市販の魚の 問題点

瀬戸内海や東京湾、大阪湾など内水面の魚は、ダイオキシンなどの汚染が心配

人体へのダイオキシン汚染の6割は魚からと考えられています。

日本国内ではベトナム戦争の枯葉剤作戦に使用された2.4.D(オレンジ剤)に含まれていたダイオキシン量の少なくとも3倍以上のダイオキシンが、水田の除草剤CNPなどの不純物としてすでに散布されています。この他、塩素でパルプを漂白している製紙工場の廃液やゴミ焼却場などからも排出されています。

そのため、大阪湾のような都市周辺の海域や瀬戸内海のような閉鎖的海域の魚、特に食物連鎖の後方に位置する肉食魚は汚染濃度が高くて要注意です。福島原発からの放射能のたれ流しも終息していませんので、汚染海域を泳ぐ魚は要注意です。


危ない養殖魚

また、養殖魚も要注意です。

なぜなら、養殖魚は畜産同様、そのエサに含まれる抗生物質を始めとする飼料添加物や、魚網などに防汚剤として使用される有機スズ化合物TBTOや、病気の予防薬として使用されるホルマリンなどの汚染が問題となっていますし、奇形魚が発生していますが、こういう魚は中央市場を通らず、直接スーパーで切身となって売られているからです。

現在養殖されている魚種は、タイ、ハマチ、ヒラメ、フグ、マグロ、ウナギ、エビ、ヒラアジ、サケ、マス、アマゴなど多岐にわたっています。


冷凍魚にも薬品を投入している

冷凍魚は冷凍されるだけで薬品は使われていないと思っている人が多いかもしれません。また遠洋ものは汚染が少ないと思っている人が多いかもしれません。しかし、こうした市販の冷凍魚は、これもまた問題が深刻なのです。

すなわち、まず獲れている海域がラ・アーグ(仏)、セラフィールド(英)の核再処理工場周辺の北海、ヨーロッパ産のような汚染海域から遠く運ばれてくることがあります。顔の見えない外国産はまず要注意です。また魚は冷凍でもすぐに酸化してしまうので、通常は必ずといってよいほど酸化防止剤を使用しています。エビやイカそうめんにはとくに大量に使われます。アジ、サバも油断ができません。その他ゆでたカニにも必ず保存性を高める薬、ゆでたタコも色を鮮やかに発色させる薬…。通常の冷凍魚は化学薬品なしに作られてはいないのです。

ちなみに、鮮魚でさえ着色剤で化粧しているケース、冷凍魚なのに鮮魚に見せかけて売るケースもあります。


顔の見える安全な魚を食べましょう

したがって魚は、海域はもとより、漁師や船がわかっているようなもので、かつ無添加でなければなりません。安心して食べられる魚とは、きれいな外洋に面した沿岸の天然魚、そして食物連鎖のできるだけ下位に位置するアジ、サバ、イワシ、サンマのような魚、鮮魚のままか、もしくは生産者の顔の見える無添加の冷凍魚ということになります。


出典:安全な食べものネットワーク AlterのHPより



魚の除毒テクニック

妊活中、妊娠中、出産後に食事を気を付けているけど、「魚は食べても良いのですか?」という質問をよく頂きます。

まごわやさしい+動物性タンパク質

なので、是非お魚を食べてください!

日本近海は農薬、ダイオキシン、化学薬品などが魚の身体に取り込まれて、生物濃縮されています。つまり、魚の体内に毒が溜まっているって事です。養殖だと、抗生物質などが投与されるので同様に汚染されています。これらの有害物質は脂溶性ですので、排泄されないで魚の身体に残ってしまい、特にハラワタ、頭、脂肪に残ります。

料理するときは、まず表面をしっかりと洗い、ウロコを取り除き、頭を切り落とし、ハラワタを取り除き、もう一度流水でぬめりや血を洗います。

POINT①
熱湯をまわしかける。(煮魚、蒸し料理におすすめ)

POINT②
両面に塩をふって、30分ほど置いておく。(焼き魚、酢の物)
塩は魚の身を締めてくれるだけでなく、水分と一緒に有害物質も落とせます。

POINT③
酢水で洗う事によっても有害物資を落とせます。

注意
魚の形をした魚を買ってくださいね。

良い魚を選ぶだけではなく、手を加えることが、除毒のポイントです。

参考:増尾清著 身近な食材の毒抜き方法


(野崎利晃氏の投稿記事より抜粋)


魚の除毒テクニックです。

現代は必要なスキルですね♪(´∀`)



養殖魚に注意

肉より魚で食べ物を意識している方は知っておく必要があります。

スーパーで売られている魚といえばサーモン、アジ、イワシ、マグロ、さんま、ホッケ、カツオなどです。
日本人が大好きで成長魚として有名なものにハマチやカンパチがあります。
脂がのっていて美味しいですよね。

ハマチの養殖などは問題が多いのはご存知かもしれませんが、少し復習してみましょう。

基本的にハマチの養殖は密飼いのため、それだけでも病氣がちになりますが、それを防ぐために合成飼料や様々な薬剤が大量にイケスに投与されています。しかも大量投与ですので抗生物質とホルモン剤入りの、体の腐敗を防いでくれる魚、それがハマチでありカンパチであるということです。

また、ハマチはご存知の通り、脂がのっていますが、薬品や飼料やその他の毒物というのは、大半が脂溶性毒になりますから、あの脂の中にたくさん含まれています。しかもそれは体内の中に半永久的に残りますから、ハマチが毒だらけなのも確かですが、その魚を食べる人間の体、細かく言うと細胞内に毒が蓄積しています。

また、このような中型以降の大型魚にはダイオキシンが多量に残留しています。

水銀もそうですが、これはマグロなどにも共通していることですね。

ちなみにダイオキシンも脂溶性毒ですから、普段から食べている人は多量に蓄積しることが予想されます。

さらに言うと、最近はこのような毒物に加え、放射能も入っていますので産地もチェックする必要があります。特に居酒屋やチェーン店でのハマチは注意が必要ですね。


言わば、

「放射能漬けと抗生物質とホルモン剤とダイオキシンに汚染された魚」

を食しているのかもしれません。


小型の魚で、養殖では無く、産地選びをすること。

ただ、汚染魚を避けるための産地選びは意味がなかったりします。

魚介類は産地表示義務が甘く、実際に産地表示された海域で漁獲されたものなのか、別の海域で漁獲され産地表示された県にある漁港に水揚げされたものなのか(つまり、合法的な産地偽造)表示から判断することができない。。

例えば、福島沖で漁獲された魚が神戸の漁港に水揚げすれば、「神戸産」と表示される。

合法的に産地偽造が可能だということです。

そして、意図的な産地偽装もあるかもしれません。

言えることは、地元の、漁師さんの顔が見える、安心・安全にこだわった【魚屋さん】で買うことがいちばんかもしれません。


安心で安全な寿司に刺身、食べたいですね~。。( ̄∀ ̄;)