サプリメントってなに?なぜ必要?

本日も先月に引き続き、

東京都渋谷区にある国立オリンピック記念青少年総合センターにて、

一般社団法人GROWTH健康づくり協会主催、公開講座の、

竹内久米司先生のセミナーを受講してきました。



今回は、

「”サプリメント”ってなに?なぜ必要なの?」

というお題目です。



薬学博士という立場から、詳しくお話していただきました。


ありがとうございました♪(^^)



あぶないお薬の話~薬で作られる心の病~

内海聡 氏と小倉謙 氏のセミナーでした!

『ストレスが多い現代社会、心の病を抱える人が増えている、というニュースを目にしたことがありませんか?
きっとよくなると信じて訪れる、精神科や心療内科。
処方される薬を何の疑いもせず、飲み続けるとどんな薬害が生じるのか…。

服用した患者に自殺や異常行動など、重大な副作用があると一頃話題になったタミフル。そのタミフルより、もっと高い副作用の出現率を持つ向精神薬はたくさんあります。
心の病は、薬を飲むことでは解決しません。
それより、もっと恐ろしいことになることが多くあるのです。

今回は市民の人権擁護の会・日本支部(CCHR Japan)世話役 小倉謙氏、ベストセラー『精神科は今日も、やりたい放題』(三五館)の著者、内海聡氏、精神科・心療内科の実態や薬害について赤裸々にお話しいただきます。』


▼精神病院大国・多剤大量処方の日本▼
・諸外国と比較し、世界1位の病床数。
・1,588万人の人が向精神薬を服用。
・睡眠・鎮静剤の消費数が世界1位。
・一ヶ月に病気が治って退院したとされる精神病患者の割合は、わずか0.06%。
などなど、驚くべきデータが講演会では明らかにされます。
 

【日 時】
7月29日(月) 19:00~23:00
  
【会場】
NATULUCK
東京都中央区日本橋兜町7-15 ISEビル2F
  
ありがto Cafe &Bar
東京都中央区日本橋兜町7-15 ISEビル1F
03-6231-1303

【アクセス】
・茅場町駅11番出入口徒歩1分
・日本橋駅D2出入口徒歩3分

【参加費】
5,000円
※参加費には、セミナーと懇親会費が含まれております。

【プログラム】
18:45 受付開始
19:00~19:50 第一部講演会 小倉謙氏
19:50~20:00 休憩
20:00~21:00 第二部講演会 内海聡氏
21:00~23:00 懇親会



あの、内海聡先生とのツーショット!

個別でいっぱい質問して、スッキリです!

危ない薬の暴露話もうかがうことができて、嬉しいです!(≧∇≦)


『チェルノブイリから福島へ』講演会 in 東京

『熱い記者会見!(◎o◎)』

ティモシー・ムソー教授講演会
『チェルノブイリから福島へ』
浜松市に次いで2回目の参加。

講師:ティモシー・ムソー教授
コメンテーター:
岡山博医師(仙台赤十字病院呼吸器科、東北大学臨床教授)
吉澤正巳氏(浪江町の「希望の牧場」代表)

会場:第1衆議院議員会館 多目的ホール



ティモシー・ムソー教授の全国ツアーは終盤を迎え、本日の講演会が終えたところで、プレスの記者会見が始まっております。

お客さんも意識の高い人が全国から集結、質問の質も違い、ついていくのが大変です!(゜∀゜;ノ)ノ



山本太郎議員もお客さんとして、聴きに来られていますね。

ご自身でチケット購入しての参加です。

ポロシャツ、ジーンズ地のショートパンツ、デイバックという軽装。

司会の方にいきなりコメント振られて、ちょっと戸惑ってましたがキチンと話してました。

テレビで見たより、円形脱毛症が進行していたようでした。。( ̄∀ ̄;)


チェルノブイリから福島へ

『チェルノブイリから福島へ』
ティモシー・ムソー教授・講演会

世界中でただ1人の生物学者として、長年、チェルノブイリで調査を継続してきた、アメリカのティモシー・ムソー教授は福島でも2年間調査を、今もし続けています。

原発の影響の調査のために、ツバメを中心にいろんな生物を調査、その結果を学術的に発表のあるものを報告していただきました。福島で起こっていることがどういうことがあるのか、全国的には影響があるのか、など興味深い内容ばかりでした。

今日、静岡県をかわきりに、全国ツアーが組まれています。正しい情報を得たい方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?地元の浜松市にある浜松城公園も6月の朝日新聞に掲載された通り、セシウム汚染が判明しておりますので、ひとごとではありませんね!

ティモシー・ムソー教授を協力してくれている団体が興味深いです。
・サミュエル・フリーマン公益信託
・サウスカロライナ大学教養学部
・サウスカロライナ大学研究部
・CNRS(フランス)
・フルブライト財団
・Qiagen Gmbh
・全米科学財団
・米国立衛生研究所
・ナショナル・ジオグラフィック協会
・CRDF
・NATO

なんと!日本の協力、全くナシ!ヽ(`Д´)ノ(笑)


竹内久米司先生の健康セミナーに♪

本日は東京都渋谷区にある国立オリンピック記念青少年総合センターにて、

一般社団法人GROWTH健康づくり協会主催、

竹内久米司先生のセミナーを受講してきました。


■竹内久米司先生のプロフィール

1943年、東京都生まれ。製薬会社研究部長として、抗てんかん薬や向精神薬などの治療薬の研究開発に従事。現在は、創研フォーラム21代表、サプリメント・コンサルタント協会理事長、NPO法人フレンドシップセンター理事、恵比寿メディカルビュークリニック顧問などを兼任。薬学士。主な著書に『顔に笑顔 こころとおへそに太陽を』(近代文芸社)『経皮毒が脳をだめにする』(日東書院)『脳は都合よく使えばいい』(アチーブメント出版)など6冊がある。

薬学士であり、多くの著書もあり、そしてセミナーは楽しくもあり♪

大変有意義な時間を過ごすことが出来ました♪




栄養学セミナー後編



本日、代官山からお越しの、鮎田奈央海先生の栄養学セミナー後編を受講いたしました。

午前、午後と5時間セミナーなので、モリモリでしたね♪(^^)

今回の内容はビタミン・ミネラル・食の安全についてでした。

ちゃんとしたものを食べないと。。
カラダは食べ物でできている。。
知っているつもりだったけど。。


などなど、思うこと感じることが盛りだくさん!

いただいたテキストを参考に、午前中に勉強したのは、ビタミンやミネラル、ファイトケミカル、食物繊維、水、健康食品など。

午後から食の安全についてでした。

食の安全とは、食品添加物や放射能関連とか。

日本は世界で一番農薬を使う国ということも。。(*_*)


認可されている食品添加物の数も日本は世界的にみてずば抜けて多いです。

その数、約1500。

アメリカは150、イギリス15とのことです。

年間どのくらいの食品添加物を摂取しているのか、データを出した人がいます。

年間4キロ以上の食品添加物の摂取ということでした。

ひゃ~!((+_+))って感じですね。


その他、

環境ホルモン、放射線物質、化学肥料で育てられた野菜の硝酸塩とか、まだまだ氣になる問題が山積みです。

安全だと思っても、食品偽装問題も出てきたり。。

そんな、いろいろな問題と、その解決策を教わったのですが、ボリュームがありますね~。おさらいしないと。。(^_^;)

栄養学セミナーとランチ



栄養学セミナー、本日受講!

鮎田先生による、1日がかりの、盛りだくさんなセミナーです。

新しいことを勉強するのはおもしろい☆(#^.^#)


そしてお昼は、

近くのある、友達が経営しているスペイン料理のお店、『tio akira』でランチ♪

バケットと食べたチキンガーリック焼きが、絶品でした~♪