4畳半の部屋に閉じ込められ、外出もせず軟禁状態で生活したらどうなるだろうか。

精神に異常をきたして病院送りになるか、自殺してしまうかもしれない。


鶏の寿命は約10年。

上手に飼育すると15-20年生きると言われている。

人間と同じ動物の鶏も同様で、10年間50cm四方の小さなケージに閉じ込められ、卵を機械のように産むために飼われた鶏はもちろん病気になってしまうのは間違いない。



これは、毎年代々木公園で開催されているべジ・フードフェスタのMeet Outのコーナーでパネラーのエコ・アドヴェンチャーでエコ探検家のマイケル・ベイリーさんが語っていた話である。

ケージ飼いされた鶏は、まず、デバーキングといって鶏同士がつつきあって怪我をしないように、口ばしを切り取ったり爪を切ってしまったりする。

一生をケージの中で過ごし、卵を産む機械のように飼育されている鶏は、極度のストレスで大半が病気。

食のドキュメンタリー映画 『フードインク』 の映像でも流れたが、お尻から内臓が出てきてしまったり、足に障害を抱え歩けなかったり、ケージ飼いの鶏にとって過酷な環境で飼われている。





反対に、

平飼いは鶏舎内、又は屋外において、鶏が床面または地面を自由に運動できるようにして育てられる。

鶏はストレスもなく、のびのびと歩き回り自由な身で、そんな環境で卵を生む。

卵はそこかしこに落ちていて、それを拾う。

餌も自然に生えている草だったりする。



どちらがカラダにいい自然の恵みの卵かどうかは一目瞭然だろう。

内臓がお尻から飛び出てしまい、また歩き回れず足が退化し折れてしまった鶏の卵を食べたいと思う人はいないのではないかと思う。


どちらを選択するかは人それぞれ。

平飼いの卵は少しお値段が割高だが、このような経緯を考えるとやはり平飼いを選ぶ事になる。


また、平飼いは、緑餌をたくさん与えるので、黄身の色はレモンイエローです。

一般に流通している卵と比べると色が薄く感じられるかもしれない。

濃いオレンジにしたければ、パプリカの粉末や、マリーゴールド系の着色料、化学合成着色料を与えればいい。しかし、これらには輸入飼料の残留農薬や防腐剤の心配があり、卵の色の為だけに余計な餌は与えません。また、飼料の安全を考えると、遺伝子組み換え飼料ではないもの、放射能の影響がないものをである必要がある。


よく「黄身の色の濃さが卵の中身の濃さ」であるかのような、間違ったイメージを消費者に与えている広告を目にする。

卵の色は鶏が何を食べているかによって決まる。

着色要素を取り入れれば容易に色の濃い卵を産む。

逆に米ばかり与えると黄身が白くなる。

黄身の色の濃さイコール味の濃さではない。


そして、黄身・白身がしっかりしていて弾力があり、卵独特のコク、濃厚な味わいがある。



したがって、

鶏卵を選定するには、生産者の顔が見えればよい、だけではない。

平飼いが前提で、飼料にもこだわったものが、ベターと言える。


追伸:有精卵か無精卵か、という選択があります。一部では有精卵の方が栄養価が高いという諸説はありますが、栄養学的には、無精卵、有精卵の違いはないということになっています。特別な環境で生産された生命力のある卵だということで理解されているようです。有精卵と無精卵の違いについてはこちら。


参考:
http://ameblo.jp/miotokyo/entry-11281824080.html
http://kobatama.com/egg/color








高カカオをうたったチョコレート ~カカオマス~

まず、カカオマスは、カカオ豆の胚乳を発酵、乾燥、焙煎、磨砕したものです。外皮と胚芽は工程中で除去される。液体のものをカカオリカー、冷却・固化したものをカカオマスと呼び、主にココアパウダー、チョコレートの原料として利用されます。

カカオマスには約55%のカカオ脂肪分(ココアバター)が含まれています。 プレス機でカカオリカーから適度にココアバターを圧搾したものをココアケーキと称し、ココアミルでココアケーキを粉砕して粉末状にしたものがココアパウダーです。 ココアパウダーの脂肪分は約11%~23%程度になります。

チョコレートはカカオマスを主原料とし、これにカカオバター、砂糖、粉乳などを混ぜて練り調温して固めた食品です。


独立行政法人 国民生活センターによる研究結果報告により、【高カカオをうたったチョコレート】には、注意が必要とのことです。


出だしに、

チョコレートは、世代を問わず非常に身近な人気の高い嗜好品である。

とある。

『嗜好品』。


しかし一方で、高カカオチョコレートはカカオの含量が多いことから、脂質が多くエネルギーは相対的に高い。さらにカカオ豆自体には、利尿作用や興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが含まれていたり、アレルギーを起こす人がいる食品の一つとしても知られているため、摂取には注意を必要とする人もいる食品である。

さらに、近年、残留農薬やカビ毒の一種であるアフラトキシンが、チョコレートの原材料である生鮮カカオ豆から検出され、積戻しや廃棄が行われていた報告もある。

以上、近年、その種類が増えている高カカオチョコレートについて、脂質の過剰摂取やカフェイン等生理作用のある成分の問題等と併せて衛生面について調べ、消費者に情報を提供する。

とのこと。


神奈川県及び東京都のスーパー、デパート及び通信販売で購入した高カカオ割合をうたったチョコレート 12 銘柄をテスト対象とした。参考として、国内メーカーのスタンダードなチョコレート 3 銘柄をテスト対象とした。(表1)





まず、脂質ですが、

チョコレートは脂質の多い食品であるが、高カカオチョコレートは普通のチョコレートの 1.2~1.5 倍の脂質を含むものもあり、食べる量に注意する必要がある。


また、高カカオチョコレートは、

気管支拡張、利尿、興奮等の生理作用があるテオブロミンやカフェインを普通のチョコレートの 4 倍くらい含むものもあり、健康な人が嗜好品として楽しむ分には問題ないが、これらの成分に感受性の高い人やテオフィリン等の医薬品を使用している人は摂取量には注意が必要である。


金属成分としては、カドミウムである。

すぐに健康被害を及ぼすような量ではないが、銘柄によりカドミウム含量の差が大きかった。適切な品質管理等が引き続き望まれる

カドミウムの濃度が高い食品を長期にわたり摂取し続けると腎機能障害を起こす可能性がある。


でも、カドミウムは摂取すると体内に蓄積されていくのか?

カドミウムは人体に体重1kgあたり約0.7mg含まれると見積もられている。カドミウムは多くの生物種において蓄積性がみられ、ヒトでは体内に約30年間残留すると言われている。したがって、一度カドミウムに暴露されると、長期間その毒性にさらされる危険性がある。さらに、亜鉛と同族元素であるために、生体内での挙動も類似しており、カドミウム除去の際に、生体に必須な亜鉛をも除去してしまう可能性がある。

カドミウムの毒性については、骨や関節が脆弱となるイタイイタイ病が大きな社会問題となった。さらに、慢性毒性では、肺気腫、腎障害、蛋白尿が見られる。腎障害では糸球体ではなく、尿細管が障害を受けると言われている。また、カドミウムは発ガン性物質としても知られている。これらの毒性の一部は、亜鉛と類似の生体内挙動を示すことから、亜鉛含有酵素のはたらきを乱すことによるものと考えられる。

これらの毒性に対する生体側の防御として、金属結合性タンパク質のメタロチオネインが誘導され、カドミウムを分子内に取り込み毒性を軽減している。





そして、ニッケル。

高カカオチョコレートは普通のものに比べ最大約 4 倍のニッケルを含む。

また、ニッケルは、その摂取量とは別に、接触性の金属アレルギー物質として非常に多くの症例報告がある 。経口摂取によっても発症する可能性が報告されており、ニッケルアレルギーを有する人は注意したほうがよい。


アフラトキシン というのもある。

高カカオチョコレートからはアフラトキシンが極微量検出された。汚染として問題となる量ではなかったが、今後も原材料の品質管理等の適切な実施が必要である。アフラトキシンは、とうもろこし・そば粉等の穀類、ピスタチオ・ピーナッツ等のナッツ類やカカオ等豆類に生えるアスペルギルス属のカビなどから産生される毒素である。


残留農薬は、今回テストしたチョコレートからは検出されなかった。


出典:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20080206_2.pdf

鶏卵 ~有精卵と無精卵の違い~

日本で販売されている卵のうち99.9%以上が無精卵です。

雄鶏と雌鶏を一緒に飼育して卵を生産しないと有精卵にはなりません。
規定では20羽の雌鶏に1羽の雄鶏の割合で飼育して生産した卵を有精卵と謳って良いことなっています。


栄養学的には、無精卵、有精卵の違いはありません。


決定的に違うのは有精卵は21日間適温で保温するとヒヨコになる卵だ、という事、つまり生命力が宿っている卵です。

気をつけなくてはならないのは温度で、夏場などの25℃以上の条件下では、胚と呼ばれるヒヨコの元の部分が育ち始めるので、産卵後の温度管理が難しく賞味期限は無精卵に比べて短くなります。

また、雌鶏よりも体が大きく、餌も沢山食べ、鳴き声も大きい雄鶏を雌鶏と一緒に飼育することは、非生産的な部分が多々あるわけです。

当方では8羽に1羽の雌:雄の比率で、生命力がある卵を生産する為に、日光浴や砂浴びができる十分な広さの鶏舎で育成飼育することによって、有精卵になる可能性を出来うる限り高めています。

特別な環境で生産された生命力のある卵だ、とご理解下さい。


参考:http://a-k-farm.com/faq


りんごで放射性物質を排出

りんごの早生種が旬入りしています。今年の味は、早生にしては比較的おいしいのではないかと思います。本当においしくなるのは10月~12月といったところでしょう。

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

という言葉があるように、確かに他の果物に比ると、現代社会の中では大切な効能が多々あるといっていいでしょう。りんごに含まれる「アップルペクチン」という水溶性食物繊維は、他の食物繊維より優れた作用をもっています。

チェルノブイリ原発事故で距離が近いベラルーシでさまざまな治験や治療が行われました。ベラルーシにあるベルラド放射能安全研究所のネステレンコ博士は、615人の子どもを対象に、体内に蓄積されたセシウム137を排出するのにアップルペクチンが有効かどうかの治験を行いました。

アップルペクチンを添加した食品を服用させた子どものセシウム減少率は63.6%もあり、一方服用していない子ども達は13.9%にとどまりました(21日間の治験)。

また、16万人を超える子ども達を対象に同治験を行ったところ、体内に蓄積されたセシウム137は治療ごとに30~40%減少しました(18~25日間)。

ペクチンの構造を見ると、カルボキシル基とヒドロキシ基という、金属を吸着する官能基をたくさんもっています。放射性物質であるセシウム137は陽イオンを持っていますので、ペクチンとイオン交換吸着が起こっていると考えられています。特にカルボキシル基はセシウム137と親和性が高く結合しやすいのです。結合されたセシウムは、便として体外に排出されるわけです。

ペクチンにもオレンジぺクチンやアップルペクチンなど多々ありますが、アップルペクチンの効果は他のものよりもすぐれた作用が多いです。

アップルペクチンはオレンジペクチンよりも高い静菌作用があります。アップルペクチンは腐敗菌・悪玉菌に対する静菌力がとても強く、これらが増殖しない環境を作ります。また、腸内の善玉菌のエサとなり、悪玉菌の排泄を促します。

アップルペクチンは腸内の活性酸素を消去することもわかっています。活性酸素はマイナス電子が一つ欠けており、このマイナス電子を求めて活性型になるため、DNAなどを傷つけてしまいます。アップルペクチンが持っているマイナス電子で、この活性酸素を均衡にし、おとなしくさせる作用があります。

当然ながら食物繊維ですので、ガン予防にも効果があります。ラットの肝転移ガンの実験では、普通食では肝転移率約93%だったのに対し、アップルペクチンを20%混入させたエサを食べさせると肝転移率は約54%だったようです(富山医科薬科大)。

以上のような効用があるようですが、気になるのはやはり「糖質」分です。

りんごは糖質が100g中で約13gあります。糖尿病の方や糖が気になる方は食べ過ぎに注意した方がよいでしょう。近年の異常な品種改良により糖度は上がっていますので、品種にも注意すべきではないかと思います。

私は、(今のところ)食べた方が調子が良かったりしますので、旬の時期は毎日食べています。個人差あると思いますが、私は問題ありません。

また、皮つきの方が抗酸化作用も全く変わってきます。皮つきのりんごを食べることは、皮をむいたりんごよりも2倍の抗酸化作用があるそうです。とはいえ、りんごは農薬使用量が多い農産物の一つです。皮に残留農薬が蓄積されているリスクも考慮した上、良く洗って皮ごと食べるのか、皮をむいて食べるのかは、個々の判断にゆだねられます。ちなみに、私の場合、1分間ぐらい洗った後、皮ごと食べることが多いです。もちろんリスクを承知で食べています。

ということで、りんごは旬のうちに食べましょう。

※ペクチンには鉄分やカリウムなどのミネラル分を排出してしまいますので、大量にはとらないようにすべきです。


(吉富信長氏の投稿記事より抜粋)


旬の時期には食べたい果物ですね。


ラーメンのGI値、小麦粉について

ラーメンといえばもはや日本人の食のようになっていますが、医学的にだけ考えれば精製小麦を原料とした食材ですので、体にいいとは言えません♪。ラーメンのGI値は65ちょっとくらいですが、ちなみに白米は84程度、うどんが80程度、玄米50程度、ちなみにあんぱんは95、食パンも90程度、になっています。
 
日本の小麦粉は90%以上が輸入に頼っているそうですが、半分以上がアメリカからのものになっています。収穫後に殺虫剤をスプレーして保存されているのがアメリカ産小麦であり、遺伝子組み換えや農薬などの危険があるのもアメリカ産小麦です。日本でラーメンが流行るために、アメリカのバックアップがあったのは有名な話であり、ラーメンがおいしく感じるのに、糖質を欲している影響は当然あります。ラーメン屋では添加物を使わないところを選びたいですが、使っているところもたくさんあるので見極めが大事でしょう。

しかし!そんなことは関係ありません!

それは健康でいたい人がラーメンを食わなければいいことです。たとえ体がぼろぼろになろうが生活習慣病になろうが、知能が下がろうがジャンキーになろうが、なりたい人はなればよく食べたい人は食べればいいのです♪。一番大事なことは悪いとわかっていて食べることであり、悪くなってから文句を言わないことです。これはタバコもアルコールも砂糖も甘味料も添加物も、すべて同じことが言えます。食べ続けた後に病気なんてヤダとかふざけたこと言わなければいいことです。

ラーメン屋も無農薬小麦くらいはこだわってほしいんですが、なかなかそういうラーメンやってないですよね。スープの麺のこしにばかりこだわっていますが、人為的にこしを作ろうとするとどうしても添加物が入ってきます。真の意味でおいしいラーメンを見つけることはまだできておらず、誰か知っていたら教えてください?。おちょくりは飽きたので深夜のラーメンは避けようかとも思っておりますが?。

あ、カップめんはさすがに食べ物じゃないんで食べないほうがよろしいかと思います?

(Dr.内海聡の投稿記事より抜粋)


一番大事なことは悪いとわかっていて食べることであり、
悪くなってから文句を言わないこと。( 一一)


腐る一歩手前の完熟バナナ

昨日、完熟バナナを食べていたら、え~っ!そんなの食べるの~?みたいな、友人からありがたい言葉をいただきましたが、めんどうなので『美味しいよ~』で済ませておきました。

以下、私が完熟バナナを食べている理由。

酵素というものは、人間にとって必要なもの。体内で作られる酵素もあれば、食物の酵素から摂取できることもあり、もちろんバナナそのものに酵素は存在していますが、発酵させると比較にならないほど有利な状態が出現します。発酵させるといっても、外に放置し、外の皮が黒くなるのを待てばいいだけのことです。

つまりバナナを腐る一歩手前の「極限の発酵状態」、いわゆる完熟バナナにすると、発酵によって20%存在する炭水化物の三分の一から二分の一がグルコース(デキストローゼ)になってきます。

グルコースは炭水化物にとって最小単位で消化の必要のない状態ということができ、完熟したバナナを食することはふつうのバナナと比較にならないほどもっと消化の良いものになるのです。

完熟バナナは成人男女だけでなく、いちばん食べさせてあげたいのが一歳未満の乳児です。一歳未満の乳児は、デンプン分解酵素がまだ未発達で、ふつうのバナナは消化できないのですが、完熟バナナなら消化できるからです。(スーパー酵素医療 鶴見隆史著)

バナナが白血球の働きを高めて免疫力を上げる作用は、バナナに含まれるMRB様物質という成分の効果です。バナナの成熟度によって異なりますが、免疫活性力は表皮一面に黒い斑点(シュガースポット)ができて完全に熟す10日目に最も高まります。完熟バナナを食べることで、免疫増強効果は通常の黄色いバナナより八倍にもなると言われています。


青いバナナはまた違う部分で栄養素がありますね。